書籍・雑誌

September 23, 2017

anan no.2059

6月28日発売のanan「映画と本と」

2059
東京喰種についての記事です。かろうじて読めるか読めないかってところかな〜?
この衣装、どっかで見た記憶あるんだけど、どこだったかな〜?

東京喰種についてはもうさんざんいろいろ書いてきたし、時間もないので特に記事については詳しくは書きませんが(←おい)「僕とカネキの共通点があるとすれば、友達がいないことと、一人でいるのが好きなところです(笑)」という部分がおかしいです。

めっちゃ手抜き記事ですみません。今日はお友達のご招待で、有楽町のオルタナティブシアターというところで上演された「ALATA」という舞台を観劇してきました。主演が成宮寛貴とブルゾンちえみに似ていて、気になって集中できませんでした(←)
でも、かなり前の席で、舞台と近くて迫力満点、こんな距離で窪田くんのお芝居見られたらサイコーだなと思いました。滝の白糸以来、舞台はやっていませんが、いろいろな理由であまり舞台はやってほしくないです。チケット高いし(←おい)こういうくじ運はほとんどないんで、また妬みヒガミの世界になってしまうし(笑)
関係ない話題ですみませんでした。明日はもっと真面目にやります!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 18, 2017

Mens'NON-NO8月号

8
7月10日発売のMens'NON-NO8月号

東京喰種で鈴木伸之くんと載ってます。テーマが「12チーム対抗夏スタイル真剣勝負」ってなってるんですけど、鈴木くんのこの変な服なに?ってことで、しかも1ページしかないから買いませんでした。この間、通ってる美容院で窪田くんが6月、7月に雑誌に載りまくった話をしていて、置いてあった雑誌の中にSUPRを発見、これビジュアルいいんだけどコスパが悪いから買ってないんですよね〜って話をしたところ、捨てるときにあげますよって担当美容師さんが言ってくれて…(*´∀`*)まじですかああ〜ってなって、そしたら美容師さんが他の雑誌にも載ってないか探してくれて、このメンノンを…くれました!!!美容院で読まれまくって表紙はよれよれだけど、中身は全然大丈夫!!S藤さん、ありがとうございましたああ〜!!SUPRくれる約束忘れないでくださいねえええ〜!!!←ここで書いてもね…(^-^;

…どうでもいい情報すみません。
それにつけても、ノブくん(←言ってみたかったw)の変な服、どうなってるんでしょうね。たしか何かのテレビ雑誌でも変な服を着てたような…。どこぞのアスリート??(笑)とか言いつつ、値段を見たら…67000円とかって、驚愕!!!こ、これが…??←おいおい
喰種で共演した鈴木くんの好感度は舞台あいさつで急上昇、初めて見た役が悪役でほんっっとに嫌な奴だったのでなんか嫌いと思っていたのですが、なかなかの好青年で見直しました。かわいい!!HIGH&LOWのヤマトはおっさんテイストでまた全然違うし(笑)これからも何かに出てたら注目しちゃうかも。

窪田くんは安定のスタイルですね(*´∀`*)ビジュアルGOOD!!
記事の中身は全然たいしたことないので省略しますね〜♫←おい

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 08, 2017

QLAP!8月号

QLAP!8月号は7/15発売でした。僕やりもあと2回というのに、今頃ですみません(^-^;

Qlap01

Qlap02
高校時代の思い出と、今失ったら困るもの、車とバイクについて語っています。目的地があるわけでなく、乗って走るのが好き、僕から車とバイクを奪わないでほしいとのことです(笑)

窪田君のリフレッシュ法は、Aimerを聴くこと、ソファの端っこに座ること、『24』を観ることだそうです。ソファの端っこにばっかり座っているので、そこの生地の色だけがだんだんあせてきて困っているそうです(笑)

Qlap04僕やりのグラビアとインタビューの他に、「ウラカタさん」というコーナーが今回は東京喰種、取り上げられているのは萩原監督でした。いろいろなこだわりを語ってくれています。お得ですね(*´∀`*)

監督は映像の美しさを大切にし、金木がグールになる前となった後の世界を一変させたいと思っていたとのこと。窪田君については、『すごく器用で、修正に対する理解力と対応能力が素晴らしかった』とのことです。現場での窪田君は台本を読むことは一度もなく、代わりに原作を読んでいたそうです。漫画のこのセリフを言ってみたいんですけどって窪田君が言って、追加されたセリフもあったそうです。どれでしょうね〜。

錦先輩をカネキが振り返って睨むシーン、あそこは普通ではありえないような漫画的な角度。でも、窪田君ならやれると挑戦してもらったと(笑)すごいですね。窪田君だから実現したシーンなどと言ってもらえると、なんかうれしいですね。

東京喰種もそろそろ…今日あたりで上映が終わってしまうところも多いようです。松竹系ではもう少しやってくれるのかな?私は8回観たのでもう十分だわいと思っていたのですが、フレンドの中には11回か12回観て、まだ観たいと言っている猛者もおります。あまりにも深い愛に感銘を受けますが、今回は本当に主演の妙を堪能させてもらいました。今度は、いろんな心配をせずに安心して観られるものに出ていただきたいと、強く希望するものであります(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2017

キネマ旬報NEXT Vol.13

Next1301
こ…これも発売は6月15日でした。すっかり遅くなってしまいました。なにやってたんだろう。
この「カメラに愛される」というタイトル?がすっごくアガります(*´∀`*)
インタビュー3ページを含む10ページの掲載です

Next1302
撮影場所は銀座の路地だそうです。どのへんかな?グラビアの色合いも、なんだか不思議な感じになってると思います。

Next1304
インタビューはたっぷり長くて、めんどうくさいので(←)いちいち書きませんが、今はどんな時期にいるかと尋ねられて「今はできるかぎり自分の希望でやりたいことをやらせてもらっているが、ここから先に本当に道があるかはわからない。基盤や基礎をちゃんと作っておかないと、簡単に崩れてしまう気がするので、今はけっこう危ない時期じゃないかと思う。やっぱり身体も動かなくなってきて、昔の傷がうずいたりすることがある。動けるうちは動いておきたいし、20代のうちにやれることはやっておきたいと思ってます」ということですが、気持ちがすごくわかると言ってくれた先輩の俳優さんって、唐沢さんかなあ〜?やっぱり身体張って演技していると怪我もするんですよね。アクションすごいって楽しませてもらっているけど、やはり心配になっちゃいます…(´・ω・`)

記事の締めの言葉、「窪田正孝は、先を急がない。驕らない。これからも、じっくりと注目し続けたい俳優だ。」というのがめっちゃよかったので、書き留めておきますね(*´∀`*)

いや〜、それにしても今日の僕やりは衝撃的な展開でした…。言葉がないですよ。なんだか…ネタバレを聞いていても呆然とするのに、まったくネタバレ知らない人はさぞやショックうけたでしょうね…。
気を取り直して、明日またじっくり見返して、記事を書きますね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 04, 2017

TV LIFE Premium VOL.22

Tvp04これは6月27日発売、相当前ですね(^-^;
東京喰種と僕やり、合わせて9Pもあり、めっちゃお得感のある号でした(*´∀`*)

東京喰種に関してはもう映画も公開されましたし、今までもさんざんいろんな雑誌のインタビューも取り上げてきたので、特には書きませんが、20代最後の年になることについて、「正直、焦りがある。才能ある方がたくさん出てくる中、生き残れるのかと。俳優の世界も弱肉強食だから。人間いいときもあれば悪いときもあるから、悪くなったとき戦える力を身につけなければと思っています。20代のうちにやっておきたいのは恋愛もので、高校生の甘酸っぱい恋愛みたいな作品を経験してから30歳を迎えたいです」とのことです。これって僕やりのこと…じゃないですよね?(笑)
個人的にやりたいことは海外旅行で、ドイツかイタリア、どっちかと言われればドイツに行きたいとのことです。


Tvp05


Tvp03真ん中のほうのページに、ドラマのスペシャルリポートとして僕やりの現場の様子が。こういうのを見られるのはほんとにうれしいですね(*´∀`*)

Tvp01そして、僕やり記事ではまっけん君と。
まっけん君は出番じゃないのに現場にふらっと現れたりするそうです。演技は言葉で教えてもらうものじゃないから、実際の現場で見聞きしたものを盗んで学んでいきたいと。それを受けて窪田くんが「そのストイックさは顔に出ている。僕が今まで出会った年下の俳優さんの中で一番顔が仕上がっている」と言ってて、めっちゃおかしいです。(笑うところじゃないのかな??w)
最後にまっけん君が、「誰の視点で見るかによって、見え方が変わってくる作品。誰が善で誰が悪なのか、最後まで楽しんでいただけたら」と言っていますが、ここんところの展開を見てるとなるほどなって思います。最初は全然同情できなかった市橋にまんまと同情しちゃってますからね!!!明日の僕やり8話もとっても楽しみです。最後、どうなるんだろうなあ〜。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 29, 2017

steady8月号

Steady8
中綴じ企画「色っぽ男子」窪田正孝の首筋

『硬軟自在の演技力で活躍中の窪田正孝さん。アクションにも定評のある窪田さんは、全身のパーツがしなやかで、ほれぼれするほどの筋肉美の持ち主。今回は首筋に注目しました。』
この夏29歳になり、20代最後の年、普段はあまり30代というのを意識しないけど、仕事に関しては、どんな球でも打ち返して挑戦していきたい気持ちがある、自分にしかできない役を追求していきたい、この1年でどれだけのことができるかわからないが、自分にできることを精一杯やっていきたいとのことです。

自分の体の好きなパーツは特になくて、自分に色気があるかもわからないけど、自分は男性の背中に色気を感じるそうです。背中ってその人の人生や思いを物語っている気がする、いつか、自分も物語る背中を持てたらいいなとのことでした。

夏の暑さを乗り越える秘訣は「アイス」、夏の女性の服装で好きなのは「夏っぽい白のロングスカート」、この夏やりたいことは「バーベキューで肉を食べたい」夏のデートで行きたいところは「夏だけど涼しいところ、浜辺じゃなくて、海が見えてさわやかな風が吹く丘とかがいい」そうです。

写真はどれもいいですね〜(*´∀`*)大満足の一品です\(^o^)/

そして、今日の僕やり…。トビオが痛々しくて、ちょっと苦しくなりました。あんまり感情移入できなかった市橋も…今日の市橋にはやられた!!実はネットでかる〜くネタバレ見ちゃったので…ほんとにそうなるのだとしたら…つらすぎる〜!!!!ってなわけで、僕やり7話記事はまた明日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 27, 2017

TV LIFE 7/28 号

TV LIFE7月28日号
東京喰種で2ページ、僕やりで半ページ

Tvstation714
実写のよさを引き出すためにあえて原作を読まないこともあるけど、今回は読み込んでから撮影に入ったそうです。監督は映像美にこだわっていて、人間のいる空間と喰種のいる空間のタッチが違うそうです。

クライマックスの亜門戦は撮影に何日もかかって、意識したのはアクションそのものより、カネキが自分の中にある喰種に侵食されていく変化を表現すること、静と動の切り替えを一番大切にして演じました、とのことです。
もし窪田くんが喰種になったら?という質問に、「あんていくに行きます。とりあえず仲間が欲しい」と答えてて、おかしいです(*´∀`*)
同じ質問を観てくれた人にも投げかけたい、いろんな意見があると思う、エンターテインメントとして楽しみながら、何か心にひっかかってくれたらと思います、とのことでした。

Tvstation71402
そして、僕やり、3話の今宵ちゃんとのベッドシーン(←違う)、伊佐美に突き飛ばされるシーンは「アクションだ、これ」と息を切らしてたとか(笑)あそこは実にうまかったですね。笑っちゃいました。

もう僕やりの3話なんて、遠い昔になっちゃって、なんだかなあ〜ですよね(笑)たまりまくった番宣と雑誌記事、がんばって追いつきたいと思います。
HIGH&LOWの映画も今日観てきたんですけど、すっごく面白かった!!しかし情報量が多すぎて、あれよあれよという間に終わってた感じ(笑)スモーキーの出番は噂どおり少なかったけど、なぜか見終わったら全体的には満足してました。HIGH&LOWの感想も、忘れないうちに早く書きたいと思っています〜(*´∀`*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2017

TV navi SMILE Vol.25

僕やり6話の衝撃もさめやらぬ中、こんな能天気な記事で申し訳ありません(^-^; 一応予定してたものなので…。
いやはや、びっくりしましたね。ってなわけで、僕やり6話は後ほどゆっくりキャプって、明日記事を書きますね(  ̄^ ̄)ゞ

Tv01
ってなわけで、7月15日発売のTV navi SMILE Vol.25
僕やりの記事、制服姿で飲み物持ってさわやかです(笑)

学園モノらしい学園モノはやってことがないので、今回は新鮮だそうです。今回はパイセン以外はみんな年下で、いつまでも年下じゃないんだなと。いい汗かいてます、とのことです。
トビオ役の登板には、米田プロデューサーの熱烈なオファーも理由の1つになっていて、トビオに関してはできるだけ原作に忠実にありたいと思っている、トビオの目線で語られるので、お芝居としては少し引いた感じでやりたいとのこと。
「今年29歳になるのに学生服は逡巡もあったけど、20代前半の僕にはできない役だと思う、だから作品に染まったという証明さえできれば、僕はそれで何もいらないです」

Tv02
お気に入りの夏スイーツは、スイカとかき氷だそうです。お気に入りはブルーハワイ。
基本的に、味が濃くてカロリーが高そうな食べ物が好きだそうです。野菜とか食べてなさそうですね。健康が心配になります(^-^;

しかしまあ、こんな展開になろうとは。ラストで思いっきり「あっ!!!」と言ってしまい、別の部屋の家族に不審がられました(笑)実はこの記事はちょっと前に書いたものですが…こんな展開になるとはまさか思わず…。
いい表情がいっぱいあったので、キャプするのも楽しみだけど…三浦翔平刑事はホラーでしたね!!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
それではまた明日!!(  ̄^ ̄)ゞ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 20, 2017

プラスアクト8月号

本日、帰ってまいりました〜。留守中も遊びにきてくださった皆様、ありがとうございます(*´∀`*)
特に大ニュースもなかったようで、一安心(*´∀`*)

ということで、今日はお疲れモードにつき、あらかじめ準備していた記事を更新しますね。明日からまた地味にがんばりますので、よろしくお願いします(*´∀`*)

01_2
7月12日発売のプラスアクト。
モノクロっぽいグラビアに何かアートな模様のようなものがついてて、ページを切り抜いた後に見て、なにかこぼしちゃったのかと慌てました(笑)

02_3めっちゃくちゃ読み応えのあるインタビューがついてました。今までにいろんな雑誌で見た情報とほぼ一緒な内容ですが、部室で錦先輩にやられたヒデの顔を舐めたのは、リゼっぽくするための窪田くんのアイデアだったようです。ほんとは噛みたかったけど、噛んだら痛いだろうなってことで舐めたそうです。
続編については、できればやりたいけど、そういう話はプロデューサーを通していただかないと、ということでした(笑)

試写を石田スイ先生と一緒に見た話とか、ちょっと詳しく語られていて、面白かったですね。とにかくすごく読み応えのあるインタビューでしたので、映画を観るうえで、観たあとで、いろいろと参考になると思います。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 18, 2017

TVガイドAlpha EPISODE F

ほんとに今頃か〜いって感じになっちゃいましたが、6月19日発売のTVガイドAlpha EPISODE F

普通の雑誌より大きいB4サイズなので、迫力のグラビアですが、どうやってファイルしようか悩みますね〜。

Tv01_2
ノリがきっつくて、バリッとはがしたら、こんな感じになってしまいました(T^T)大惨事ですよ…。
しかし、めっちゃいい横顔です(*´∀`*)

Tv02_2

Tv03
インタビューも読み応えあります。とてもまとめきれないので、詳しくは書かないですけど、「主役というポジションをやらせていただく中で、考えることがすごく多いことに気づいた。軸はブレちゃいけない、共演者が仕事しやすいフィールドを作らなければならない、そういうふうに考えると主役はある種、陰の仕事。自分はまだまだ縁の下の力持ちにはなれていないけど、自分の中での主役に対するイメージはそういう印象。東京喰種では特にそう感じた。どれだけキャパシティーを広げられるか、それがこれからの自分の課題」ここらへんを読んで、窪田くんってほんとに謙虚で職人肌なんだなとあらためて感じました。メインのポジションに上がってきても、おごることなくストイックな姿勢がステキですね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧