書籍・雑誌

July 03, 2017

月刊ザテレビジョン8月号

これもどの雑誌かわからなくなっちゃったその2だったんですが、幅が広いのでザテレビジョンだと判断。永野芽郁ちゃんとのツーショット他の雑誌にもあったので、あとでわからなくなったときのために、記録しておきます!!

8
インタビュー読んでて、なんか読んだことあるな〜って感じがしてて、前にTVガイドにめいちゃんと載ったときに同じようなことを言ってました(笑)めいちゃんのキラッキラの目に心が洗われるとか言ってておかしいです。
ドラマの中で2人でカラオケを歌うらしく、窪田くん(トビオ)はサウダージ、めいちゃんは「壊れかけのradio」
「一番幸せな時間、でもそれが今後なくなっていくので」と窪田くん。別のインタビューでも、はしゃいでた日々と、その当たり前の日々に戻れなくなっていく落差をより見せていきたいですと語ってましたよね。←(確認したら、それ昨日取り上げたTVfanでした(^-^;)

そして、昨日の記事でも高校時代は鉄と触れ合ってたという話をしていたけど、ここでも言ってますね。蓮子とトビオの関係は、どうも蓮子のほうが強そう。「当たり前の日常も2人の関係も、爆発事件をきっかけに変わっていく。世の中に発信しているメッセージはすごくある原作だと思う。それに沿っていきながら、僕ら現実世界でのリアルさなるものもきちんと演じていきたいと思います」とのことです。

「子供のころの憧れのスターたち」というミニコラム、めいちゃんはプリキュア、窪田くんはお兄ちゃんたちだそうです。窪田くんって現実的。仮面ライダーとかに憧れなかったのかな〜(笑)

そういえば…東京喰種のジャパンプレミアはあえなく落選した模様です。まあ、やっぱりねって感じなので、あまり大きな失望はないんですけど、今は動画とかで見られますしね〜…と、盛大に負け惜しみをほざきつつ、当たって行かれる方は是非!!世界にはばたこうとしている窪田くんの勇姿を目に焼き付けてきてくださいね!!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 02, 2017

月刊TVfan8月号

Tvfan86月は雑誌を買いまくり、買ってきた端から解体してヤフオクに出していたこともありまして、肝心の窪田くんの記事がめっちゃくちゃおろそかに!!!
雑誌を解体して、ジャニーズのみなさんのページを切りとり、写真に撮り、ヤフオクに出品して、ファイルに入れて雑誌ごとに管理して…ってやっていたのですが、かんじんの窪田くんの記事はどれがどの雑誌やらわからないことに…!!!本末転倒もはなはだしい。手に入れただけで満足して放置??してましたので、反省して、ちゃんとファイリング中です(^-^;

というわけで、今頃ですが月刊TVfan8月号です。これも正体がわからなくなり(←)メルカリで検索して判明したというていたらく。同時にテレビ誌を3誌買うと、どうもごちゃごちゃになりがちですね。ちょっと幅が大きいのがテレビジョン、身長が??低いのがテレビステーションと、違いもだいぶわかるようになってきました。

「僕たちがやりました」制服を着ることについては、抵抗がないといえばウソがあるけど、現場が始まったら変なこだわりはない、ということです。
原作の絵が窪田くんに似ているといううわさが連載時からあったとか!!最終回のトビオにそっくりな八重歯があるのを見て驚いたそうです。ドラマではみんなかなり原作に寄せてきていて、できる限り忠実に、キワキワのところまで攻めていきたいですとのことですが…原作ってエロが満載らしいですね。←
どこまでやってくれるのが、楽しみなような心配なような…(笑)まあ、9時台のドラマなので、あんまり激しいエロはないかなって思ってるんですが…。

ロケや走るシーンが多くて、ふだんは日焼けを気にしないけど、今回は日傘を強制的に持たされてるそうです(笑)体が硬いので、ブラ下がる筋トレを毎日やっていて、仕事で疲れてても筋トレでさらに体を疲れさせて寝るとスッキリするそうです。体が硬いってほんとなのかな〜?アクションのときにあんなに足が上がるのに、硬いとは思えないですよね。それに、顔は(鼻とか)柔らかいんでしたよね(笑)

この衣装、TVfan CROSSのと一緒かな?同じTVfanですもんね〜。一度にどれだけの取材を受けるんでしょうか?こうして雑誌を追っかけてると、どのインタビューも同じようでちょっとだけ違ってたりして、そこはけっこうすごいなって思いますね。どの媒体で何を言ったか、わかんなくなっちゃいそうですよね〜(^-^;


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2017

TVfan CROSS Vol.23

6月28日発売のTufa CROSS。これも、即買いでした(*´∀`*)
もう〜どのページを載せるか悩んで、結局選べないので、全部(一部をちっちゃく)載せます←
これを見た未購入の方が、もっとよく見たくなって本屋さんに行っちゃうかもしれませんからね〜♪
少しでも出版社さんの販売の促進になればと思っておりますが、買ってきたらソッコーバラして窪田くん以外のページをヤフオクに出しているので、やはり少なからず妨害をしてるってことに??…(^-^;ほんとに申し訳ありません。雑誌代ハンパじゃないので、少しでも回収して次の雑誌の資金にせねば…(←堂々と書くな!!)

Tvfancross01『この夏、2本の大作に出演する窪田正孝。非日常の中でリアルな「人」の姿を見るカネキと、非日常的なリアルを受け入れられないままでさまざまな「人間」の有り様を見るトビオ。2つの顔をみせる窪田の、その裏に隠した本当の顔に迫る』と書いてあり、黒い背景に白い服の窪田くんと、白い背景に黒いTシャツの窪田くん、その対比がおもしろいグラビア写真となっております。

Tvfancross02

Tvfancross03ちっちゃいですが、どのショットも大変気に入っております=(*´∀`*)

「僕たちがやりました」に関しては、ナレーションがすっごく多いらしいです。逃亡シーンは過酷で、パンツ一丁にもなるそうです。楽しみですね!!←
違う俳優さんが出ている作品で、この役やってみたかったというのはないのかという質問に、自分がやったほうがよかったと思ったことは一度もないし、これからもないと思うということです。(←ファンとしては、あんな役とかこんな役とか、窪田くんで見たかったな〜っていうのはけっこうありますけどね…)
この作品では、一応トビオが主人公だけど、僕は逃亡する4人や追いかける人たち、みんなが主役の物語だと思っていますとのことです。

「夏の強烈な思い出」のお兄ちゃんとのエピソードが強烈におかしかったです。20分も手にゲジゲジを乗せたまま待ってたんでしょうか(笑)
いろいろ省略してざっくりまとめてみましたが、ざっくりすぎてすみません。いろいろとおもしろいインタビューでした。
記事の締めとして、「今ファンの方に言葉を送るなら」というところで、「ヒゲの似合う、白髪の似合う、いいおじさんになっていきたいと思っているので、これからも温かく見守っていただけたら光栄です」だそうです。気が早すぎ!!(笑)まだまだ制服も似あう窪田くんを、とうぶん堪能させていただきたいです。温かく見守ります(*´∀`*)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 30, 2017

シアターカルチャーマガジンT

T01だいぶ遅くなってしまいましたが、シアターカルチャーマガジンT。去年もMARSでガヤさんと一緒に載り、めっちゃビジュアルがよかったと記憶していますが、今回も即買いでしたね。

全部載せるのはやはり…なので、苦渋の決断で厳選して載せます。

T02余白を生かしたレイアウトなのですが、余白があるとブログ上ではまぬけな空白ができてしまうので、カットしてあります。ご了承ください。

T03

T04「そんな目で見られるとどうしたらいいのかわかんないだろう〜」と叫びながら逃げ出したくなるような(←どんなんやねん)お写真ばっかりですね〜(*´∀`*)


リゼに襲われるシーン、撮影場所が水辺の公園で虫がいっぱいいて、リゼの恐怖を虫が後押しする感じだったっていうのがおかしかったですね。亜門との戦いでは、リゼに乗っ取られるような感覚で演じていて、蒼井優さんだったらどんな顔をするかなとイメージしてやったとのこと。
カネキに共感するところは、友達がいないところだって(笑)
石田先生が僕せかの窪田くんを見て「金木がいるならそんな感じ」だと思ったという話は有名ですが、石田スイ先生の言葉「窪田くんを最初に見たときに、陰というか闇を感じて。それでカネキ役は窪田くんがぴったりだと思ったんです」これって、僕せかの矢野っちを見てそう感じたってことなんでしょうか?

自分が喰種になったら誰かに言うかという質問、ほかの雑誌でもあったと思いますが、ここでも唐沢さんには言っちゃうかもしれないなんて言ってておかしかったです。自分で骨をぱきっと折って本当に半日で治るかもためしたいなんて言ってるのはちょっと…変態ですよね(笑)

最後に、人間とはどんなものかという質問に、「僕には一生かかっても答えを導き出せないかもしれないけど」と前置きして、「人間は身勝手だし醜いところもある。でも、その醜さの中に美しさを見つけられるのも人間だけだし、学習できるのも人間しかいないと思う。この映画は、ほかの生き物の目線で、そんな人間の本質に気づかせてくれる作品でした」と答えていて、なるほど〜!!と感動しました。
人間には人間の正義があり、人間に害をなすものを悪とするけれど、でも喰種にも守るべき大切な人がいて、悩んだり葛藤しながら生きてて、いちがいに悪と決めつけられないんだっていうのを原作を読んで思いました。捕食するものとされるものの共存はむずかしいんだろうけど、その両方の立場、気持ちを理解できる金木くんを窪田くんがどう演じているのか、公開が本当に楽しみです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 27, 2017

ザテレビジョンZoom!!Vol.29

Photo
本日購入してきたばかりのザテレビジョンZoom!!VOL.29です。まっけん君との対談。
「基本的にみんな年下で、フレッシュないい汗かいてます」とのコメントがなんかおかしいです。アドリブが多くて、カットがかかると一同ぐったり。その後大爆笑。みんなが芝居を楽しんでいる、笑顔のたえない現場だと書かれております。
僕は市橋の役が一番好きだとか、これまでのテレビ誌でさんざん見たんですけど、まっけん君の「窪田さんみたいなちゃんと演技力がついた20代後半の役者は自分が目指すところでもあったので、こういう芝居でぶつかれる現場でお会いできて本当にうれしかった。精一杯、吸収したいです」というコメントは、今までで一番詳しい??ような気がしました。こないだのTVステーションにも同じようなことが書いてあったかな?

まあ、同時期に出る雑誌はだいたい同じようなことが書いてあるんで、ビジュアル重視で買ってるんですけど、このたびのはみんなビジュアルがよくて選べない(^-^;んで、ついついほぼ全部買ってます。で、みんな同じようなことが書いてあるっていう…(笑)同じようだけど、ちょっとずつ違ってたりもするので、なんともめんどうくさいです(^-^;
そして、またまたさんまのまんま記事が書けませんでしたが、忘れているわけではありませんので、もうしばらくお待ち下さい。←


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2017

FLIX8月号

さんまのまんま記事を書く予定でしたが、家族と外食してちょっぴりお酒飲んでいい気分になりすぎてしまい、とても真面目な文章??が書けないので、今日は解体したばっかりのFLIXを載せちゃおうと思います。記事はほぼ今までのものとかわりないんで、画像だけ載っけちゃいます(*´∀`*)

Flix801_2

Flix802

Flix803

Flix804

きゃ〜、調子にのって全部載せちゃいました〜♫ヤフオク出品物のような様相を呈しておりますけど(笑)いくらで落札してもらえるかな←おい

そういえば、これまでの記事とちょっと違うところは、トーカと特訓するシーンが大変で、手の皮がズルズルになりながらがんばったというところと、記事の最後のところに「年下の人たちとの共演が増えているけど、自分が現場で一番年下のほうが気が楽。たぶん根っからの末っ子気質なんだと思います」と書いてあったところかな?年下の子達と共演するときはがんばってお兄ちゃん風にしてるけど、なんか…頼りない感じしちゃいますよね〜私だけかもしれませんが…(^-^;

実は、発売日に何人かの窪田フレンドとともに本屋さんで立ち読み??をしたんですけど、みんなが「窪田くんとめっちゃ目が合う」とか「窪田くんが見つめてくる」とか言うので、何言ってんのよと半笑いで開いてみたところ…もうこれは…マジでやばい!!!(笑)こんなのずるい!!!(笑)となって、買ってしまいました。ほんとに罪な男ですよ、窪田くんってば(^-^;3枚目の右側が、特にお気に入りです(*´∀`*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2017

ザテレビジョン6/30日号

0630_2
ザテレビジョンのほうには、「夏ドラマ見たい度ランキング」の第4位で載ってました。
『28歳でも違和感ゼロな窪田の高校生役にワクワク』となっていて、「追い込まれるほど輝く窪田」とか「学生服の似合う28歳、窪田正孝」とか「苦悩する窪田、それは極上」とか、もうなんかウケまくりです〜!!!大きめに載せたんですけど、ピンクの字のところはちょっと読めないかな??すみません(^-^;読みたい方は、ぜひぜひ立ち読みでも!!たった1ページだし、この雑誌ラッシュの中、テレビ誌までは買ってられないですよね。←と言いつつ、おまえはなんなんだっていう…(笑)

そして、さんまのまんまも面白かったですね。みんなにいじられてめっちゃぐだぐだしてて、あの3人で大丈夫なのか、今後の番宣がちょっと心配になりますけど…(笑)それもまたじっくりリピってから明日記事を書く予定です。

今日買ってきたJUNONもヤバかったです(*´∀`*)そちらも近日中に!!
明日もなんかめちゃくちゃ出るし、もうわけわかんない(笑)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 22, 2017

TV Station7/7日号

もうやめようと思っていたのに、またまたテレビ誌を買ってしまいました。やだもう〜(笑)

Tv01まっけんくんとツーショット対談。なんか…デジャビュ感がすごい(笑)しかも、書いてあることもほぼ同じなような気がする。気のせいでしょうか。窪田くんが最後のところで「絶対ないと思うけど、個人的にはいつかトビオと市橋が無心で卓球でもできたらいいなと思ってるよ(笑)」などと言っていて、なんてすっとんきょうな発想なんだ〜と笑ってしまいました。そんなところも大好き〜(*´∀`*)←盲目ファンですみません

「これなら負けないものは?」ってところで、「食べる量です」というまっけんくんに、窪田くんが「アイスを食べる量なら絶対負けません」と言ってるのがツボにはまりました。鉄板ですね!!

Tv02そんでもって、相関図のページにある小さいコーナーをちょっと拡大して載せました。『高校生独特の空気感を窪田らがみごとに表現』となっていて、そこらへんもまた楽しみです。若い子にまじって、一人だけお兄さんだけど(←)違和感なく高校生やれてるのかな(笑)
あ、パイセンがいましたね(笑)パイセンは高校生じゃないけど…。ラスコでも共演してたし、4号警備やNのためにとか、なにげにお笑い芸人さんともいろいろ共演してますよね。
場面写真見ると、どのキャラも再現度がけっこうすごいみたいで…ますます楽しみになってきました(*´∀`*)そろそろ番宣も始まるし、また忙しくなりそうですね。今でも忙しいですけど(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 19, 2017

PICT-UP 8月号

こちらは6月17日発売のPICT-UP8月号です。「いまは戦うことをやめない」ってコピーがかっちょいい\(^o^)/

Pt01

Pt02

Pt03

ここんところの雑誌、どのインタビューも同じやんと思っていましたが、これはちょっと違うかな?喰種の内容というより、窪田くん個人のことについて書かれてて面白いです。まとめるのが下手くそなので全部は書きませんが、ぜひ(立ち読みででも)読んでみてください。

カネキは喰種と人間の間で自分が何者かわからなくなっているけど、自分も俳優という仕事をしている上で、自分の好みや一番幸せな時間がわからなくなるとこがあると。役になりきってるからでしょうか。
『求めてもらえるうちは休みなく働いていたい、それが自分の願望であり、決めていることでもあります』
『第一線にいたいというより、勝負をし続けていたい』という言葉が印象的です。

「本当に保証のない世界で、作品ごとに賭けをしているようなもの。役者にとってはひとつひとつが勝負どころなんです。万が一自分がダメでも、違うところが輝けばそれもいい。とにかく息の長い役者でいたいんです」これは窪田くんが以前から言っていることですよね。
30代になってやりたい役柄はという質問に、「史実にあった歴史ものをやってみたい」とのことです。なぜかと聞かれて「現代から逃げたいから」←おいおい(窪田くんストレスたまってるの?ってツッコミたくなりますが…(笑)
「生きたことのない時代に行ってみたい、そうすると芝居もすごく振り切れる。その時代だからこそ言えること、できることがある。先に進むばかりでなく、過去を振り返ってみるのもいいかなと思います」だそうです。ちょっと一部何を言ってるのかわかんないところもありますが(←)なかなかおもしろいご意見だと思います。
役者さんって、大変なお仕事だけど、自分じゃない自分になれるっていうか、1つの人生では経験できないことをたくさんできるとか、うらやましい気もします。
歴史物、見てみたいですね。平清盛の重盛は大変すばらしかった。あれで窪田ファンになりましたから!!
これまであまりフィーチャーされなかった人物を演じてみたいとのことですが、それもなかなかおもしろいですね。しかし…脚本次第かなあ〜。役者の力だけではいかんともしがたいところもあるので…ちゃんとした脚本で、きちんと真面目な(←)歴史物を見てみたいですね(*´∀`*)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 18, 2017

QLAP!7月号

雑誌ラッシュで、どれをやってどれをやってないのかわからなくなりそうなんですけど(^-^;後々のために、できるだけきちんと記録しておきたいと思っております。
っていうわけで、6月15日発売のQLAP!
98パーセントぐらいジャニーズのみなさんが載っていて、窪田くんと千葉雄大くんがおまけのようにちょっぴり載ってます(笑)でも、ビジュアルよくて…やっぱり買っちゃいました〜\(^o^)/

01

02ここのビジュアルがとってもいいですね(*´∀`*)

ワイヤーアクションは高いところが多くて大変だったようです。でも、高いところは全然大丈夫だそう。ジェットコースターも大好きだって(笑)派手なアクションシーンは、観客のみなさんもどこかアトラクションに乗ってる気分で見られるんじゃないか、この作品は純粋なエンターテインメントとして楽しんでほしいと思っているとのことです。バトル中は動と静の切り替えも意識しながら演じていたそう。

自分以外の何かになれるなら何がいいかという質問に、『タカ』がいいとのお答え。自分が他の動物に食べられる可能性が少なそうだからだって(笑)あと、鳥のように自由に生きたい、そういうところもあるみたいです。

プライベートでは「24」に激ハマりしてるそうです。唐沢さんと及川ミッチーに勧められたらしいです(笑)

03この表情もいいですね〜(*´∀`*)

「窪田くんの食卓」というテーマでいろいろと書かれてます。ちょっと…読めないかなあ〜?すみません(^-^;
工藤阿須加くんと前田公輝くんとごはんに行った話、インスタでも前田公輝くんがあげてくれてましたよね。
ひとりごはん、『後片付けがめんどうくさくて、シリアルをそのまま食べて、あとから牛乳を流し込む、胃袋に入れば一緒的な考えです』って書いてあって、笑っちゃいました。おふくろの味は玉子焼きだそうです。

しかし…買う雑誌買う雑誌、みんなほぼ表紙が嵐の大野くん(笑)そして、必ずといっていいほど中島健人くんが載ってます。大野くんの表紙を何冊買ったことか…。大野くんじゃなかったのはQLAP!とFREECELLぐらいかも(笑)
TSUTAYAで平積みの雑誌が全部同じジャニーズタレントさんなこともありますけど、いつか平積み雑誌の表紙が全面窪田くん…とかならないかな〜…ならないだろうなあ〜(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧