映画・テレビ

September 16, 2017

HIGH&LOW×SHIBUYA109 POP UP STORE

SHIBUYA109で期間限定で開催されるHIGH&LOWとのコラボショップ、『HIGH&LOW×SHIBUYA109 POP UP STORE』に行ってきました。先日、スモーキーのフォトクリアファイルが欲しくて友達を無理やり誘って行ってゲットしたばかりなんですけど(それでも109はあまり行きたくなかったw)今日からCLAMPさんの和柄グッズが発売とのことで、行くかどうしようか迷ったあげく…勢いで行っちゃいました!!\(^o^)/

3時過ぎに着いたら、ぎょ、行列がああ〜( ´;ω;`)ブワッ
8階から6階までできており、並んでるのは10代から20代前半らしきお嬢さんばっかり。こんなところで一人で並ぶのは地獄…と思ったのですが、せっかく来たことだし、並ぼうと決意、周りはEXILEファンの女子ばかりのようで、いろんな話が聞こうとも思ってないのに聞こえてきて、なかなか面白かったです。(橘ケンチさんの待ち受けはかわいいらしいとか…)
並んでいる最中は比較的針のむしろでしたが、30分くらいで入店できて、友達から頼まれたものも無事買うことができました。買ったものをご紹介しちゃいま〜す(*´∀`*)

10901金平糖1200円なり。ルードカラーの緑の金平糖に、スモ様チャームつき
わたくしのちょっときったないデスク周りが映り込んでますが、気にしないで…(^-^;

10902お友達からの頼まれ物。スモ様巾着

10903そして、和紙クリアファイル
SWORDのアタマ5人が勢ぞろいしたかわいいファイルです←これが欲しかった(*´∀`*)

10904意味もなく柄のアップ(笑)

10905_2そして…この前買ったけど、なぜかついでにまたスモ様フォトクリアファイル買っちゃいました。そんなに買ってどうするつもりなんだ?私…(笑)
それにつけても、美しい…(*´∀`*)

なんだかんだ文句言いつつも、LDHさんにせっせと貢いでおります。ほんとに魔性の男だよ、スモ様は〜(´;ω;`)ウウ・・・でも満足(*´∀`*)←

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 15, 2017

HIGH&LOW×ノーモア映画泥棒

HIGH&LOW THE MOVIE2を観てきました。何回目かは秘密だよ(v^ー゜)←

映画の前にやっているNO MORE映画泥棒とHIGH&LOW g-swordのコラボ、CLAMPさんのかわいいキャラが週替わりで登場しています。ルードのキャラブックをもらいに行った先々週は鬼邪高の村山と(なぜか)轟(笑)そして今週はスモ様とタケシでした〜。めっちゃ可愛かった〜(*´∀`*)

映画を観るタケシとスモ様、後ろにカメラ男が登場。スモ様「なんだあいつ」タケシ「カメラ男だよ。シオンが言ってた」(ちょっとセリフはあやふや…(^-^;
スモ様「盗撮、よくない。つぐなってもらうぞ」
そして、連れて行かれるカメラ男。タケシ「連れていかれた」スモ様「ちゃんとつぐなえ」
NO MORE映画泥棒!!

って感じだったかな〜?ちゃんと覚えておこうと思ってたのに、映画が始まるともう忘却のかなた。ダメダメですね〜(^-^;三角の口でしゃべるスモ様がとっても可愛かったです(*´∀`*)来週は…達磨一家なのかな?

Highlow2入場者特典はムゲンと雨宮兄弟でした。(ちょっと思いっきり光ってますが…(^-^;)
意外とかっこいい仕上がりでしたよ(*´∀`*)

映画のほうは、さすがに◯回目なので、ちょっと山王仲間割れのあたりとか居眠りしてたらしく記憶がないのですが(おい)、雨宮兄弟と琥珀九十九さんたちのカーチェイスとか、ラスカルズのピンチに、山王、鬼邪高、ルード、だるまと順番に登場する「キターーーー感」とか、やっぱりもうこれぞ少年漫画のお約束って感じでたまんないっすね。コブラとジェシーの戦いも、なんかすっごくかっこいいし(*´∀`*)スモ様の出番がこんなに少なくても私はHIGH&LOWを十分楽しめるってことが驚きです。そりゃSWORDの乱戦にスモ様いないのはほんとに残念なんですけどね…(´・ω・`)スモ様が参戦してくれたら、もう萌え死ぬかも(笑)
『個人的窪田くんの演じたキャラランキング』ではスモ様はベスト5に入りますよ(*´∀`*)
何回も書いておりますが、LDH映画に出演と発表されたときの落胆と絶望感、そこからの手のひら返し、われながら見事なものだったと自負しております。次のHIGH&LOW THE MOVIE3でHIGH&LOWはいったん終わりといううわさを聞いてますが、うれしくもあり、ちょっと残念でもあります。スモ様死ぬ死ぬフラグが『なんちゃって』でありますように、個人的には祈ってるんですけど、どうなるんでしょうねえ〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2017

映画「HIGH&LOW THE MOVIE2 END OF SKY」

入場者プレゼントがルード週になるのを待って、HIGH&LOWTHE MOVIE2を観てきました。スモーキーの出番が少ないとは聞いていましたが、ほんっっっっとに少なかったですね〜(笑)しかし、あんなちょっぴりの出番でも存在感ハンパなく、なんとも美しく、むしろ神々しいような、もうすぐ天使になっちゃうんじゃないかっていうぐらいの儚さ(←)で、なんか心配になっちゃいました。死にませんよね〜〜〜???

Highlow202
入場者特典のルード&達磨一家のミニブック。蛇腹に折られてB6サイズになっています
どっちが裏か表かよくわからないので、適当に載せます(笑)

Highlow201
キャラクターの説明は、パンフレットに書いてあるのと同じです。画像は若干違うかな。
達磨一家部分も載せようかと思ったのですが、需要がないかなって…(←おい!!)

スモーキーの出番は少なかったものの、雨宮兄弟と琥珀九十九のカーチェイスとか、続々出てくる新キャラとか、大活躍のターミネーター源治さんとか、大迫力かつ笑いどころもいっぱいで、めちゃめちゃ楽しめました。HIGH&LOWの世界観がわかっているひとなら楽しめるはず!!人間ドラマとか求めていない、勢いで押し切る、少年マンガちっくなお祭りおばか映画(一応シリアスなのに、ごめんね)だと思います。
HIGH&LOW映画って、6割がアクション、3割がキャラ萌え、1割がドラマ部分でできてるんじゃないかな、みたいな( ´艸`)プププ(←おい!!)
ターミネーター源治もそうだけど、九十九さんもう人間じゃなくなってるんじゃ?と思うほど、車にひかれても、電撃ショックくらってもまったく平気!!笑っちゃうほどすごかったです。ほんとはもう死んでてゾンビになってるんじゃ??(←おい)
大量に出てきた新キャラも、誰が誰やらよくわからない人も多かったけど、岸谷五朗がものすごくこわかったですねえ〜!!あと、高島兄弟のお兄ちゃんのほう。怖ええええ〜ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
世界名作劇場の名前がついたラスカルズの新人さんとか、ルードに助けを求めに行った金爆の人たちとか笑っちゃったし、ジェシーやフォー、蘭丸もなかなか個性的でよかったですね。ルードの新人くんも、もっとフィーチャーしてくれるかと思ってたんだけど…すっごくいい動きしてたし、なんかちょっと危なそうな人でしたね(笑)
今回は鬼邪高の村山と達磨の日向がいいところを持ってったかなと。すごくよかったです。後半のわちゃわちゃ乱闘はもうHIGH&LOWのお約束ですが、スモーキーも一度でいいからそれに加わってほしいなと思うんですけど、やはり無理なのかな〜。

THE MOVIE2は、3の壮大な予告編とも言われているらしいですけど(笑)スモーキーの出番は3ではいっぱいあるのかな?あることを期待しちゃいますけど、どうなんだろう。しかし、スモーキーがちょっとしか出てないのに、こんなに満足度が高いなんて、私ってもしかしてHIGH&LOWワールドそのものがけっこう好きなのかも(^-^;どうしちゃったんだよ、私〜!!って感じです。ムビチケが消化できるのか心配でしたが、余裕であと2回見にいけそう(笑)

Highlow204パンフレット、シャレでこっちを買ってみたんですけど、やっぱり普通のにしておけばよかったかなと…ちょっと今さら後悔してます〜。てへへ(^-^;
中身も載せようかと思ったのですが、ネタバレになるかなって思うので自粛しますね。情報が多すぎて忘れてるところもあるかもなので、またリピしたら、何か書くかもです( ´艸`)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 21, 2017

映画「東京喰種〜トーキョーグール」

いろいろにまぎれてすっかり遅くなってしまいましたが、改めて、映画の感想を書いておきます。舞台挨拶含めて8回(←!!)観たあとの、あくまでも個人的な感想です。
ネタバレ全開ですので、まだ観ていない方、ネタバレが困る方は読まないでくださいね。

一言で言うと、原作を比較的忠実に、真面目に丁寧に作り込んだ作品だと思います。漫画原作実写にありがちなチープなコスプレ感がなく、リアルでクオリティが高いと感じました。監督が映像美にこだわったということで、映像は本当に美しく、多少のワイヤー感はありましたが、アクションも息をのむ迫力もあり、赫子のCGも気持ち悪くてよかったです。

ただ、丁寧すぎてテンポがイマイチかなってところと、原作未読の方に説明不足だったかもと思いました。説明台詞を極力入れないという強い意志を感じてかっこいいのですが、むしろ入れたほうがいいところまで削ってるのではないかと。原作を読んでると説明されなくても十分わかるんですけど、ニュースの映像で匂わせるだけではなく、カネキがリゼの臓器を移植されたという、ちゃんとした説明、シーンが必要だったのではと思いました。「食べること」に重点が置かれて描かれていましたが、カネキくんが自分の体の変化に気付き、悩み戸惑う過程が、そこらへんの台詞がほとんどないので、そのへんもやってほしかったかなと。あまりにも台詞が少ないと思いました。おなかに包丁突き刺すシーンとか、喰種になっちゃった身体の変化がよりわかったかなって思うし。
カネキくんが人間の食べ物を食べられず、飢えに苦しみ、葛藤して、でも「僕は人間なんだ!!」と人肉を食べるのを拒否する、原作を読んだときにそのシーンがすごく印象に残ったので、その台詞は欲しかったなと思いました。
クインケが対グール用の効果的な武器だってこと、死んだグールの赫子から作る武器だということをもっとちゃんと説明しないと、リョーコさんの「それだけは嫌…」という台詞も原作未読の人には理解できないでしょう。真戸さんの「おかあさんだよ」のシーンは…笑うところじゃないのにちょっと笑ってしまったんですけど〜(^-^;
亜門との戦いのシーン、原作ではもっと喋ってたと思ってたら、ほとんどカネキくんの心の声だったみたいですが、それもカットしすぎだったかなと。「逃げてください。僕を人殺しにしないで」の「逃げてください」を言ってないので、僕を人殺しにしないでって言うのが唐突な印象を受けたという声をネットで目にしましたが、友達がそれは自分の中のリゼに向かって言っていたんじゃないかと言ってて、それもまたありえる解釈だなとも思ったり。
他にも、ここをこんなに丁寧にしなくてもってシーンもあったり、2時間でどこまでやるかの取捨選択もあったでしょうが、ここから面白くなるのにな〜って序章で終わってしまった感がちょっと残念です。

しかし、キャストはみんなハマっていて、前述のコスプレ感はほぼ感じなかったし、演技イマイチな人もほぼいなかったし、すごくよかったです。リゼ、錦、亜門、真戸さん、ヒナミちゃんもよかったし、そしてトーカ、あんな騒動がなければ本当にべた褒めするところなのに…。心から残念です…(´・ω・`)

蒼井優さんのリゼは、怖かった〜!!優しい声からだんだん低くなって、恐ろしい台詞を吐きながら近づいてくるところとか、ほんっとにホラー(笑)「ダメよ、死んだら味が落ちる。がんばって」のシーンとか、ぞっくぞくしました。カネキくんも、噛みつかれて一瞬何が起こったかわからず戸惑い、そして悲鳴をあげる、その間と表情の変化もめっちゃ好きで、あそこのシーンは何度観てもいいですね(*´∀`*)助けてと言いながら這いずり回るカネキくんの絶望感、先の展開を知ってても胸に迫るものがありました。かわいそう〜!!!
窪田くんの演技はまさしく怪演、目を背けたくなるようなシーンも常に全力でやっているのが伝わり、もうほんとにすごいの一言です。
部室で血まみれのヒデを舐め回すところとか、エロくて(←)どことなくリゼを感じさせる、そして鏡に映ったリゼの顔と笑顔がシンクロしていて、窪田くん自身、インタビューで「リゼに侵食されていくところ、蒼井優さんを意識してやりました」と言っていたと思いますが、ほんとにリゼが中にいるんだという感じがしました。

あんていくでコーヒーを飲んで「おいしい…」ってつぶやくシーン、間といい、表情といい、実によかったです。冷蔵庫の食べ物を口に入れては吐き出し、その中でのたうちまわるシーンも鬼気迫るものがありましたし(でも、ちょっと長くてくどすぎ…(←))街に出て徘徊するシーンも、目つきといい、よだれといい、すごかったですし、ハンバーグ食べるシーンも、ほんっとに食べられないんだという説得力のある映像でした。喰種カフェで食べた「まずいサンドイッチ」の味を思い出しながら、うわ〜っと思いながら見ました(^-^;食べるものみんながあんな感じだったら、軽く死ねる…(T^T)
その他にも、いちいちあげると面倒くさいほどお気に入りシーンが多すぎて、全部書き出していると何十ページにもなりそうです(^-^;
初見ではめっちゃ集中して観ましたが、2回目以降は中盤どうしても眠気を誘ってくるシーンがあるものの(←おい)あれやこれやの窪田くんに惹きつけられて最後まで観ることができるって感じですね。

1回目見たときには窪田くんのビジュアルに見とれてうかつにも気づかなかったけど、ラスト、眼帯してなくて左目も赫眼じゃなかった→コントロールできるようになった=グールとして覚醒したってことなんですよね?(まあ、ほんとに覚醒するのはもっと後なんだけど…)
説明台詞を排して絵だけで見せる、こういうところはやるなあ〜と思いました。そのラストのショット、ほんと何回観ても「いいな〜(*´∀`*)」と思います。凛とした決意のようなものを感じる素晴らしい表情です。冒頭のカネキくんとはまったく違う人がそこにいる。殻を破って一歩踏み出せたんですね。

内容に関してはほんとによかったと思いますし、原作を尊重して誠実に真面目に作った作品で、窪田ファンの自分はすごく引き込まれて観ましたが、全体的に地味で、興行を考えると無理してでももうちょっと内容を詰め込んだほうがよかったのでは…という気もしました。真面目すぎて外連味に欠けるかなと。このへんは監督の考えなのでしょうが、観る人を選び、ファミリーで見られる作品ではないだけに、ファミリー用の大作目白押しの夏休みの公開ではなく、秋とか冬の公開のほうがよかったんじゃないかとか、原作ファンの若い人たちを目当ての夏休み公開、SNSを中心とした宣伝だったと思いますが、原作ファンだけでなく一般人も取り込めないと大ヒットは見込めませんし、そこらへんの戦略も今ひとつずれていたのではないか、などと一般人の素人が何いってんだって感じですけれども、とてもいい作品なだけに、もっとたくさんの人に見てもらいたいのに、ほんとに惜しいなって思いました。

ダメだしチックなことも書いてしまいましたが、(コースター目当てもあったけど)8回も観たということから分かっていただけると思いますが、作品的にはクオリティが高かったと思いますし、窪田くんがこの作品に出てくれて本当によかったとも思います。窪田くん自身も、世界公開ということもあって、計り知れないいろんな経験ができたと思いますし、舞台挨拶で感極まっていた窪田くんを見ますと、本当に大変だったんだな、がんばってくれてありがとう、こんな作品を見せてくれてありがとうと言いたいです。
続編があるっぽい作りでしたが…興行的にどうなんだろう…。できるならば続編、白カネキ見たいですが、松竹のエライ人がハードル上げすぎて、なんだかなあって感じになっちゃって…なんとか松竹さん的な合格ラインまでいってくれますよう…祈るのみですね。
3週目の入場特典のマスクカネキくんが欲しくて、松竹の株主ポイントも使って3週目は3回も観たんですけど(←)カネキは出ず…(´・ω・`)めっちゃ悲しいです(´;ω;`)ウウ・・・

あっ、そういえば、エキストラに参加した知り合いの皆さんの出番は、まるっとカットだったみたいです。なんで〜??カットするならなんで追加撮影なんかわざわざしたんですか〜監督〜??めっちゃ問い詰めたいです。すっごい楽しみにしてたのに、ほんとがっかりですう〜(´・ω・`)

ものすごい長文になってしまって、自分でもドン引きです(笑)感想は人それぞれだと思いますし、何言ってんだこいつと思われるところもあるかと思いますが、読み流していただけると幸いです。明らかに間違っているとか、勘違いしている部分などありましたらご指摘ください。最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 09, 2017

王様のブランチ0722

今日はちょっとバタバタしており、僕やり4話のキャプができなかったので、すでにキャプ済みだった王様のブランチ記事を書きます〜。

072201
東京喰種の番宣で大泉洋さんとのスペシャルインタビュー

072202
オファーを聞いたときの感想は?
「このオファーと一緒に原作を読ませてもらって、ものすごい面白いエンターテインメントというか、ない話なんだけど、もしかしたら喰種っているかもってすごく惹かれて、大役なところもあったんですけれども、是非にということでやらしてもらった感じでございます」

072204
オファーをもらったとき、非情な捜査官の役ということで引き受けたら、原作読んで「こんなキモイ男なのか」とびっくりしたと大泉さん

072205

072206
窪田くんが2階でごはんを食べていたら、先にリアクションを撮っていた鈴木くんがバットで打たれたボールみたいにスポーンと飛んでいって、うわ〜すご〜いって…。爆笑しちゃいました。
映画を見ながら、鈴木くんがスポーンと飛んでいったってのはここか〜って思ったら、また笑いがこみ上げてきますね(笑笑)

072208
大泉さんのアクションはゆるくてズルいという窪田くんの苦情?に、アクション練習ものすごくやって、現場に来たら監督にアクションは窪田くんと鈴木くんがやるからやめましょうと言われて、あの練習はなんだったんだとなったと。爆笑しちゃいました。

072209
(クインケを振る)あんなアクションでも肩いっちゃったよっていう大泉さんに、窪田くん大口あけて大爆笑。ほんとに面白かったですね。
舞台挨拶で聞いたんですけど、鈴木くんは実際にあのつくね棒みたいなのを振り回していたけど、大泉さんは取っ手の部分だけを振ってたそうです。赫眼もすごくリアルに処理されていたし、ほんと今のCG技術ってすごいですよね〜。

大泉さんと一緒だと、いっぱいしゃべってくれて、窪田くんががんばりすぎなくていいので安心して見てられますね(*´∀`*)

今日はHIGH&LOW映画の完成披露試写会でしたよね。もちろん応募してましたが、ローチケなのでぴあカードのご利益はなく、あっさり外れまして、ライブビューイングもムビチケが使えないので断念いたしました。LDHさんのケチ!!特典に釣られてすでに何枚もムビチケ買っちゃってるので、2000円もライブビューイングには出せないざます。フレンドが何人か観に行ったようですが、やはりスモ様の出番は少ないようです。まあ、そこは想定内なので、どんなアクション見せてくれるのか、楽しみにしたいと思います。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 07, 2017

東京喰種 公開記念舞台挨拶

何回行くんだよと思われるのが恥ずかしいので事前には言ってませんでしたが、本日丸の内ピカデリーで行われた「東京喰種 公開記念舞台挨拶」、なんと(後ろのほうですが)チケットが当選し、行ってまいりました。ぴあカードの恩恵、すごいです。このくじ運の悪い私が、ぴあカードに入会してからほぼ当たってます。信じられないです(←回し者ではありません。ほんとにすごいです)

もうネットニュースになっているので、写真を拝借。(iLIPさん、ありがとうございます)
8702

窪田くん、入場するときにちょっとコケてて、おかしかったです。ビローンとしたパンツを履いてたので、一瞬ドレスかと思いました。ガウチョパンツ??不思議な衣装だった…(←)窪田くんのスタイルが台無しって友達が文句(?)を言っていました(^-^;
窪田くんが公開されて9日、ちょっと引いて観れるようになったと言って、鈴木くんが「めざましテレビでコンソメパンチが好きって言ったら、カルビーさんから100袋も届いて、引っ越しでもないのに家がダンボールでいっぱい。好きで食べてるというより、追われてます」とか言って会場の笑いを誘っていました。
窪田くん、それから何かにつけて「ダブルパンチで!!」と言っててこれもおかしかったです。
鈴木くんが「また共演したい」と熱く言ってくれて、窪田くんが「絶対焼肉行こうね」って言ってたのも、わけもなくうれしい気持ちになりました〜。
イリオンさんが登場し、生歌を披露してくれて、「おおお〜」となりました。正直、私はそんなものすごく好きな歌ではなかったのですが、やはり生歌は素晴らしく、感動いたしました。その余韻ってところから、鈴木くんがゴーインに窪田くんのお誕生日につなげて、ケーキが登場。(鈴木くんの「窪田さん、ラストトゥエンティです!!!」ってコール??がなんかおかしくて笑っちゃいましたけど)
会場のみんなででハッピーバースディを歌いました。歌の途中でちょっとぐだぐだってなったけど、こういう形でお祝いできて、すっごくうれしかったですね〜。
最後の締めの挨拶で、窪田くんちょっとうるっとしてたかな??
鈴木くんのコンソメパンチが強烈で、いろいろと吹き飛んでうろ覚えですので、何か間違ったことを書いてたら申し訳ありませんm(_ _)m

8701
窪田くん、退場するときにちょっと手を合わせてお辞儀していました。
二子玉でファンが殺到して大変なことになったせいなのかどうなのか、今回は前列のファンとタッチはしてくれなかったみたい。手を合わせてたのは、ごめんねってことなのかな。
この写真だと、なんか歌を歌ってるみたいですね(笑)

本日入場者プレゼントのコースターは…カネキくん2回目でした。もうカネキは持っているので、うれしいんだけどあまりうれしくない、複雑な気持ちです。フレンドたちの「草場」率が高く、草場さんもらっても全然うれしくないので、まだよかったかなって感じです。せめて真戸さんかウタさんがよかったなあ〜。

それにしても、何回行くんだよって感じですが、ぶっちゃけこれで5回目です。ムビチケがまだあるので、たぶん6回行くと思います。今まではMARSの4回が最高でしたが、最高記録更新です(笑)MARSと違って、映画を観ること自体は苦行ではないので、そこんとこは良しとします(笑)何回観ても、窪田くんのカネキに見惚れる。本当にビジュアルがいいし、かっこいいところも、かっこ悪いところも、本当に全力で、素晴らしいです。映画の感想も、明日あたりちゃんとアップします。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 01, 2017

めざましテレビアクア&PON!0731

昨日のWS、HDDの容量が足りなくてめざましテレビアクアとPON!しか録画していませんでしたが、初日舞台挨拶丸の内1回目の模様をちらっと垣間見ることができました。どっちも短い…(^-^;

073101
まずはめざましアクア

073102
「すごく濃厚な1日になるのではないでしょうか」

073103
大泉洋さんが「7時45分というと僕がお風呂に入っていた時間でして、皆さんが見始めた時間に僕はすっぽんぽんだったかと思うと、こんなことじゃいけないなと思いました」
なんかめっちゃおかしいですね。なおも続けようとする大泉さんに窪田くんがツッコミを…(笑)

073104
喰種チームと人間チームに分かれてのクイズ、やはり大泉さんが「僕は自分のシーンしか見てないからわからない」などと言って、窪田くんが「大泉さん、暴露しすぎです」
そういえば、シューイチでも東京喰種といえば、に対して「やっつけ」などと言ってて、めっちゃおかしかったですよね。

石田スイ先生が描かれた絵を見て「なにこれ。僕、死んだらこれ飾りますわ」と言ってたり、なんか1回目は大泉さんの独壇場だったみたいですね?(笑)
窪田くんと鈴木くんがその後の舞台挨拶で言ってたところによると、村井国夫さんが最強だったそうですけど(笑)なんかもう、ほとんど大泉さんにもっていかれちゃってたのかな?予想はしてましたけど(笑)

0731pon02
そして、こちらがPON!です

0731pon03
映画がついに公開された心境を語りました…ということで語っておりますが

「すごく汗水垂らして1カット1カット、本当にCGも大変なことですし、見てしまうとサッと見れる、それがエンターテインメントだと思うし、ようやく皆さんの記憶の中というか」

0731pon04
「知っていただいたことがだんだんと実感がわいてくるのかな」

窪田くん、言いたいことはなんとなくわかりますが、なんかよくわからないですよ?←
要するに、苦労して撮っても見たら一瞬、それがエンタメって言いたいのかな?と思いました。←ざっくりすぎ。そうですよね、ほんとに現場は大変なのです。俳優は肉体労働だって、前に窪田くんが言ってたような気がします。華やかな一面もあれば、裏では大変なこともたくさんですよね。わたくし、昔マンガを描いてたことがあると言いましたが、あれも同じで、何時間もかけて描いても、読むのはほんとに一瞬ですからね…そういうことですよね。今回の映画、窪田くんがどれだけ大変だったんだろうと、想像するに難くないですね。

そして、この後、窪田さんといえば洗濯…からの〜、次の話題にぬる〜っと移行してしまい、え??もう終わり??ってなっちゃいましたが…なんなの??きちんとけじめをつけて終わってくださいよってPON!に文句を言いたいです(笑)まだあるのかなと思って、その後しばらく見ちゃったじゃないですか〜!!!(^-^;

他の局でもやってくれてたかもと思いつつ、あまりの番宣の多さにHDDがパンパンで、もう何か録り損なってもあまり残念じゃなくなってる自分がこわい。ファン失格です。ほんとに…もう少し落ち着きたい。さすがにちょっと疲れちゃいましたよ…たはは(^-^;

そして、まったく関係ないんですけど、今回フレンドたちのおかげもあって舞台挨拶を全部けっこういい席で見させてもらって、舞台挨拶における良席は、映画を観るにはまったく適していないことを知りました。今まで遠くの席ばっかりだったから(笑)
横浜ブルク13が、特にスクリーンと客席が近かったということもあって、最前列の見づらさ…筆舌に尽くしがたいです。何もかもが歪んでるし…遠近感もおかしいし…(笑)贅沢言っちゃいけないけど、辛かった…(^-^;
東京喰種、あと1、2回は観る予定ですので、次に観るときは後ろのほうから、ちゃんと正しく観たいと思っております(*´∀`*)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 31, 2017

東京喰種2日目舞台挨拶その2

昨日は中途半端で失礼いたしました。予定としては、昨日横浜、今日二子玉川について書く予定でしたが、なんかごちゃごちゃになってどっちでしゃべったのかよくわからなくなってしまったので、適当に覚えていることを書きます〜(*´∀`*)←おい

Photo_2まずは横浜ブルク。

←見えづらいですが、窪田くんのサインがあります。

ここは桜木町、窪田さんはジモティーですねえ〜って鈴木亜門が振ると、窪田くんが「そうなんですよ、僕はハマっ子で」と言いつつ、中学の3年間バスケ部の子とつきあってたという衝撃の??新事実がさらっと披露され、会場の皆さん「ええ〜!!!」ってなってました(笑)びっくりです\(^o^)/
デートで観覧車に一緒に乗ったけど、何もできなかったそうです。

そして、永江Pから、ラストあたりのシリアスなシーンで笑いが起きてびっくりしたが、そのあと監督が「シリアスにもギャグにもとれるように作った」などと言い出して「そりゃないだろ」となったと、窪田くんが言ってました。(うろおぼえ)
そのシーンは(ネタバレになっちゃうかな?)、カネキが亜門の上に馬乗りになって狂ったように笑うシーンだそうです。あそこはリゼに乗り移られたようなカネキの狂気がすっごく表現されてたと思うのですが、アメリカ人の感性はどうなってるんでしょうね〜(^-^;(どうも…◯モを連想したんじゃないかという話でしたけど…それにしてもね)

亜門が木で作られたクインケを3本も壊し、ついには鉄に変わってすごく重かったとか、赫子の不気味な音、あれは氷に塩をかけて溶けるときの音だとか、おもしろい話を聞けました。気に入ってるシーンを聞かれた窪田くんが、大泉さんのシーンが気に入ってますと言って、さっと左手を上げて「君はこれと愛しあえるか?」とポーズをとったのがおかしかったです。すっごく可愛かった(*´∀`*)
真戸とトーカの戦いは秦野の水のない川で撮影してたんだけど、ちょうど台風が来ていてあんな川になってすばらしい映像が撮れた、これも運命だ、みたいな話もしていました。大泉さんが小栗旬と間違われたって話もおもしろかった覚えがあるのですが、細かいところを忘れてしまいました←おい

Photo_3おとといの豊洲、自分がどこに写ってるのか見つからなかったと言ったら、友達が教えてくれました(^-^;
この写真に、自分もお友達も全員写っている(らしい)ので、こちらを記念にあらためて貼っておきたいと思います。

そして二子玉川。
最後ですねという話になり、鈴木くんが「僕もこの舞台挨拶で窪田さんとまた一歩仲良くなれた、昨日LINEの交換をして、今日は焼肉の約束をした」とうれしそうに言って、窪田くんが「そうですね…口約束…にならないようにします」と言ったんですけど、口約束のあとに間があったので、会場から笑いが起きてました(笑)
質問コーナーでは、吐きそうになるほど食べれないものがありますか?というものに、レーズンといちごジャムとのお答え。映画の中でも食べてましたよね?と言われて「ほんとに気持ち悪かった」と言ってておかしかったです。果物は果物のままで食べたい、などと言ってました。そういえば、ハンバーグも同じ理由で嫌いって言ってましたよね?

主題歌は、戦ったみんなを終わったあとでつつんであげるようなのを作ってほしいと野田さんにお願いして作ってもらったそうです。歌詞を聴いてもらうといろんな心情がわかると。そして、エンドロールのサイドに流れる絵にいろんなヒントが隠されていると永江Pはおっしゃってました。原作ファンにとってわくわくする情報が隠されていると。あまり注意してみてなかったので、次に観るときは(まだ観るの??って感じですけど(^-^;)気をつけて見たいと思います。

赫子があったら何に使うかという質問に、鈴木くんがのどがかわいたときに冷蔵庫にばーっと伸ばしてアクエリアス取って、飲んでまた戻すなんて言って、それはただのぐうたらだねって窪田くんに言われてたのがおかしかったです。そもそも喰種はアクエリアス飲めないからっていう窪田くんのツッコミ、MCの人が「商品名はダメです」って言ってたのもおかしかったし、永江Pが満員電車で赫子を使って座るって言ってたのもすっごいおかしかったです。やさしい喰種ですね、でも通報されてCCGが来ちゃいますよっていう一連のやりとりに爆笑でした。

こんな感じだったでしょうか?
いろいろとうろ覚えですみません。窪田くんが舞台挨拶で「納得いかない部分もあったので、続編があったら改良していきたい」と言ったこと、白カネキをやってみたい?的なこと(うろおぼえ)を言ったこと、映画の構成上、このシーンは続編のフラグなのでは?みたいなシーンがあったことなどから、もしかして続編が決まってるんじゃないかなんて勘ぐってしまいましたが…果たしてどうなるんでしょう。白カネキは私もすっごく見たいですし、映画はこれから面白くなるところで終わっているので、これだけではもったいないと思います。でも、土日の興収がイマイチ伸びないようなので、心配ですね。公開前にも心配し、公開してからもいろいろと心配になっちゃう、ほんとにしょうがないですねえ〜(笑)
映画の感想はまたあらためて書きたいと思います。

Photo
3回の舞台挨拶でゲットしました入場者プレゼントのコースターです。四方さんを2枚も引いてしまったので、友達のリゼと交換してもらいました。欲を言えば、錦パイセンがほしかったな〜(笑)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 30, 2017

映画東京喰種〜トーキョーグール2日目舞台挨拶

喰種の舞台挨拶2日目、横浜ブルクと二子玉川へ行ってまいりました。横浜はなんと、生まれて初めて最前列が取れて(←人様のおこぼれではなく自力で!!!!!)もうめっちゃうれしかったのですが、窪田くんたちは反対側から登場し、しかも初日は何箇所も記念写真を撮ってくれたのに今日は1回だけ、しかも反対側からで、私たちは写り込むこともできず、なんたる運のなさ。持ってなさすぎ、私。もうがっくりですよ〜(笑)窪田くんにさわれる…じゃなくて握手を求めることができるかもとちょっと、いやかなり期待していたんですけど(←)もうなんだかな〜って感じです〜/(^o^)\

で、本日はちょっとお疲れモードで余裕がないので、ちゃんとした記事は明日書こうと思います。
二子玉もフレンドのおかげでものすごくいい席で見られて、ほんとうに幸せな(ちょっと不幸もあったけどw)1日でした。窪田くんも鈴木くんも永江Pもくだけてて、いろんな話が聞けたし(それは忘れないうちにメモしておきます)とてもよかったです。入場者プレゼントのコースター、カネキと四方さん再びだったので、四方さん2は友達のリゼと交換してもらいました(*´∀`*)こんな感じになると、なんかコンプしたくなっちゃいますよね〜←おい

この映画、エンドロールにもいろんな仕掛けがしてあるそうです。原作ファンの方ならわかるだろうって永江プロデューサーがおっしゃっていましたよ。これから観る方は、エンドロールにも注意してごらんになってくださいね。そして…なんだか…続編がありそうなニュアンスっていうか、雰囲気を感じましたよ。気のせいかもしれませんが…。詳しくは明日書きま〜す(*´∀`*)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 29, 2017

映画東京喰種〜トーキョーグール初日舞台挨拶

待ちに待った東京喰種の公開日、豊洲1回目の初日舞台挨拶に行ってまいりました。

新宿の舞台挨拶に行った友達の話では、衣装が違っていたとのこと。カジュアルで軽やかな感じで、窪田くんもリラックスしていろいろしゃべっていました。
しゃべったことはほとんど忘れちゃいましたが(←おい)ヒナミ役のひよりちゃんが「窪田さんは小食だと思った」と言うと、「すごい食べるよ?唐沢さんとごはんに行ってステーキ1キロ食べた」などと言っておりました。(グラム数はうろおぼえだけど…すげえって思った記憶)
質問コーナーで、なんとフレンドの質問が読まれ、うっそ〜ん!!とびっくり。すごいですううう〜\(^o^)/
キャラクターの誰かと1日(?)すごすとしたらだれがいいかとの質問に、白カネキに戦い方を教えてもらいたいなどと言ってました。

Photo
公式のtwitterに上がっていた写真を拝借。この中にフレンドが何人も写り込んでいるので、記念に貼っておきます。私も(この反対側で)わりと前のほうにいたんですけど、どこにいたのか全然みつからない…(´・ω・`)

なんか、こんなこと書くのもアレですけど、あきれるほど何人も、映画の途中で入場してくる奴がいまして、通路の近くの席だったので、集中がさまたげられて本当にイライラしました。舞台挨拶のはしごをしてきた人たちなんだろうけど、こんなにしょっちゅう途中入場者が出入りした映画は初めてです。スクリーンを堂々と横切りやがるし、本当に迷惑!!!!!!(口が悪くてすみません)
映画館も、そんな人を途中で入れないでほしいです。映画が始まってすぐならまだ許せるけど、もう終盤のクライマックスに入ってくるなあああ〜!!!!!
舞台挨拶が終わると映画も見ずに退場する人たちは今までさんざん見てきたけど、こんなに腹が立ったのは初めてです。激おこですo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

映画はもう、月並みな表現ですが、すごくよかった。ていねいに作り込まれていて、重厚な映画だと思いました。窪田くんのあれやこれや、もうすごかったです!!!!!終わったあと、となりに座ったフレンドと顔を見合わせて「すごかったね」って言っちゃいました。
特に赫眼がすっごく気に入ってしまって、作り物感のないリアルな感じがゾクゾクしました〜(*´∀`*)
ただ、金木くんがリゼの臓器を移植されたというわかりやすい描写がなかったこととか、クインケが喰種の赫子から作られているという説明もきちんとされてなかったと思いまして、(見落としているかも?)原作を読んでいない人にはもしかしてわかりにくいんじゃ?とちょっと心配になりました。原作を読んでいると、無意識のうちに補完してしまってるかもしれないし。

時間がなくなってきちゃったので、今日はこのへんで。書き忘れたことがあるような気もしますが、明日も舞台挨拶行っちゃいますので、もう1回(いや…実は2回)観て、ちゃんと感想書きたいと思います。
明日もがんばるぞ〜!!ちなみに、入場者プレゼントのコースターは、四方さんでした。個人的には外れでも当たりでもない微妙なラインです(笑)四方さん、ごめんね(^-^;

| | Comments (5) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧