映画・テレビ

February 11, 2019

映画「銀魂2 掟は破るためのみにある」その5

2
銀さん「伊東はてめえらに将軍暗殺の道具に使われたこと知ってんのか」
万斉「知るわけないでござる」

幼少期の鴨太郎かわいそう!!あまりにもなんでもできすぎて、周りの人間のことがバカに思えて、そういうオーラが出てたから人望がなかったのでしょうか。小さい鴨太郎くんには何の落ち度もないように思えて、かわいそうですね。がんばればがんばるほど、親にも友だちにも疎まれちゃって…ほんとかわいそう。

鴨太郎粛清シーンは感動的でしたが、ヒモが各自から出ている演出にちょっと笑ってしまった不謹慎な私。すみませんでした。
鴨太郎「僕が欲しかったものはとっくにそこにあった。僕は、絆が欲しいだけだった」
241
「白夜叉!!貴様は何がために戦う!何がために命をかける!もはや侍の世界の崩壊はまぬがれぬ。晋助が手を下さずとも、この国はいずれ崩れ落ちる。
244
「主ひとりがあがいたところで、止まりはせぬ。天人たちに食い尽くされ、この国に守る価値などもはやない。醜く腐るこの国に、いさぎよく引導を渡してやるのが侍の役目。この国は腹を切らねばならぬ」
245
万斉「鋼鉄の強度を持つ弦を…」
銀さん「今も昔も、俺の護るもんは何一つ変わっちゃいねえ!!!」

弦をぶっちぎり、ヘリをぶっ飛ばす銀さん。ありえません(^-^;
ビルにぶつかって大爆発してたから、てっきり万斉死んだと思いますよね…
247
生きていたでござる!!!
そんなわけねえだろとツッコミたいところですが…

高杉晋助になにやってんだよ的なことを言われて(←メモってなかったので不明)
「思わぬ邪魔が入ったでござる。何事にも重要なのはノリとリズムでござる。これを書けば何事にもうまくいかぬ。乗れぬとあらば、即座に引くのが拙者のやり方。」
249
「万斉…俺の歌には乗れねえか」と高杉さんに言われて
250
「奴らの歌に聴きほれた、拙者の負けでござる」
251
ここのフッと笑うシーンが… 実にかっちょいい〜〜〜!!!

このあと、山崎くんを見逃すシーンで「気が変わったでござる。主の歌、もう少し聞きたくなった」などと言っていますが、裏の顔が音楽プロデューサーというキャラクターが生きていますよね〜。ただの悪役じゃなくて、自分の信じるところに従って筋を通して生きている感がめっちゃいいですね(*´∀`*)
歌が下手くそだったら、容赦なく斬られそう…(笑)

という感じで、銀魂2終了でございます。万斉のみ、ざっくりすぎてすみません。一気にキャプってメモって返却したので、あれ??っていうところがあっても見直すことができなくて確認できないので(←おい)間違っているところもあるかもしれませんが、笑って許していただけると幸いです。
窪田くんもインタビューで言ってたみたいに、シリアス部分のみの出演だったので、ギャグをやるお茶目な万斉も見てみたかったですね(*´∀`*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2019

映画「銀魂2 掟は破るためのみにある」その4

232
233
「ノリとリズムが狂った。将軍暗殺は取り止めでござる。しかし、おぬしのことは消して帰るでござるよ」

銀さんが「おい、人が話をしているときにはヘッドフォンを取りなさい」と言ってるのがおかしいです
234
鴨太郎を利用したのかと言う銀さんに
「背信行為を平然とやってのける者を仲間にするほど拙者たちは寛容でござらん。また、信義に背く者の下に人が集まらぬことも、拙者たちは知っている」
235
銀さん「じゃあ、伊東は真撰組を江戸から遠ざけるためだけに使った道具ってわけかい」
万斉「哀れな男でござるよ」
236このポーズ、いいですよね(*´∀`*)
237
「おのれの器量を知るときにはもう遅い。真撰組とともに眠る運命だ」
238
ちょっとここらへんはなかなか万斉さんかっこいいので、たくさんキャプっちゃいました〜!!(*´∀`*)

江戸城内のアクションはかっこいいんだけどキャプしにくかったですが、銀さんとのアクションはスローモーションが多用されていて、キャプ自体はしやすかったですね〜。でも、せっかくスピードのあるアクションができる窪田くんなのに、なんだかもったいない気がしますよね。お城内部のアクションと外でのアクションはアクション監督さんが違ったという話を聞きましたので、その違いかな。お城内のほうが圧倒的にかっこよかったですね(*´∀`*)

ってなことで…ほんとは今回で終わるかなと思ってたのですが、意外とまだ画像が残っているため(←出し惜しみしてたから〜w)もう1回だけ続きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2019

映画「銀魂2 掟は破るためのみにある」その3

221
223
225
227
228
229「ほほう。江戸城の裏はこのようになっていたでござるか。」
230「天人たちのビルとつながれ、、傀儡政治の成れの果てでござるな」
231箱根にいる将ちゃんのVTR?を見て
「我々の動きを見通して、本当に箱根に逃がしてやがったとは…」

将ちゃんが淡々と温泉レポをしてるのがおかしかったですね。しかも途中でブッチする片栗虎(笑) 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2019

映画「銀魂2 掟は破るためのみにある」その2

本日はかっちょいい万斉さんをどんどん貼っていきます〜(*´∀`*)
212
213
214
万斉「主人からの言いつけは、将軍の首を持ち帰ること。そいつらを皆殺しにしても、将軍の首持ち帰るでござるよ」
216
217
片栗虎おじさんが繰り出したバズーカで部下全滅。
219
1人で城内へ斬りこむ万斉どん
220  
ちょっと中途半端ですが、本日はここまで〜!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2019

映画「銀魂2 掟は破るためのみにある」

銀魂2をレンタルしてきました。申し訳ないけど、円盤は購入せず。一昨年あたりだったら購入してたかもって思いますが、こういう物欲が最近減退してまして、あまり雑誌も買っていません。ファン失格ぎみです…(´・ω・`)

ってなことで、遅くなりましたが、キャプった万斉さんをひたすら貼っていこうと思います。現在クリ奇を絶賛?展開中ですが、クリ奇も若干飽きてきたし(←)、レンタルですのでもう返しちゃったし(←)、 クリ奇は少しの間お休みして、記憶が薄れないうちにこちらをやっとこうと思います。本編については、ごちゃごちゃガチャガチャしてていちいち書くのも面倒くさいし(←おい)ほぼ万斉さんしかキャプってないので必要最小限で言及することとします。小ネタも全部は理解できていないと思いますし(笑)

最初の1時間?くらいはまったく万斉は出てこないので、気持ち良く早送り。そんな私でも、床屋のくだりはちょっと止めて観ました(笑)もう〜…将ちゃんサイコーにウケますね。ゴールデンレトリバーのう◯こ…。佐藤二朗では笑えない私ですが、ここは大爆笑でしたね…(←小学生レベル??)

201
伊藤鴨太郎の裏切りに気づき、知らせに走ろうとした山崎くんをさっくり…
山崎「伝説の剣豪…河上万斉…」
202
「今は鬼兵隊の万斉でござる」
205
2065
怪しい屋形船で高杉さんと密談
206
高杉「絶好の機会だ。殺ってこい…  将軍を」

近藤勲暗殺をたくらむ伊東鴨太郎の陰謀で、真撰組は盛大に内輪もめしています。列車での大乱闘!!
208
そして、お江戸では松平片栗虎・警察庁長官と将ちゃんがキャバに行こうとすると…待ち伏せしている鬼兵隊の面々が!!
209
片栗虎「これはこれは…人斬りの万斉さんじゃねえか。こんなところでボヤボヤしていると…逮捕しちゃうよ♪」 
松平片栗虎、本当に人を食ったおっさんですね。素敵です。

ってなところで、出し惜しみして、本日はここまで!!

いよいよ明日から舞台が開幕しますね。私が観劇するのは16日。まだまだ先なので、ネタバレに注意しつつ過ごしたいと思います(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2019

「Diner ダイナー」情報解禁

蜷川実花監督、藤原竜也主演の映画「ダイナー」の情報が解禁されました。なんと!!窪田くんが殺し屋の役!!!ってことで、もう〜めっちゃ期待が高まりますね〜!!
出演陣も豪華です。特に斎藤工さんとの共演は私得(*´∀`*)

蜷川実花監督ということで、題材は怪しそうだけど映像はきれいそうだし、暗い画面でなにやってるかよくわからないなんてことはなさそうですよね。
藤原パイセン主演で、その他出演者の最初に窪田くんの名前があるのですが、二番手なのかな??まだ情報が出てないヒロインが二番手かな?

ニュース記事はこちら 。そして、オフィシャルサイトはこちら です。まだ情報はほとんどないですね。続報が楽しみです。個人的には、喰種よりも期待しちゃいます(←おい!!)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 24, 2018

十三人の刺客特典映像 その7

メイキングその4
1328

『侍とは』
「刀に剣に、志を立てると一度決めたら、ほんとにそれ一つのみを集中させて、毎日刀を振り、ほんと一筋なのかなとすごい感じてましたね。現代になかなかいないんじゃないですかね、侍のような人は。だから…侍のようになれたらいいですかね」
1329「フフフ…」


メイキングその4とかなんとか書いたのですが…なんとっ!この画像しか残っていませんでした(笑)もっとあると思って昨日の記事をあそこで終わらせたのですが、とんでもない勘違いでした(大笑い)昨日は別に酔っ払ってはいなかったはずなのですが…(^-^;


捜索中のクリ奇も見つかっておりませんので、明日からどうするか頭を抱えておりますが…/(^o^)\
大掃除を兼ねて、捜索をがんばりたいと思ってます。
みなさま、ステキなクリスマスを〜゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 23, 2018

十三人の刺客特典映像 その6

メイキングその3
1318小倉庄次郎を演じて

「小倉くんは…気持ちは同年代の子達には誰にも負けないぐらい強いと思うんですけど、やっぱり大人の人たちが空いてだったから、あまり人を斬ることはできなかったかなというのは少し感じていますけど、でもやっぱり芝居の中でしか相手と会話できないというか、気持ちでしかコミュニケーションできないというのは、ほんとに今回感じられたので…」

1319
アクションシーンのあと、「大丈夫ですか?」と相手を気遣う
1322
1321
1324
ナレーション『どんどん役に入り込み、いよいよ最後の力つきるシーンの撮影』 
1326
1327
ナレーション『役から抜けられず、窪田はセットチェンジ中も演技を続けた』

本編での平山師弟の最期のシーンには本当に感動しました。最後の最後まで、命が燃え尽きるまで戦ったんだという感じが出ていてすごかったですが、そこまで役に入り込んでいたんですね。この映画を観たときにはまだ窪田ファンではなかったのですが、師弟が印象的だったので、よく覚えています。死なないでほしいなと思いつつ見ていたのですが…( ´;ω;`)ブワッ

というところで、本日はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2018

十三人の刺客特典映像 その5

メイキングその2です(*´∀`*)
1310
ナレーション『負けず嫌いゆえに、人気のないところでいつも練習をしていた』
1311
1313
1314
撮影者「バッチリ決まりましたか?」
窪田「ダメですね」

1315
「できない自分にすごい悔しさを感じ、周りの人たち、経験を重ねてる人たちばかりなので、そういう意味で悔しかったというのが一番強いですかね。」
1316
いろんな都合上、  本日はここまでとさせていただきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2018

十三人の刺客特典映像 その4

特典映像その4はメイキング
冒頭、みんなが一言ずつコメントしてるのが、血まみれ泥まみれな顔で笑顔なのがシュールな画像でおもしろい!!
1302
「もっと乗りたかったですし、もっと人を斬りたかったです」

何に乗りたかったんだろう?馬?
1303
刺客たち13人と、明石藩の方々、それぞれちゃんと同じくらいの尺でやってくれてて、けっこうよかったですねえ。
1304
「他の12人の侍は、みんな自分は知ってる人たちで、その中に無名の自分がいたのがちょっとプレッシャーでしたね、はい。 正直に。感じてます。感じてました。」
1305
1306
1307
1308

同じようなのをたくさん貼ってすみません。ここの、いろいろ確認してる姿がなんかほんとに初々しくて…(*´∀`*)

そして、メイキングはまだまだ続きます。
クリ奇のディスクは引き続き捜索中です(´・ω・`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧