« Xmasの奇蹟#5「覚醒」 | Main | 十三人の刺客特典映像 その2 »

December 18, 2018

十三人の刺客特典映像 その1

当ブログを毎日見てくださってる方は、あれ?なぜいきなり十三人の刺客?クリ奇はどうした?と思われたかもしれませんが…実はとんでもないことが発覚しました。ディスク1が終わったからさあディスク2だと思ってボックスを見たら…なんと!!ディスク2がないんです!!いったいなぜ?その他は全部あるのですが…ディスク2だけどこかに持ち出した記憶もなく…せっかくさあやるぞ!!と重い腰をあげたとたんにこれですよ…(´・ω・`)
(いや、やる前に気づけよって話ですよね( ̄Д ̄;;)
さすがに2を抜かして続けることはできません。ディスク2の捜索中に、やはりどこかにいってた十三人の刺客特典ディスクを発見しましたので(←なかったんかい!!)とうぶんディスク2を捜索しつつ、こっちをやっていこうと思います。ほんとに…自分でもなぜなんだあぁ!!って感じですが…(´・ω・`)

とりあえず、メイキングはちょっと大変なので後回しにして(←)キャストインタビューから!!

13201
13203
『映画を観て』
13204
「本格的時代劇ということなんですけど、その名のとおり、観ていてCGを極力少なく使っている、最低限のことにしていて、できる限り本当にやっているように見せているのがすごい伝わってきて、観ていて圧倒というか迫力があって、観終わった後に衝撃の余韻が残る作品でした。」

13206
『乗馬シーン』

「普段乗っている自動車とかではなくて、生きているものに乗ったときの温度とか、足を見たときの迫力とか、すごい圧倒されましたね。
走る前にアクション監督さんたちが、馬にどこをどの速さで走らせるのとか順番とかを先に馬に教えるんですよ。それから自分たちも軽く駆け足で走ったり、それから本気で疾走するっていうのがあったんですけど、やはり本気で疾走しているときは馬も競争しているように、前の人を追い越すはずないのに馬が勝手に先にいったりするというのがあったりしたので、馬同士がぶつかったりして、役者同士足とか肩とかぶつかったり、60キロ、80キロの中であったので、怖かったりしました。」
13209
『印象的な共演者』

「伊原師匠ですね。伊原さんの殺陣のシーンとかも、伊原さんの後ろにくっついててだったんですけど、やはりアクションされてた方ですし、本当に殺陣とかもかっこよくて、やっぱり迫力が違うんですよね。だから、唯一弟子なので、負けないようにというか、がっかりさせないようにというのを内心では思っていました」
13210
『映画のみどころ』

「もちろん描かれているのは時代劇なんですけど、現代に置き換えられるところがありますし、日本にしかできない、他の国には真似できない作品だと思いますので、日本人にしかできない、侍というか、武士の心、軽くではなくて、常に命をかけて何事にも取り組んでいるんだなっていうのは映像を見ててすごく思ったので、観終わったあとに、男女問わず自分と置き換えてみて、頑張るというか、プラスな力になれたらと思います」

窪田くん、初々しいですね〜(*´∀`*)
ところどころ何を言ってるのかよくわからないところは、昔から変わらないのですね(*´∀`*)←コラー!!
そういえば、以前QPの記事で、十三人の刺客のキャストインタビューが全員血まみれでシュールだったと書きましたが、メイキングの間違いでした。なぜかキャストインタビューだと勘違いしていたようです(^-^;

しかし、腰の重いわたくしがほんとに重大決意をして始めたクリ奇だったのに、あっというまに挫折って、情けないにもほどがあります。ディスク2の捜索活動は引き続きやりますので…クリ奇の続きを楽しみにしてくださってた方(←いないかもという疑惑がw)ほんとに申し訳ありません。見つかったらソッコー再開いたしますので!!!

|

« Xmasの奇蹟#5「覚醒」 | Main | 十三人の刺客特典映像 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 十三人の刺客特典映像 その1:

« Xmasの奇蹟#5「覚醒」 | Main | 十三人の刺客特典映像 その2 »