« 映画「犬猿」その8 | Main | 犬猿・特典映像-メイキングその1 »

November 03, 2018

映画「犬猿」その9

64
「さっきは逃げてごめんなさい。本当は見捨てようとしたんだ。お兄ちゃん死んだら自由になれると思っちゃった。ごめん…俺最低だったよ。全部お兄ちゃんの言うとおり…警察に通報したの俺なんだ…ごめん」
「おまえさあ…子どものころ、俺のこと好きだったんだよ。いつもくっついてきて…俺の真似して…何言っても笑ってさ…俺のこと好きだったんだよ…」

兄弟も、姉妹のやりとりも、胸が痛いですね。子どもの頃は無邪気に遊んでた兄弟姉妹…大人になるといろいろとアレですよね…。
子ども時代の回想シーンが挿入され…兄貴はいよいよ死ぬのか!!!とか期待…じゃなくて心配しましたよ〜。
66
姉妹の会話もなかなか辛かったですね。
「なんで姉妹なのにあんた全部持ってるの…あたし何も持ってない…なんで…私は何も持ってない…ずるい…ずるいよ…」
「あんたへの嫉妬で、毎日苦しいよ」
「あたしだって、嫉妬してるよ」
頭が良くて仕事ができてしっかりしてる風なお姉ちゃんも、要領よくお気楽に生きてる風に見えた妹も、どちらもコンプレックスを抱えていたんですよね。

兄がめざめたとき、なぜか由利亜がそばにいるシーン、映画館で笑いが起きてました(笑)お兄ちゃんじゃないけど、「なんで??」って(笑)
67
病院のコンビニでお金を貸してあげる真子とのシーンは和成の成長を表していると監督が言ってました。
68
病院の屋上での会話、アドリブっぽいなって思ってたら…メイキング見たら、やはりアドリブだったみたい

70
兄の面会に行く和成。

なごやかに会話していますが…だんだん険悪な雰囲気に(^-^;

姉妹のほうも、おたがい不自然に褒めあったりして…だんだん言い合いに(^-^;
72
「たしかに変わんねえかもな。俺も、おまえも」

太鼓の音とともに、険悪な4人の顔がだんだんアップになっていって
74最後、和成が何か言おうと口を開くところで、プツッとエンディング。
ここは何テイクも撮ったそうですね。舞台挨拶で監督がいろいろ言ってたと思いますが…たしかメイキングにもそのシーンがあったと思いますので、あとでたしかめたいと思います。   

というわけで、なんと9回にもなってしまいましたが…キャプった画像はほぼすべて使えて大満足です。 
感想も細切れになってアレですが…情けなくも愛おしい人たちを、容赦なく赤裸々に、イヤな部分も包み隠すことなく描写する吉田監督、ほんとに…只者ではないと思いました。一見いい人そうな和成が一番ダメなやつっていうか…(笑)自分はこんな(地味な人生)でいいんだと言いつつも、成功した兄貴に嫉妬してたり…いじめられたらちゃっかり兄に言いつけて復讐してもらってるくせに兄の犯罪を警察に通報したり…(←これはいいんだか悪いんだか(笑)
器がちっちゃい男っていう表現がぴったりなのかな(笑)窪田ファンですけど、そこは認めざるをえない(笑)また、そういう姑息な男を窪田君はうまく演じていたと思います。
漫画原作とかアイドル系(ジャニーズさんの脇)のお仕事よりも、こういう地味だけどいぶし銀な作品にもっと出て欲しいなって思います。

|

« 映画「犬猿」その8 | Main | 犬猿・特典映像-メイキングその1 »

Comments

たまぴよさん、こんばんは。
こう言う映画は本当に窪田君の演技が生きますよね。
沢山キャストいなくても見ごたえはあるし
兄弟が居ればどれかの気持ちに入り込めるし、綺麗事にしないでガッツリ闇の部分が描かれているのがまた良いです。お兄ちゃんは生き下手なんだろうけど憎めない、どーしても和成には手加減しちゃうのは、お兄ちゃんなのかしら?それに気づかない和成も和成ですが。
お兄ちゃんはゆりあにもドストレートだけど、嫌味じゃないしそのままを見ているから、ゆりあも力が抜けるのではないかななんて
妹ちゃんはそんな事ばかりしていたら、今に誰もいなくなりそう。
和成は八方美人で自分上手く使っているくせに、自分に自信が持てないほんと闇闇な子ですね。
しかし私はお兄ちゃんの死にかけの、和成が昔はひっついてきた話で泣かされちゃいました。
まさかここで新井パイセンがやらかしてくれました。
もうお兄ちゃん死んじゃ嫌状態です。
ま、生きてましたが(笑)
小さい映画館での上映で、わざわざ遠出して、中々楽しめました。
キャストが少なくても魅せる映画はシュウチュウ出来るので良いです。

Posted by: 蒼 | November 04, 2018 09:03 PM

>蒼さん

なんかこうやっていろいろほめたばっかりなのに、報知映画賞のあの仕打ちにはがっくりきますよね。
わざわざ遠出してごらんになったとのこと…お疲れ様でした。たしかに映画館では集中できるので、家でだらっと見るのとはまた違いますね。またこういう渋い映画に出て欲しいものですよね。

Posted by: たまぴよ | November 12, 2018 11:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画「犬猿」その9:

« 映画「犬猿」その8 | Main | 犬猿・特典映像-メイキングその1 »