« 映画「犬猿」 その2 | Main | 映画「犬猿」その4 »

October 28, 2018

映画「犬猿」その3

07
出所そうそう、弟をつれてキャバクラに行く兄
お金持ってないよと言う弟に、溜め込んでるんだろと兄。
「あるわけないだろ、毎月借金返してるんだから。わずかな貯金だって、老後の蓄えだよ」
「お前、その年で老後の心配してんじゃねえよ」という兄弟のやりとりがおかしいです
09
兄が刑務所に入ったのは誰かがチクったから。キャバクラ店長や用心棒を含めて、不穏な空気が漂います…
10
キャバクラ用心棒や店長を容赦なく痛めつける兄。その様子を見るこの顔… 。
真面目で気弱そうな弟くんの、闇を垣間見た感じ…(lll゚Д゚)
11
12
「(お肉)食べたいですよね」
「食べたいです…じゃ、そろそろ」
13
「最近、近所においしい店ができたんですよ。行ってみたいですよね」
「行ってみたいです。じゃ、そろそろ」

繰り返されるやりとりがおかしいです。和成、鈍感なのか、わざとスルーしているのか(笑)
14
妹が誘うと、あっさりOK。なんか…切ないですね(笑)
この時点で、妹は姉のために誘ってあげたみたいなんですけど…

兄弟と姉妹の様子が交互に描写され、乱暴者で適当な兄とまじめで堅実な弟、しっかり者の姉とちょっとおバカだけど一生懸命な妹の対比がみごとです。クスッとしたり、うんうん!!とうなづいたり…自分が兄弟の上か下かでも、 一人っ子でも、それぞれ感じ方が違うんじゃないかと思います。誰に感情移入するかっていうと…やはり私は姉の由利亜かなあ。妹がいますが、末っ子特有の要領のよさをうらやましいと思うこともありましたしね…。がんばっているのに(容姿にめぐまれないばかりに)報われないお姉ちゃんが気の毒だなと思ったり、妹がせっかくやっていることを取り上げたりってのは「ダメな姉あるある」だよねって思ったり…誰に感情移入して観るかで、また違ってきますよね。

|

« 映画「犬猿」 その2 | Main | 映画「犬猿」その4 »

Comments

たまぴよさん、こんばんは。
「犬猿」和成って以外に闇属性じゃないかと、案外分かっている子だと思いますよ。下は色々見てますから。
私も目線は姉の方です。
二人兄弟の下ですが家みたいな家系は長男以外は子じゃないので(´・ω・`)
周りの方にはよくまともに育ったねと言われるくらい。
ゆりあを見ているとなんか力抜けよとか思えてしまいます。
お兄ちゃんはあんなんでも嘘はないから、個人的には好きでした。憎めない感じでした。

Posted by: 蒼 | October 29, 2018 12:49 AM

>蒼さん

闇属性ですよね〜(笑)
駐車場での出来事もちゃんと兄にいいつけてるし、幾野姉の好意をうまく利用(?)しているふしもあるし、窪田くんの外見にだまされますが、けっこうイヤな奴かもですね(笑)
お兄ちゃんが憎めない感じというのも同感です。不器用な優しさがほぼ通じてないところも、なんか切ないですし(^-^;

Posted by: たまぴよ | October 29, 2018 09:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画「犬猿」その3:

« 映画「犬猿」 その2 | Main | 映画「犬猿」その4 »