« アンナチュラル最終話 その2 | Main | アンナチュラル最終話 その3 »

March 19, 2018

ろっくんにチェンジしました

アンナチュラル最終話その3を書いてたのですが、あとちょっぴりなのにどうにもこうにも間に合いそうにないので…(←おい!!)急遽チェンジで、毎度おなじみ穴埋めヤギレースの記事になっちゃいました。なんでもっと早く取り掛からなかったんだ〜…ってなわけで、ほんと申し訳ありません。

Photo先代のかずなりもわりとヘタレで、10歳で引退。もうちょっとがんばってくれてもよかったのにって感じですが、窪田くんの次のお仕事も発表なくて、次の子の名前どうしようかな〜、やっぱり六郎に再登板してもらうしかないけど…「ろくろう」も「ろくさん」も使ってしまったし…と思っていましたら、我がブログのレギュラーコメンテイターの蒼さんが、毎回「ろっくん、ろっくん」と連呼されているのを思い出し、「ろっくん」を採用させていただくことにいたしました。

蒼さん、いつもお返事もしないのにコメント入れてくださってありがとうございます。ほんとに申し訳ありません。他にもコメントしてくださっているにゃおすけさんや梅ちゃんさん他の皆様、いずれも大変申し訳ありません(´・ω・`)そろそろ本気出さねばと思っているのですが…。

これだけではナニなので…六郎くんが三男なのになんで六郎なのかと、私なりに考えてみました。お兄さんは2人いるけど、その他にもお姉さんが3人いて、ほんとは6人兄弟の末っ子だから六郎。久部パパ、めっちゃがんばりましたね!!(←おい)
もしくは、お兄さん2人がなぜか二郎と四郎…で六郎(←おい)
もしくは、優秀な医者だったおじいちゃんの命日に生まれて、生まれ変わりということで古風な名前をちょうだいした。父はすごく期待してたのに、このありさまなので勘当されてしまった。などなど、いろいろ考えてみましたが、いかがでしょうか。皆さんのご意見も聞きたいですね(*´∀`*)
手塚治虫先生のキャラクターに間久部緑郎(まくべろくろう)というのがいて、そこから取ったのではないかという説もあるようですね。この緑郎くんはかなり悪いヤツみたいなんで、へっぽこな六郎とはちょっと違うかな ?(笑)
ほんとのところを野木先生に聞きたいところですね(*´∀`*)

大変くだらなくてすみません。アンナチュラル最終話一気にやりたかったのに、こんなのはさんじゃって、ほんとにかっこ悪すぎです(´・ω・`)

|

« アンナチュラル最終話 その2 | Main | アンナチュラル最終話 その3 »

Comments

たまぴよさん、こんにちは。「何故、六郎か?!」お題、ありがとうございます(^^)一生懸命考えました!

1、三澄ミコトという名前に3が二つ入っているので、3+3=6。つまり、続編ストーリーの暗示ですね。

2、野木先生がラーメンが好きだから。「ラーメン才遊記」という本を久部緑郎(ろくろう)さんが書いているそうです。

3、優秀そうに見える六郎くんのお父さん、実は医学部に七浪で入っています。で、息子には自分を越えてほしいと願って。

などと考えましたが、私の正答はこれです!

「三男なのに六郎という名がアンナチュラルだから!」(爆)

Posted by: 梅ちゃん | March 20, 2018 01:52 PM

たまぴよさん、こんばんは!

ドラマの方にコメントさせてもらおうと思っていたのですが、ちょっとタイミングがズレてしまいました。

六郎の名前は絶対に本編で触れてくると思ってたんですが…。東海林が何で三男なのに六なの〜とか。医学に由来でもあるのかなとも思ったり。
間久部緑郎からマを抜いた、つまりマヌケなロクロウというのもどこかで見た気がします。お兄さんの名前が知りたいですね。

Posted by: にゃおすけ | March 20, 2018 08:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ろっくんにチェンジしました:

« アンナチュラル最終話 その2 | Main | アンナチュラル最終話 その3 »