« 犬猿初日舞台挨拶 | Main | 花子とアン再放送107話 涙はいつか笑顔になる »

February 11, 2018

オーディション3月号

01オーディション2018年3月号

この表紙を見た途端、何のためらいもなく購入(笑)
表紙になってるものは、基本的には購入することにしていますが、これはいいですね(*´∀`*)

02中身もちょっぴり。こんな感じになっています。

この仕事ではわりとMで、監督が求めるならどんなにつらくてもきつくてもそれを表には出さない。仕事しているときも友達といるときも、自分の気持ちを言えるほうじゃなくて溜め込むところがあって、そんなところが(犬猿の主人公)和成に似ているところがあり、自分自身も真面目なほうだと思うので、和成の気持ちとリンクするところがあるそうです。

これまでの役者人生で転機になったのはデスノート。そのときに視野がデビュー当時より5ミリくらい広がったと言っていたけど、今は1センチくらいになったかもしれないと言ってて、おかしいです。
30代のうちに大河ドラマに出たいそうです。ぜひ、観たいですね!!
できればメジャーな時代で、達者な脚本家さんで(←)メンバーも豪華なやつで(←願望が…図々しすぎ(^-^;)

オーディションという雑誌名にちなんだエピソードとして、蜷川幸雄さんのオーディションを受けたときのことを話していました。これは滝の白糸の舞台のときにも言ってましたね。

多忙な日々の中のプライベートな楽しみは?という質問には「カラオケにこの前一人で行った」とのことです。RADWINPSとかAimerを歌うそうです。カラオケも一人で行ったら楽しかったので、何事もやってみるものだと思ったとのこと。一人でカラオケってほんとかな?って…ちょっと疑ってしまいますけど…心が汚れていてすみません( ´艸`)

昨日いろいろとバタバタしまして、アンナチュラルのキャプができませんでしたので、本日はこんな感じで失礼します。

|

« 犬猿初日舞台挨拶 | Main | 花子とアン再放送107話 涙はいつか笑顔になる »

Comments

たまぴよさん、こんばんは。
こちらの雑誌、私の本屋さんは予約分でなくなり取り寄せて頂きました。
何時もと違う事も聞けたしビジュアルもよくて満足です。
名前的に買うの恥ずかしかったですが(´・ω・`)
さてまた切ない事件がありました。
王様のブランチ
ブランチ自体はやっていて、買い物の達人の予告も薙がれていましたが
はい、買い物の達人カット入りました(泣)
やらないとか有り得ないですよね?予告まで流れてですよ(´・ω・`)
あげくにブランチ自体の録画消されて、踏んだり蹴ったりです。
犬猿と相性が悪いのでしょうか私(´・ω・`)
買い物の達人は動画でみましたが、窪田君が可愛くて非常に残念です。
田舎の放送局のセンスと先見のなさに頭が下がりました。違う意味で。
全国で放送統一して欲しいです。
で、地方情報時間は何時と決めてその時に地方番組流してほしいものです。
今回は重ね重ね辛いです(´・ω・`)

Posted by: 蒼 | February 12, 2018 12:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オーディション3月号:

« 犬猿初日舞台挨拶 | Main | 花子とアン再放送107話 涙はいつか笑顔になる »