« キネマ旬報NEXT Vol.13 | Main | 僕たちがやりました#8 その2 »

September 06, 2017

僕たちがやりました#8

昨日、、見終わって…呆然としつつ、なんて残酷な物語なんだろうと思いました。やりきれない気持ちになりましたよ。当初、市橋には同情もできなかったし、本来は市橋が自殺しようとなんとも思わないはずなのに、友達になって仲良くなってからのアレだから、予想はしていたけどあの展開はショックでした。いろいろとひどいです…(T^T)
トビオ、おばあちゃんのことも身体のことも聞いてるはずなのに、おばあちゃんが死んじゃって心折れてる市橋に、蓮子とつきあってることをなにも今言わなくたっていいじゃんとか、結局トビオが市橋の背中を押してしまったんだとか、いろいろ考えてたらほんとに暗い気持ちに。いやでも、8話はおふざけが少なくて、最初から最後まで本当に見入ってしまいました。今宵ちゃんと伊佐美、きのことうんこ(←笑っちゃうんだけど…)、パイセンとお父さん(←)、みんなそれぞれがそれぞれつらい展開で…(マルはたいしたことないんだけど)
今宵ちゃんのお父さんは笑うところですか?唯一の癒し(笑)
原作では梅宮辰夫だったらしいですね(笑)パイセンのお父さんもとんでもないキャラでしたね。

804幸せいっぱいでデートする二人。蓮子ちゃんまで変顔(^-^;
ここらへんの変顔がおかしくて、何枚もキャプったのですが、全部載せるわけにはいかない(笑)

806「いつか、ああいう家族になりたいよね」
「じゃあ…結婚すっか」

809
幸せすぎて「にゃおん!!」とか言ってるところは可愛いんですけど…

811蓮子とつきあってることを俺が市橋に言うと言ったものの、やはり言い出せないトビオ

ここの、オープニング曲の入り方がめっちゃよかった!!

812「俺は市橋のことを何も知らなかったんだ」と言うトビオに「ほんとに仲良くなったんだね」と微笑む蓮子。はっとさせられるセリフでした。

813何を考えているのでしょうか…

815市橋に誘われて遊びにいくトビオ

819これ、何をやってるんでしょうね。なんだかわからない(笑)

821

816市橋君、めっっちゃイケメン(*´∀`*)
隣の人(←)変顔すぎ(笑)

8話を見終わってからここらへんを見返すと、死ぬ前の思い出作りだったのかなって、めちゃくちゃ切なくなります。自分をこんな身体にしたのはトビオたちだって知らずに、最高の友達だったなんて…そんなこと言われて死なれたら、一生消えないトラウマになるんじゃないでしょうか。
なんか気持ちが重い。ドラマの初期には、こんなふうに市橋に感情移入することになるとは夢にも思いませんでしたよ…(´;ω;`)ウウ・・・
なんかうまくまとまらなくてすみません。という感じで、また残りは明日に。

|

« キネマ旬報NEXT Vol.13 | Main | 僕たちがやりました#8 その2 »

Comments

たまぴよさん、こんばんは。
今回もスゴく良かったです。其々の孤独が描かれていて
OP皆さん言ってますが入りがスゴく秀逸でしたね。僕やりさんっておふざけの見せ方はやり過ぎ感ありますが、エロやシリアスは巧いなとおもいます。窪田君ベッドシーン(おい)実は大したことしていないけど、スゴくエロくみえますし。
市橋は多分トビオが犯人なの分かっていたと思います。けどその垣根を越えてトビオと触れあい、わだかまりの中でも市橋の側にいてくれた事が嬉しかったんじゃないかとおもいます。
ただ普通に歩けない事や、おばあさんの事なんかで市橋は死なないとおもいますし、ある意味トビオを解放しようとしたのかなともおもいます。
逆効果だけど。
アレは知っていても辛い展開でした。パイセンの方は次週予告見る限りないのかな?
今宵ちゃんはスゴく良い子ですよね。
で、父の回転技はクラウディアなんですがちがいましたね(笑)
たまぴよさんの怒濤のお返事見ながら、窪田君は道程の演技がヘタには笑いました。
あの窪田君にもなりきれない演技があったんですね!
その欠点が愛しいです。
因みに僕やりはマルだけは可哀想に思えないあたり(;・ω・)

Posted by: 蒼 | September 07, 2017 at 01:13 AM

たまぴよさん、お早うございます。
8話、どこから書いたらいいのか分かりませんが、市橋の死は本当に残念でした。トビオと市橋は心に悔いと傷を持つもの同士、お互いのよいところを見て、お互いのよいところを引き出し合える、そんな友だちになれたと思ったのに。いろいろあるけど、それでも一緒にいること自体に意味を見いだし合える二人になれると思ったのに...。
これから生きていくには、市橋は孤独過ぎたのでしょうか?トビオと遊んでいる時の市橋の笑顔は、穏やかで誠実であどけなくて、そのまま遺影になってしまうようで辛かったです。
「生きろ!死ぬな!」というエンディング曲の歌詞、市橋に届いてほしかった。

パイセンも憐れでした。父親... とは言えない。けれど、自分の父親を殺したいと思っている菜摘先生にその居場所を教えたということは、殺されてもいいと思っていたということ?追い詰められたパイセンの心の闇が不安です。

今宵ちゃんのこととか、書きたいことはまだまだありますが長くなってしまうのでまた次に書かせて下さいね。
たまぴよさん、たまぴよさんや皆さんの感想を読めて、自分の気持ちも書かせてもらえる場を作って下さって本当にありがとうございます!

窪田くん、何だか市橋の引き立て役のようなトビオを見事に演じていますね!これから輝き始めるトビオに期待大です!

Posted by: 梅ちゃん | September 07, 2017 at 07:31 AM

たまぴよさん、こんにちは!
僕やり当日はなかなか眠れず、昨夜は早くから爆睡でした。本当に色々考えちゃって…。

私も市橋は気づいていたんじゃないかなあと、確信は持てなくても何かを感じていたような気がします。トビオも無意識のうちにビデオレターで告白しちゃってる、後悔してるなんて。それを受けての市橋の自殺は本当に辛い。ぶつけ合えば怒りや憎しみが生まれ、生きる力に変わったのかなあ。大事なことをちゃんと話さないままのあの2人のやりとりは、それでも互いを思う気持ちも感じられて、思い返しても苦しいです。市橋はわかった上で、トビオを友達と思い、赦して逝ったのかなあって思うと涙が出そうでヤバいです。でも、これで本当にトビオは罪と向き合い続けることになったわけですよね。顔も知らない誰かが死んだのではなく、友達を死なせた。

まだ見返したら、色んな気づきがあったり、捉え方が変わりそう。はっきり言葉にしていることと本当の気持は少しずつ違っていて、多分原作がそうなのかもですが、それを表現しようとしているスタッフもキャストもすごいなあと思います。

本当にオープニングの入り方良かったですね。あと最後の曲が止まってからのあのシーン、なんかすごかった。オープニング曲も僕たちがやりましたも、ドラマの演出の中ですごく効いてますよね。歌詞も良いです。「いつか綺麗な大人になれるかな」って歌詞を聴くと、トビオ達も本当はなりたかった自分があっただろうなあと、切なくなるんですよね。

本当に長々すみません、スルーして下さいね〜。

Posted by: にゃおすけ | September 07, 2017 at 12:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/65758500

Listed below are links to weblogs that reference 僕たちがやりました#8:

« キネマ旬報NEXT Vol.13 | Main | 僕たちがやりました#8 その2 »