« 僕たちがやりました#8 | Main | QLAP!8月号 »

September 07, 2017

僕たちがやりました#8 その2

822

825
「犯人、クソ野郎だよ。今頃、自分がやったこと絶対後悔してると思うからさ」

826「市橋、おまえは幸せになれ!!」

828
「いるんだろ?」って言われて、私のほうまでドキッとしちゃった(笑)

830
言いたいことあるんだろと言われて「蓮子とつきあってる」と言ってしまう

831
殴られると思ってビクッとするトビオに「コングラチュネーション」
「こ、コングラチュレーションだろ?ヤバ高…勉強しろよ」

833
市橋からの動画が…ほんとに切ない。前からこうしようと思ってた、希望がゼロになっただけ…と言うけど…イケメンなんだし、一から出直してなんとでもなるでしょうよ!!なんで今このタイミング…?と説教したいですよ。やはり残酷だなあと思わざるをえません(´・ω・`)

835
トビオ、後ろ後ろ〜!!!やばいものがバッチリうつってる〜ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
『あ〜、くるかなくるかな』って思いつつ見ていたら、ここ、ほんとにびっくりして「うわあ」って言っちゃいました〜←

836

837

838
ドサって音がして、ビクッとして、おそるおそる後ろを振り向く、この間がなんともいえなかったですね…( ´;ω;`)ブワッ

昨日一気に感想書いちゃったから今日はアレなんですけど、コメントで皆さんの意見を読ませてもらって、なるほどそうかなって思いましたし、こうやっていろいろと吐き出せる場所があってよかったなと。一人で見たあと悶々としてたらツライ。

今宵ちゃんと伊佐美も、なかなかの衝撃でした。翔ちゃんが好きだから別れを選択するっていう今宵ちゃん…おバカな子かと思っていたら、しっかり考えているし、マルとうんこのやりとりもどこか切なくなっちゃうし、やっと父に会えたパイセンもすっごいかわいそうだったし(パンセンの親父のキャラ、おっそろしくぶっとんでますよね(^-^;)ここらへんも詳しく書きたいところですが、なんかもううまくまとまらないし、この8話はつまんないなって感じるところがまったくなくて、最初から最後まですっごい集中して見ちゃったって感じでした。

蓮子とつきあうことになったって言ってすぐ帰っちゃうトビオ、気まずいんだろうけどもっとアフターフォローしろよとか、自分たちがすっきりしたいんだろうけど今言わなくていいだろとか、トビオに説教したいことが満載ですよ。ちょっと前まで市橋なんてどうでもいいしとか言ってたのにこれですよ。トビオがクズなのも原作通りで、クズに見えるのもちゃんとそういう演技してるからなのだろうけど、やりきれません。展開は原作通りらしいし、作り手側の思うツボにはまっております〜(笑)
なんか、言いたいことがうまくまとまらないっていうか、頭のよさそうなことを書きたいのに、全然無理な自分が情けないです(笑)いよいよ来週から最終章、どんなふうに着地するのか、楽しみにしています。ほんっとに視聴率もそうだけど、いろいろと私たちを悩ませる、罪なドラマだと思います(^-^;

|

« 僕たちがやりました#8 | Main | QLAP!8月号 »

Comments

たまぴよさん、こんばんは。
後々考えたら市橋は幸せを選んだってのは、多分トビオや蓮子と言った、恐らく自分の為に泣いてくれる人がいて、トビオとは飾らずにつきあえて、それが市橋にとって最大のしあわせだったんではないのかなと、だからその幸せを永遠にしておきたかったのかななんて思っちゃいました。
パイセンのパパ美しいのがお好きなんですよね。パイセンのお母さん美人なんですよね。
それってパイセンあんたの遺伝子じゃん。あんたもヒデーんじゃんとか私は突っ込みました。
常に視聴率は低いですが、今は視聴率の時代じゃないらしいです。
僕やりの攻め方は今の時代に重くて良い気がします。
罪から逃げる本当の苦しみ。
失って気付く虚しさ
死の痛み、生きる痛み
愛の意味
役者さんがそれを巧く出してくれているので、考えて欲しいです。
子供にこそ知って欲しいです。
私は小さい頃戦争の番組で、刀で人を殺せば手に感触が残る、銃で殺せば手に匂いがのこる。
兵器でころしたら目に耳に記憶に残る。
しっかりとは覚えてませんが、こう言うコメントを聞いた事があり、仕方ない罪でも決して事実は消えないと知った事があります。
若い子が命と向き合う機会は少いですが、考える事は必要ですもの。
しかしながら窪田君はこう言う深い痛みのある役が巧いですよね。
そう言ば座長窪田君は間宮君にも誉められてましたね。割りとストレートな間宮君に言われると嬉しいものがあります(*´ー`*)
あとどーでもよいですが、先日シオンらしき人がクイズにでていて、あまりのポンコツブリにザムのサイレントで窪田君に弄られたのが分かる気がしました。

Posted by: 蒼 | September 08, 2017 at 12:00 AM

たまぴよさん、お早うございます。
たまぴよさんがあげて下さったビデオレターの場面、思い出すだけで胸が詰まります(>_<)トビオが面と向かっては言えないことを言うと話した時、「へっ?まさか蓮子とのことを言うの?それはダメでしょ」と思ったのに、実際は市橋に対する偽りのない思いでした。
「市橋、お前は幸せになれ!」市橋がトビオが犯人だと分かっていたかどうかは私には分かりません。でも、いろんなこと全て乗り越えて、二人は「幸せになれ」と願い合える最高の友だちになれたのだと思います!パイセンやマルや伊佐美とトビオが築いた友情とは別の、ソウルメイトのような二人だったのに... 。市橋のビデオレターの表情が、とても穏やかで幸せそうだったのが救いです。トビオと楽しく遊べてよかったね、市橋

今宵ちゃん、とてもしっかりしていましたね。授かった命をしっかり守ろうとする気持ち、好きな気持ちだけに流されず、あるべき姿をきちんと伝える気概、人に寄りかからない強さ。伊佐美のことを好きでありながらトビオを受け入れたのは、何もかも承知のうえのことだったんですね。苦しいね、ここにいていいよと思っていたのかな?今宵ちゃん、すごいです!

関テレさんが9時にこの番組を設定したのは、親も子も一緒に観てほしかったからなのでしょうか?早々にエログロのレッテルを貼られ敬遠されてしまったけど、観た人はきっと得るもの大きいと思います!だって、これほど大きな事件ではなくても、生きていく中でみんな人を傷つけている。もしかしたら、人の人生を変えちゃっているかもしれない。私にもすごく迷惑をかけてしまった人がいて、そう思うと生きていくことが怖くなるけれど、それでも頑張らないといけないんですね。僕やりは、それを伝えてくれている気がします。
何だか、窪田くんの代表作の一つになる予感...
来週も楽しみです!!

Posted by: 梅ちゃん | September 08, 2017 at 08:32 AM

たまぴよさん、こんにちは。

8話はいろんな意味でこのドラマのクオリティの高さを感じた回でしたね。今宵ちゃんと伊佐美の別れ、すごく良かったです。2人とも素晴らしかった。川栄ちゃん、上手いですよね〜。いや、このドラマの役者さん、みんな上手い。マルはやっぱり「今はお金じゃないんだよ〜」です。散々お金を選んできたくせに(笑)。でも、だからこそなんか笑えて泣ける感じです。パイセンはかわいそうな設定が似合うなあ。お父さん、ひどすぎ。でもどこか可笑しさを混えるとこが古田さんだし、このドラマらしいですね。
トビオは見ていて一番イライラしますね。私はトビオをクズというよりはダメだなあ、バカだなあと思ってしまいます。優しくも冷たくもズルくも強くもなりきれない。中途半端なんですよね。自分に一番近いというか。マルのように徹底したクズにもなれないし、パイセンのような強烈な背景があるわけでもない。一番普通で、リアルで、だからこそ腹も立つし、もうちょっと頑張れよとか、そこ間違ってるよ、とか思っちゃいます。主役なのに誰よりカッコ悪い、普通の人間のどうしようもなさを見せてつけてくる、さすが窪田くんだなあと思います。変な日本語でごめんなさい(笑)。

このドラマ、原作があるとはいえ話の展開もキャラクターの作りもしっかりしてるし、音楽や照明などの演出もこだわりを感じるし、役者さんは皆上手いし。100点のドラマではないかもしれないけど、絶対に後に残る作品になると思います。だからあと2話、失速せずに頑張ってさらに良いものを見せて欲しいです。

長々とすみません。こちらで皆さんの感想を読んだり、気持ちを書かせてもらって、本当に助かってます。ありがとうございます。

Posted by: にゃおすけ | September 08, 2017 at 12:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/65762056

Listed below are links to weblogs that reference 僕たちがやりました#8 その2:

« 僕たちがやりました#8 | Main | QLAP!8月号 »