« プラスアクト8月号 | Main | TV navi SMILE Vol.25 »

August 21, 2017

映画「東京喰種〜トーキョーグール」

いろいろにまぎれてすっかり遅くなってしまいましたが、改めて、映画の感想を書いておきます。舞台挨拶含めて8回(←!!)観たあとの、あくまでも個人的な感想です。
ネタバレ全開ですので、まだ観ていない方、ネタバレが困る方は読まないでくださいね。

一言で言うと、原作を比較的忠実に、真面目に丁寧に作り込んだ作品だと思います。漫画原作実写にありがちなチープなコスプレ感がなく、リアルでクオリティが高いと感じました。監督が映像美にこだわったということで、映像は本当に美しく、多少のワイヤー感はありましたが、アクションも息をのむ迫力もあり、赫子のCGも気持ち悪くてよかったです。

ただ、丁寧すぎてテンポがイマイチかなってところと、原作未読の方に説明不足だったかもと思いました。説明台詞を極力入れないという強い意志を感じてかっこいいのですが、むしろ入れたほうがいいところまで削ってるのではないかと。原作を読んでると説明されなくても十分わかるんですけど、ニュースの映像で匂わせるだけではなく、カネキがリゼの臓器を移植されたという、ちゃんとした説明、シーンが必要だったのではと思いました。「食べること」に重点が置かれて描かれていましたが、カネキくんが自分の体の変化に気付き、悩み戸惑う過程が、そこらへんの台詞がほとんどないので、そのへんもやってほしかったかなと。あまりにも台詞が少ないと思いました。おなかに包丁突き刺すシーンとか、喰種になっちゃった身体の変化がよりわかったかなって思うし。
カネキくんが人間の食べ物を食べられず、飢えに苦しみ、葛藤して、でも「僕は人間なんだ!!」と人肉を食べるのを拒否する、原作を読んだときにそのシーンがすごく印象に残ったので、その台詞は欲しかったなと思いました。
クインケが対グール用の効果的な武器だってこと、死んだグールの赫子から作る武器だということをもっとちゃんと説明しないと、リョーコさんの「それだけは嫌…」という台詞も原作未読の人には理解できないでしょう。真戸さんの「おかあさんだよ」のシーンは…笑うところじゃないのにちょっと笑ってしまったんですけど〜(^-^;
亜門との戦いのシーン、原作ではもっと喋ってたと思ってたら、ほとんどカネキくんの心の声だったみたいですが、それもカットしすぎだったかなと。「逃げてください。僕を人殺しにしないで」の「逃げてください」を言ってないので、僕を人殺しにしないでって言うのが唐突な印象を受けたという声をネットで目にしましたが、友達がそれは自分の中のリゼに向かって言っていたんじゃないかと言ってて、それもまたありえる解釈だなとも思ったり。
他にも、ここをこんなに丁寧にしなくてもってシーンもあったり、2時間でどこまでやるかの取捨選択もあったでしょうが、ここから面白くなるのにな〜って序章で終わってしまった感がちょっと残念です。

しかし、キャストはみんなハマっていて、前述のコスプレ感はほぼ感じなかったし、演技イマイチな人もほぼいなかったし、すごくよかったです。リゼ、錦、亜門、真戸さん、ヒナミちゃんもよかったし、そしてトーカ、あんな騒動がなければ本当にべた褒めするところなのに…。心から残念です…(´・ω・`)

蒼井優さんのリゼは、怖かった〜!!優しい声からだんだん低くなって、恐ろしい台詞を吐きながら近づいてくるところとか、ほんっとにホラー(笑)「ダメよ、死んだら味が落ちる。がんばって」のシーンとか、ぞっくぞくしました。カネキくんも、噛みつかれて一瞬何が起こったかわからず戸惑い、そして悲鳴をあげる、その間と表情の変化もめっちゃ好きで、あそこのシーンは何度観てもいいですね(*´∀`*)助けてと言いながら這いずり回るカネキくんの絶望感、先の展開を知ってても胸に迫るものがありました。かわいそう〜!!!
窪田くんの演技はまさしく怪演、目を背けたくなるようなシーンも常に全力でやっているのが伝わり、もうほんとにすごいの一言です。
部室で血まみれのヒデを舐め回すところとか、エロくて(←)どことなくリゼを感じさせる、そして鏡に映ったリゼの顔と笑顔がシンクロしていて、窪田くん自身、インタビューで「リゼに侵食されていくところ、蒼井優さんを意識してやりました」と言っていたと思いますが、ほんとにリゼが中にいるんだという感じがしました。

あんていくでコーヒーを飲んで「おいしい…」ってつぶやくシーン、間といい、表情といい、実によかったです。冷蔵庫の食べ物を口に入れては吐き出し、その中でのたうちまわるシーンも鬼気迫るものがありましたし(でも、ちょっと長くてくどすぎ…(←))街に出て徘徊するシーンも、目つきといい、よだれといい、すごかったですし、ハンバーグ食べるシーンも、ほんっとに食べられないんだという説得力のある映像でした。喰種カフェで食べた「まずいサンドイッチ」の味を思い出しながら、うわ〜っと思いながら見ました(^-^;食べるものみんながあんな感じだったら、軽く死ねる…(T^T)
その他にも、いちいちあげると面倒くさいほどお気に入りシーンが多すぎて、全部書き出していると何十ページにもなりそうです(^-^;
初見ではめっちゃ集中して観ましたが、2回目以降は中盤どうしても眠気を誘ってくるシーンがあるものの(←おい)あれやこれやの窪田くんに惹きつけられて最後まで観ることができるって感じですね。

1回目見たときには窪田くんのビジュアルに見とれてうかつにも気づかなかったけど、ラスト、眼帯してなくて左目も赫眼じゃなかった→コントロールできるようになった=グールとして覚醒したってことなんですよね?(まあ、ほんとに覚醒するのはもっと後なんだけど…)
説明台詞を排して絵だけで見せる、こういうところはやるなあ〜と思いました。そのラストのショット、ほんと何回観ても「いいな〜(*´∀`*)」と思います。凛とした決意のようなものを感じる素晴らしい表情です。冒頭のカネキくんとはまったく違う人がそこにいる。殻を破って一歩踏み出せたんですね。

内容に関してはほんとによかったと思いますし、原作を尊重して誠実に真面目に作った作品で、窪田ファンの自分はすごく引き込まれて観ましたが、全体的に地味で、興行を考えると無理してでももうちょっと内容を詰め込んだほうがよかったのでは…という気もしました。真面目すぎて外連味に欠けるかなと。このへんは監督の考えなのでしょうが、観る人を選び、ファミリーで見られる作品ではないだけに、ファミリー用の大作目白押しの夏休みの公開ではなく、秋とか冬の公開のほうがよかったんじゃないかとか、原作ファンの若い人たちを目当ての夏休み公開、SNSを中心とした宣伝だったと思いますが、原作ファンだけでなく一般人も取り込めないと大ヒットは見込めませんし、そこらへんの戦略も今ひとつずれていたのではないか、などと一般人の素人が何いってんだって感じですけれども、とてもいい作品なだけに、もっとたくさんの人に見てもらいたいのに、ほんとに惜しいなって思いました。

ダメだしチックなことも書いてしまいましたが、(コースター目当てもあったけど)8回も観たということから分かっていただけると思いますが、作品的にはクオリティが高かったと思いますし、窪田くんがこの作品に出てくれて本当によかったとも思います。窪田くん自身も、世界公開ということもあって、計り知れないいろんな経験ができたと思いますし、舞台挨拶で感極まっていた窪田くんを見ますと、本当に大変だったんだな、がんばってくれてありがとう、こんな作品を見せてくれてありがとうと言いたいです。
続編があるっぽい作りでしたが…興行的にどうなんだろう…。できるならば続編、白カネキ見たいですが、松竹のエライ人がハードル上げすぎて、なんだかなあって感じになっちゃって…なんとか松竹さん的な合格ラインまでいってくれますよう…祈るのみですね。
3週目の入場特典のマスクカネキくんが欲しくて、松竹の株主ポイントも使って3週目は3回も観たんですけど(←)カネキは出ず…(´・ω・`)めっちゃ悲しいです(´;ω;`)ウウ・・・

あっ、そういえば、エキストラに参加した知り合いの皆さんの出番は、まるっとカットだったみたいです。なんで〜??カットするならなんで追加撮影なんかわざわざしたんですか〜監督〜??めっちゃ問い詰めたいです。すっごい楽しみにしてたのに、ほんとがっかりですう〜(´・ω・`)

ものすごい長文になってしまって、自分でもドン引きです(笑)感想は人それぞれだと思いますし、何言ってんだこいつと思われるところもあるかと思いますが、読み流していただけると幸いです。明らかに間違っているとか、勘違いしている部分などありましたらご指摘ください。最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

|

« プラスアクト8月号 | Main | TV navi SMILE Vol.25 »

Comments

たまぴよさんこんばんは。
グールさん、私が見た原作もののなかでは断トツでトップですね。
るろ剣はあの方とあの方ななんで?感とおい、そこどーしたがなければ並べたかもしれませんが、グールはキャストの演技が嵌まりすぎでいて文句がつけれません。原作ファンではないですが、役者さんは間違いなく素晴らしかったです。トーカちゃんも本当に頑張ったのわかるぐらい良かったんです。あんな事さえなければ文句はつけれません。
私はひなみちゃんがあの若さで、このキャスティングの中、見事に存在感だしたのには拍手です。
窪田君が座長としてスゴく真剣に本気に取り組むから、他の方も引っ張られたのかななんて思ったり。
窪田君はもう本当にスゴすぎて、役者としての引き出しが信じられませんでした。
圧巻の一言です。
最初は終わってエンドロールに窪田正孝の文字が出た時、立ち上がって拍手したいくらいでした。
「僕を人殺しにしないで」これはリゼさんにでもあり、大切な人を傷付けるCCB両方にかかるのかななんて思いました。金木君が誰かを守ためにはグール(リゼさん)の力を使うから。
しかしながら食べられない苦しみと、空腹への葛藤。窪田君はほぼ台詞ないけど、リアルで苦しみが伝わり此方の胸が締め付けられました。
亜門と草場さんのシーンや河原でのシーンとかお気に入りが沢山ありますし、何より何回見ても厭きないし、リゼさん怖い(慣れない)
やはり見る人選ぶ映画で窪田君はマイナスからスタートですが、私はどんな言われ方しようと、見ごたえのある良い出来だと思っています。お金払って見る価値は充分です。
因みにお客さんもマナーが良かったです。
グールは私は家の都合で中々行けず3回ですが、まだまだ見たいです( ;∀;)

Posted by: 蒼 | August 22, 2017 12:53 AM

こんばんは
いつも読ませて頂いています
トーキョーグール観ていないのですが、感想読ませて頂きました
たまぴよさんの映画の感想は毎回実に面白くて、と言いますか、上手で、と言いますか、的をえてて、と、うまく言えませんが、窪田さんファンでありながら引いて見られていて、とても読んでいて面白い、参考になります。
トーキョーグールはグロテスクな表現が多いという事で苦手なので観るのをためらっているのですが、たまぴよさんの感想を読んでやっぱり観たほうがええなって、思いました。
説明不足、みたいなのは他の方のレビューでも見たので、原作未読ですが、心して挑みたいと思います。
いつもコラムありがとうございます。
いつまでも窪田くんを応援されているその姿勢をとても尊敬いたします。

Posted by: 光晃 | August 23, 2017 12:40 AM

>蒼さん

たしかに漫画原作の実写化という点では本当にクオリティが高かったと思います。役者さんたちはみんな素晴らしかったし、蒼さんの感想もうなづきながら読ませていただきました。
私もけっこうな回数観ましたが、MARSのときのように苦行ではなかったので、本当にできのよい映画だと思いました(*´∀`*)

>光晃さん

ありがとうございます(*´∀`*)
書きたいことがいっぱいあって、ものすごい長文になってしまって読みにくかったと思いますが、読んでくださってうれしいです。なんといっても、初めての本格的な映画の主演ですし、原作の世界観をみごとに表していると思いますので、ぜひ観ていただきたいです。
グロいの苦手な友達が、いつでも席を立てるように端っこの席で見たそうですが、全然大丈夫だったと言ってました。コメントの返事が遅れてまして、もう観られたかもしれませんが、もしまだならぜひ!!そして観られてましたら、感想をぜひ!!お聞かせください(*´∀`*)

Posted by: たまぴよ | September 02, 2017 09:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画「東京喰種〜トーキョーグール」:

« プラスアクト8月号 | Main | TV navi SMILE Vol.25 »