« J Movie Magazine vol.21 | Main | りょうた、再び!!(ヤギです) »

March 12, 2017

連続ドラマW ヒトヤノトゲ〜獄の棘〜◆無料番組宣伝

おまかせ録画で録れていた獄の棘の無料宣伝番組。えっ、こんなのがあるのね(*´∀`*) と喜んでチェックしたら…なんと獄の棘は最初の1〜2分の予告だけで、あとはジャニーズの人のインタビューとか、他の番組の宣伝でした。なんじゃこりゃ!!番宣詐欺かよ…(´・ω・`)と言いつつ、せっかくチェックしたので、目新しい画像を貼っておきます。

01

02

03私服のダサさが武島くんのチャームポイントですね(*´∀`*)

04

もう一つのジャニーズの人のドラマは、「もうすぐ放送!!◯◯」的な宣伝番組もあるみたいなのに、獄の棘はそんなのないんですかね〜。WOWOWとしてはそっち押しなんですかね〜。ちょっと納得できないなあ〜(笑)
それにしても、先行無料放送が4日だったので、2話まで長いな〜。しかし、トークイベントでは2回目だったにもかかわらず、やはり引き込まれて集中して見ちゃいました。なかなか見ごたえのあるドラマなので、早く2話が見たいですね。しかし、今後良太くんがピンチになっちゃいそうな感じなので心配です。きゃ〜っとかなって、指の間から見る感じになっちゃうかも(笑)←乙女か!!

|

« J Movie Magazine vol.21 | Main | りょうた、再び!!(ヤギです) »

Comments

たまぴよさん、こんばんはー
Twitterやり始めて、たまぴよさんがブログ更新したのがTwitterで分かるのですぐ来ちゃいます。(ストーカーか)
獄の棘はいいですよねー主役というだけあって、ずっと出てるし、ただ不安なのは改編がうまくいってるかの1点です。
ただ監督さんがしっかりしてる人だから窪田くんの演技がすごくいい感じがする。演技のことなんて分からないけど、やはり窪田くんは叫んだり、大声よりも静かな演技の方が見応えがあるというか何と言いますか。
あと、たまぴよさんもおっしゃる通り私服がダサい分、カッコイイと言いますか。今日も1話見直しましたが自転車の乗り方すらかっこいい。。
これから良太はドンドンかっこよくなっていきますね。もう一方の亮太はどうなるのでしょうか?
ラストコップの映画がシリアスな部分もありそうなので楽しみです。

Posted by: コロン | March 12, 2017 at 10:20 PM

たまぴよさん、こんにちは!

コメントは(私にしては)久しぶりですが、毎日拝見しています!窪田くんごと、忙しくなってきましたね。4月には獄の棘と4号警備とHuluのラストコップと、もう祭り状態ですね。

トークショーの記事もありがとうございました。会場も落ち着いた大人の雰囲気でしたね。窪田くんは勿論、小澤さん、萩原さん、そして監督さん!皆さん素敵でした。獄の棘は本当に楽しみです。職人の集まりって、本当に嬉しい言葉ですね。削ぎ落とすという言葉も、そこで反対に役者さんの力量が露わになるというか、表現力というものが直に伝わる気がします。

窪田くん、やっぱり痩せてるんですね。先日三浦友和さんが、俳優をしていて1番キツイのが連ドラの主役と仰ってました。今はまさにその最中ですもんね。毎日のようにロケ情報があがってるし。本当に唐沢さんにお願いしますという感じですが、唐沢さんへの窪田くんの発言に触れるたび、本当に出会いに感謝です。特にあの騒動の時、きっと唐沢さんが窪田くんを支えてくれていたのではないかと、そんなふうに思いました。様々な経験をしてこられたでしょうから。窪田くんにも、唐沢さんのように長く活躍してほしいし、絶対にそうなる人だと思います!私も長生きしなくちゃです(笑)。

Posted by: にゃおすけ | March 13, 2017 at 01:05 PM

たまぴよさん、こんばんは

そう、期待したのにあれ?これだけ?ってちょっとがっかりしました(笑)
次回楽しみ~って思ったけど、確かにまだまだ先でホント待ち遠しいです

Posted by: ひろひろ | March 13, 2017 at 10:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/65007002

Listed below are links to weblogs that reference 連続ドラマW ヒトヤノトゲ〜獄の棘〜◆無料番組宣伝:

« J Movie Magazine vol.21 | Main | りょうた、再び!!(ヤギです) »