« 眼鏡市場チラシ | Main | 臨床犯罪学者 火村英生の推理DVD-BOX特典映像 その2 »

January 04, 2017

臨床犯罪学者 火村英生の推理DVD-BOX特典映像 その1

臨床犯罪学者 火村英生の推理DVD-BOXを購入したのは8月(笑)ほんとに何をやってたんだろうかと疑問に思いつつ、このネタ枯れの時期にちょうどよいということで、重い腰をあげることにしました(^-^;

特典映像としてhuluのアナザーストーリーやメイキング、ZIP!とのコラボドラマなどが収録されており、メイキングが1時間あまりもあって、なかなか見ごたえあるものでした。huluのアナザーストーリーのほうは記事をちゃんと書いてめちゃめちゃ画像も貼っているので、主にメイキングを中心に、なんと50枚もキャプしちゃいましたので、何回かに分けて貼っていこうと思います。

01オープニング映像で、セリフを反芻してるっぽいアリスさん

02

03「初日を迎えて、今の気持ちと今後の意気込みは?」

「正直不安な部分はあるんですけど、たくみさんと新しい相方というか、現場の雰囲気もそうだけど、2人でつくりあげていくことができたらいいなと感じています。自分にとってもこの作品は2015年を締める作品であり、2016年が始まる作品でもあるので、すごく貴重な時間ですし、その中で何度もご一緒しているスタッフさんと現場をともに、怪我がないようにつとめていきたいなと思っています。今日は初日は終わりましたけど、明日からまた新しい一歩としてがんばりたいなと思っています。」

07正直言いますと、窪田くんのインタビューは、いつも…聞いてるとそんなこともないのですが、文字に起こそうとすると、実に難しいです(笑)
まとめがヘッタクソですみません(^-^;

08

09インタビューの合間にはさまれる映像を見てると、また本編を見たくなっちゃいますね〜(*´∀`*)

とかなんとかやってるうちに、今日は時間がなくなってしまいましたので(←おい)中途半端なところですけど、本日はこんなところで。明日また続きを貼っていきますので、よろしくです〜。


|

« 眼鏡市場チラシ | Main | 臨床犯罪学者 火村英生の推理DVD-BOX特典映像 その2 »

Comments

たまぴよさん、こんばんわ。
もう一年も前のことなんですね。
懐かしいです。
もう昨日になってしまいましたが、なんとかもう一度シネコンに・・・とチャレンジしてやっぱり渋滞してましたけどたどり着けたので「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を観てきました。
全編京都ロケというのが気になっていたので観ているとついつい出町柳や鴨川デルタ、三条大橋などなど火村のロケ地とかぶっているので作品から離れてほっこりしておりました。
作品はかなり泣ける恋愛もの・・・なはずなんですが、どうも主役の二人の演技は文句ないのですが、ふくしくんは仮面ライダー時代の短ラン・リーゼントが思い浮かんでしまい1ミリも泣けないという感じになってしまいました。
この役が窪田君だったらきっと号泣していたかも。。。。
ラスコプのフライヤーはおいてなかったので、今月は「本能寺ホテル」と「黒執事」を観る予定なのでその時にはゲットできたらいいな~と思ってます。

Posted by: 綺羅々 | January 05, 2017 at 01:21 AM

たまぴよさん、おはようございます。
元旦にBSプレミアムでるろ剣を放送したことを昨日知り、落ち込んでいる*M*でございます(T_T)ええ、まだ未視聴なのです。録画したかった…。
ディスク購入しようかなー。
去年のお正月はめめめを逃すし(ファンになる前だったので仕方なし)、お正月はご縁が薄いようです。。

気を取り直し、火村特典ですか!
あれ、公式さんの公言通り大ボリュームですよねw
メイキングもたっぷりだし、番宣の特別番組やZIPコラボ、新婚ごっこの複数テイクも収録されてて、Box買って満足でしたわ(´∀`*)
放送中も散々言われておりましたが、アリスちんはもう少し前髪を切ってほしかった…せっかくの窪田くんの目の演技が隠れてしまっていて、そこだけはちょっと残念ポイントだったので。
関西弁は素晴らしかったですね!わたし実は育ちが関西なのですが、窪田くんの関西弁は相当頑張っていたと思います。回を重ねるごとに上達していましたねー。
また関西弁窪田アリスくんに会いたいです!

Posted by: *M* | January 05, 2017 at 08:57 AM

たまぴよさん
遅ればせながら明けましておめでとうございます
今年もお邪魔させていただきます
よろしくお願いします

火村のメイキングは何度見ても癒されますね
ヒーローマニアも特典映像だけ見て
本編に行く前になぜか火村のメイキングを見ていたという(笑)
こんなふうに撮影しるんだ~という裏側みたなのもあって楽しかったです
また見たくなってきた(笑)

Posted by: ひろひろ | January 05, 2017 at 12:57 PM

たまぴよさん、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

私もアリスは前髪のせいで放送中はそこまででもなかったのですが、改めて見返すと本当に火村とのやりとりが自然で、何とも可愛らしいんですよね。ふたりが他愛もないことを喋ってるだけで、いくらでも見てられます。だけど、火村と親友なだけはある強さもちゃんと持ってて。あと、ナレーションが大好きでした!最終回の最後の語りはそこだけ何度も繰り返すほどです。去年の今頃は初回の放送に向けて、ワクワクしていたんですね…。

私はこれからのオフシーズン、ケータイ捜査官7を見ようと思ってます。まだ少ししか見られてないのですが、はまりそうです。津田寛治さんの言葉に泣きました。ケイタの一生懸命さ、ケータイの可愛さ。ケイタがそこにいる、生きてるって本当にそう感じますね。勿論今よりは演技も若いと思うけど、上っ面ではない本当を感じさせてくれるお芝居はこの頃からですね。凄いなあ。

何の作品だったか、監督かスタッフの方が、ちょっと出てきてすぐに死んじゃうような役に、ちゃんと人生をくっつけられるって仰ってたと思うのですが、本当にそうですよね。これってどういう力なんでしょう?技というよりは、センスなのかなあ。天性の役者、才能ってことですかね?ってまたまた脱線すみません。
こんなですが、今年もよろしくお願いいたします(笑)。

Posted by: にゃおすけ | January 05, 2017 at 01:02 PM

たまぴよさん、こんばんはー
アリスいいですねー今は原作を読んで脳内変換してます。窪田くんロスにはいい感じです。
相方の工さんは「ジャスティス」頑張ってましたね。何か感動しました。
でも決して窪田くんにはオファーしないでね。できるなら鬼ごっこの方で。
年末は窪田くんテレビに出ないもんだから、いろんな番組に出る窪田くんを想像しました。
「格付け」見て想像。窪田くんきっと舌がお子様だから食べ物絶対あたらないだろうなとか、「ごち」見て当てるの2の次で肉料理ばかり頼んで予算アホみたいにオーバーしそうだなとか、、もし「笑ってはいけない」に出たら松本さんよりもお尻叩かれるんだろうなとか、、、最近何を見ても窪田くんになってしまいます。
それにしてもアリス、、放送当時よりも今見た方が可愛い!本当にチェックシャツが似合うなースペシャルとかしてくれないかな。個人的には「スウェーデン館の殺人」あたりで、、、題名間違ってるかも、、、

Posted by: コロン | January 05, 2017 at 08:40 PM

>綺羅々さん

ちょうど今頃から放映されたんでしたっけ?火村。なつかしいです。
2016年はいろいろあったので、遠い昔のような気がしますね。

福士くんと小松ななちゃんのドラマ、京都が舞台なんですね〜。ちょっと気になるけど、福士くんがあまり好みじゃないので迷ってます。窪田くんだったら絶対見に行ったのにな〜。
フライヤー、無事ゲットできますよう祈ってます!!

>*M*さん

るろ剣はほんとに出番ちょっとなんで、ディスクを購入するのはリスクが…などとダジャレを言ってみたりして、でもテレビ放送で十分だと思います。もったいないですよ。メイキングにもいませんし…。オーディオコメンタリーで佐藤くんや監督さんが窪田くんのことをちょっとだけ触れてくれてるぐらいかな?

アリス、見直すとやはりかわいいです。前髪がうっとうしくてたしかに残念でしたが、スモーキーとかぶっていたので、スモーキーのせいなら許す!!って感じです(笑)
関西出身の方が見てもわりと大丈夫だったんですね〜窪田くんの関西弁。よかった(*´∀`*) アドリブを返すのも関西弁で対応できるくらい順応してたみたいなので、ほんとに努力家だなって思いますね。

>ひろひろさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします〜(*´∀`*)
遊びにきてくださいね。

火村のメイキング、ボリューム満点で、見るのが大変なぐらいでした(笑)
こういうの見ると、シーズン2をやってくれないかなって、ぜいたくな欲望がむらむらしますね。ほんとにやってくれないかな〜。

>にゃおすけさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いします〜(*´∀`*)

最終回の最後の語り、私も大好きです。
ん?huluのほうですよね?本編のほう??どっちでも好きですが…(^-^;
アナザーストーリーのラスト、これが本編のラストであったらどんなによかったかと思いました。これで締めてくれたら、ほんとかっこよかったのにいいい〜残念ですよ。

ケータイ捜査官7は、フレッシュでがむしゃらな窪田くんを見ることができて、きっとハマると思いますよ〜(*´∀`*)
ほんとに汗かいて、ほんとにすっごく走って、ほんとに泣いてたみたいですし、ケイタというキャラではなくてそのものになりきってたって感じでした。どの役でもそうだけど、その役そのものを生きるっていう。←なんかよくわかんなくなってますけど…(^-^;
今はもうちょっと客観的に役を演じられる??見られる??ようになったとご本人はおっしゃっていましたが、基本的なスタンスは変わっていないと思います。演技するお仕事は天職だったんだなと思わせられますね。整備士になってなくて本当によかったです(笑)

>コロンさん

原作を読んでらっしゃるんですね〜。私も菩提樹荘の殺人を何度も読みかけては放置して、前のを忘れてまた最初から読むということを繰り返してます。ダメすぎ…(^-^;
年末年始の番組に出番がなくてちょっと寂しかったですね〜。来年は何かに出てくれるといいな〜。笑ってはいけないSPにも出て欲しい。笑わせるほうなら、お尻たたかれないですよね?(笑)

火村のスペシャル、私も希望です!!!やってくれないかな〜(*´∀`*)

Posted by: たまぴよ | January 06, 2017 at 12:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/64721414

Listed below are links to weblogs that reference 臨床犯罪学者 火村英生の推理DVD-BOX特典映像 その1:

« 眼鏡市場チラシ | Main | 臨床犯罪学者 火村英生の推理DVD-BOX特典映像 その2 »