« NEXON「HiT」CM | Main | ヒーローマニアDVD特典映像その3 »

December 24, 2016

メリクリですう〜♫

Photo

ちょっとした落書きをしていたら、楽しくなって、すんごく適当に色をつけて仕上げてみました。塗りがかなり汚いですが、お許しください。
牧生ちゃんが…けっこう気に入っています(笑)

クリスマスに、皆さんにいいことがいっぱい舞い降りますように〜(*´∀`*)

|

« NEXON「HiT」CM | Main | ヒーローマニアDVD特典映像その3 »

Comments

🎄メリークリスマス🎄ですO(≧∇≦)O

いや、先程まで仕事でどーでも良かったのですが、ラストコップさんからのクリスマスプレゼントで、テンション上がりました。
やんちゃなトナカイ亮ちゃん!
まぁ、可愛い!
元気そうだし何よりです(´∇`)

たまぴよさんのイラストは今年の窪田君ですね!集合体窪田君可愛いです。
ある意味夢の共演(笑)
亮ちゃん刑事(まんま)探偵がスモーキーで有栖が助手。真犯人牧生ちゃんで、疑われ役が土志田君(酷い)
と言う想像しちゃいました(´・ω・`)

因みに眼鏡市場さんの公告はget出来ません( ;∀;)
忘れていました。我が県にはアイツが居ることを。
メガネの○○○がいやに入っていて、眼鏡市場さんはコンタクトのみ( ;∀;)
序でに兄貴にきた眼鏡市場さんのハガキはFREE fit でしたが、窪田君は居ませんでした。
新CMも未だにながれません(´・ω・`)
田舎はながれないのかしら?

Posted by: 蒼 | December 25, 2016 at 12:53 AM

たまぴよさん、おはようございます。
みんな、可愛い~!!
特に亮太くんが好きです♪
CMとラスコプさんからの可愛いトナカイ画像にウキウキしていたら、たまぴよさんからも素敵なイラストのプレゼントが!
わ~い、ありがとうございます(*^_^*)
たまぴよさんも良いクリスマスを☆

Posted by: ミトン | December 25, 2016 at 09:28 AM

たまぴよさん、こんばんはー
たまぴよさんのイラストを見て今年の窪田くんが走馬灯のように。。。
個人的には、今思うとアリスが1番お気に入りです。

最近は原作にも嵌まっていて頭の中で窪田くんに変換しながら読んでます。原作ではアリスの身長は175cmで虫嫌いです。他にも窪田くんやんって思うところが多かったです。
学生アリスのシリーズというものもありまして、そちらの方がより面白いかな。ドラマ終わった後の方がアリスを好きになったので視聴率振るわなかったから難しいかも知れないけども映画かスペシャルをしてほしいなと思ってます。

Posted by: | December 25, 2016 at 11:04 PM

たまぴよさん、すみません。上のメッセージはコロンです。

Posted by: コロン | December 26, 2016 at 12:57 PM

>蒼さん

夢の共演と言っていただき、そういえばそうだなとうれしいです(*´∀`*)
お仕事大変そうですが、がんばってくださいね!!

うちにも眼鏡のあ◯◯んの広告しか入ってこなくてがっかりです。チラシもあるところにはあるようですが、行ける範囲の眼鏡市場にはないみたいです(´・ω・`)
新CMは見られましたか??

>ミトンさん

ありがとうございます(*´∀`*)
ミトンさんにもリクエストいただいているのに、なかなか書けなくて申し訳ありませんm(_ _)m
必ず成瀬くん描きますので、待っててくださいね。実は成瀬くんはむずかしいのですよ…マジで(^-^;

>コロンさん

今年の窪田くんが走馬灯のように…って、なんか笑ってしまいました。たしかにそうですよね。いろんなお仕事したんだなってしみじみします。
私もアリスは特別に気に入ってます。続編が見たいですね。
連ドラな無理でもスペシャルとか…。もうちょっと視聴率がよかったらもっと期待できたのにって、ちょっぴり残念です。いつか見られるといいですね。

Posted by: たまぴよ | December 30, 2016 at 01:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/64665545

Listed below are links to weblogs that reference メリクリですう〜♫:

« NEXON「HiT」CM | Main | ヒーローマニアDVD特典映像その3 »