« ラストコップ#6 その2 | Main | 足が長っっ!!!(笑) »

November 16, 2016

映画「デスノート Light up the NEW world」

ちょっと前になりますが、映画「デスノート Light up the NEW world」を観てきました。
忘れもしない、去年ドラマデスノートの最終回に映画化が発表されて、ドラマの余韻をぶちこわしてくれて…そのときの憤りは未だに忘れられません!!
絶対に観ないぞ!!!と固く決意していたのですが、批判するにも見ておかないととか、ネタとして押さえておくべきではないかとか、観た友人が「頭脳戦ではなく肉弾戦」「アクション映画としてみたほうがいい」などと言うものですからちょっと興味がわき、見てもいいかなと…。ちょっと裏切り者な気分になりますけど、この映画に1円もお金を払いたくないというコンセプトのもと、シネマイレージポイントが5ポイント貯まっていたので、わざわざ他の映画を1本観て、6ポイント貯めて、そのポイントでタダで(←ここ、強調しておきます(笑))観てきました。

前振りがめっちゃ長くなりましたが、とりあえず…感想としては、よく理解できませんでした。ちまたでは登場人物がバカばっかりで、「バカの頭脳戦」と言われているそうですが、バカの頭脳戦も理解できない私ってよっぽどのバカなのかと…ちょっと落ち込みます(笑)
よくわからないところが多すぎ。実は、途中でえもいわれぬ眠気に襲われ、必死で耐えて絶対寝てないはずなんですが、もしかして寝てないと思ってたのは夢で、うっかり寝てしまい、そこらへんでいろいろ見落としていたのかと疑ってしまいました。

ちょっとネタバレ含むかもですが、キラの後継者という紫苑が、キラからメッセージを受け取った、約束の場所がどうのこうのってセリフで説明しますが、そのキラからメッセージを受け取ったというシーンをなんで描写しないんですか?冒頭の無差別殺人の女の子に関してもよくわからないし、夜神月に子供がいたとか言ってて、その子のエピソードに興味があるのに描写されないし、記憶を取り戻した三島の回想シーンもさーっと流されてなんだかよくわからないし(ここもセリフだけで説明されてたような…)、全体的に不親切な作りじゃなかったかと思います。あんまり真面目に観てなかったから見逃したところもあったのかなと思いましたが、もしかしてhuluでやってた特別ドラマとやらを観て予習しておかないといけなかったのでしょうか。違ってたらすみませんけど、もしそうだとしたら、映画としてはダメダメなんじゃないでしょうか。それを観てから映画を観に行く人はいいけど、全員がそうだとは限らないわけですし、観てない人にもちゃんと2時間で理解できるように作らないといけないと思います。
他にもいろいろ、捜査官の2人が顔を思いっきりさらしてつっこんでいくところとか「おいおい」だったし、SAT?が踏み込んできたときに紫苑くんが必死にノートに名前書いて応戦していたところはちょっと笑っちゃいました…効率が悪すぎ〜(笑)
竜崎の「ノートが銃にかなうわけないだろ」的なセリフも、なんじゃそれ〜(笑)でした。デスノートの意味が…\(;゚∇゚)/

ただ、松田さんとかミサミサがちゃんと10年の歳月を感じさせてくれたのはしみじみしたし、クライマックスで人込みがさっと引けてミサミサが現れたシーンは「おお!!」ってなったし、その後のミサミサがほんとに切なかったですね…。
別荘みたいなところでSATに襲撃されて、3人がなんとなく助け合ってたのもおかしかったし。
竜崎とアーマのシーンも、けっこう好きでした。アーマがあそこでとった行動も、いまいちよくわからないけど…。なんでアーマが三島を助けたの???三島はなんであらかじめ竜崎の名前をノートに書けたの??
こういう疑問がちゃんと映画で描写されていたのであれば、私はやはり途中で寝てたんでしょうね(笑)もしくはよっぽどのおバカです…てへ(^-^;

6冊ものデスノートの物語なんて、絶対2時間の映画じゃ無理なんじゃないのって思ってたんですけど、やっぱり…死神も3体しか出てこないし、よくわからないしで、悪口書く資格もないかも。今のところ、他の人の感想はいっさい見ていないんで、そういうの見たら補完できるかもしれないし、映画をもう一度最初から観たらわかるかもしれませんが、もう一回なんて観たくないですし…(^-^;

菅田くんの出番が予想外に少なかったし、キラの後継者というにはちょっと間抜けだったかも???(←ごめんね…w)竜崎を演じた池松くんは、変な人だったけど面白くてよかったです。東出くんは…なんか相変わらず◯◯だなって…感じです(´・ω・`)

観た後にすぐ感想を書いておこうと思ったのですが、何を書けばいいのか、自分がどこまで理解できたのかよくわからず…もう記憶も薄れた今となってはますますわからず(笑)
よくわからないことになっていますが、まあ観ておいてよかったかなとも思います。悔しいけど、観ないとやはり気になるし(笑)
観たら、ちょっと安心しました。(←おい!!)
名作だったら悔しいですしね(←おいおいおい!!!)
続編ありそうな終わり方だったけど…今度こそ観ませんよ、映画館では(笑)

8005思ってた以上の長文になってしまいました。お口直しに、ドラマ版夜神月くんを貼っておきますね(*´∀`*)


|

« ラストコップ#6 その2 | Main | 足が長っっ!!!(笑) »

Comments

たまぴよさん、こんばんは。
私は未だに藤原竜也デスノ見ていないんですよね。まず、前にもいいましたがデスノ自体苦手。後見る機会がない。今は録画してあるのいつ見るか状態です。
デスノは窪田君のあの堕ちていく演技が良くてみていたので、因みにやはり物語は好きじゃないです。
今回の映画のデスノはすでに話だけで見る気にもなっていないのですが(´・ω・`)
6冊とかもうどうしたいの?
その内ロードショーになったら見るかもです。
情報ありがとうございます!

ラストコップの8話の流れが少しわかり、既に切ない私(´・ω・`)
京極さんと亮ちゃんの関係が良くて好きだから、もうオロオロしています。
京極さんには頑張ってもらいたいです。
だって窪田君絶対よい演技するから、泣くかもです。

Posted by: 蒼 | November 16, 2016 at 11:59 PM

たまぴよさん、こんにちは~
デスノートは藤原竜也バージョンが放送されるたびにドラマ版がけなされ、窪田くんへの意見が出るから昔は好きだったのに、見なくなりました。
でもたまぴよさんの貼り付けてくれた写真に、ビジュアルも演技も窪田くんはすごかったんじゃないかと。それにしても男前!今より痩せてますね。かっこいい(←盲目)

性格悪い発言ですが、今回の映画でドラマ版の窪田君の演技のような迫力がなかったなどの記事を見てちょっと喜んでます。。。
今回のはレンタルになるまで待とうかな。。。たまぴよさんが感想に書いてくれたミサミサのシーンだけでも見たい気がします。
でもどっかで最新版のデスノート気になってたのでたまぴよさんの感想見れてよかったです。

Posted by: コロン | November 17, 2016 at 10:45 AM

たまぴよさん、こんにちは。
映画デスノ、わたしも先日観てきました。
自分の中で、映画とドラマは完全に別モノと捉えているので、特にストレスやモヤモヤもなく、単純に気軽に楽しめました!
だけど確かに、デスノートは6冊もいらんでしょ、と思いましたよ。3冊は回収についてもろくに描かず、死神も3体しか出ないし…最初から3冊でいいじゃん、とツッコミましたわ。
竜崎役の池松くんの演技は良かった!東出くんの演技は…もにょもにょ…(笑)。
そしてまさかの銃撃戦w菅田くん好きですけど、あの紫苑の撃たれっぷは、太陽にほえろを彷彿とさせられたおばちゃんです。。。
そんななんやかんやを思い出しつつ、たまぴよさんの貼って下さった窪田ライトにうっとりさせられましたー。

関係ないですが、わたくし本当に今さらながら、やっとやっと「淋しい狩人」を観ました!
あの血まみれで銃を握りしめる窪田くんをやっと見られて感激!!
やっぱり窪田くんは、ちょっぴり暗めの役が上手いですねぇ。
優人くん、イワさんとお話しして、ちゃんと自分の罪と向き合えてたらいいなぁ。

Posted by: *M* | November 17, 2016 at 12:33 PM

たまぴよさん、こんにちは!

敵陣に乗り込まれたのですね?違う(笑)?

私は非常に執念深くあの最終回後の告知を根に持っているので(笑)、CMが映るだけでもチャンネルを変える勢いでした。でも、観ないと批判もできないは本当にそうですよね。無責任な批判に苦しんだドラマ版があったから、よくわかります。

だから、私は観ない近づかない触れないで通して来たのですが、ほっといても「頭脳戦がない」などの評判は目にしました。
それで、ドラマ版を良い部分も悪い部分も含めて、きちんと評価してくれたあのブログ主さんのツイートだけは、拝見させてもらいました。楽しみにしていらしたし、厳しくも温かい目での意見を書かれる方だと思ったので。細かくは触れませんが…、「窪田くん、助けて…」とのつぶやきがありました。

それにしても、ドラマ版の扱いはやはり酷いと思うことが多かったです。それに絶対よその局からもお話が来てると思うのに日テレばかり続くことや作品の傾向に、時々不安に思うこともあり、事務所の方針も気になるのですが…。でもファンは応援するしかないですもんね。どんな作品も全力な窪田くんを、一生懸命追っていきたいと思います。


Posted by: にゃおすけ | November 17, 2016 at 04:57 PM

たまぴよさん、こんばんは~

映画、見にいかれたのですね
私は、予告番組(?)で無差別殺人のシーンを見て
やっぱり、このお話は苦手だなあと思いました。
藤原竜也さんの映画は見たのですが、途中から嫌悪感しかなくて・・・

ドラマはリアルタイムでは見ていなかったのですが、huluに加入したので、まあちょっと1話だけでも見てみるかなあと見て、もう窪田くんの月が切なくて(泣)
可哀想に、あんなノートに出会わなければ・・・

でも、池松くんは好きだし(笑)気にはなっていたので、たまぴよさんの感想を教えていただいてよかったです。

Posted by: ひろひろ | November 18, 2016 at 08:25 PM

たまぴよさんの疑問の半分位はお答えできるかと思うんだけど、次にお会いしたときまで覚えてたら聞いてください(笑)

Hulu版のほーがね、見応えあったのよ・・・あっちのほーが3人ともクレバーだったのよ・・・なぜだろう、なぜかしら。

キャラクターの性格とゆーか、背景がそっちでよくわかるので(最初の大量殺人のお嬢さんとか)、あれを無意識に下敷きにしてたかもです、たしかに。

いかんよねえ、それじゃいかんのよねえ。
いやはや。

Posted by: 真名 | November 20, 2016 at 08:25 PM

たまぴよさん、こんにちは。

見てこられたんですね。
私自身は作品にはあまり興味が持てなかったのですが、竜也が関わるかと思うと穏やかな気持ちになれませんでした。
元々最初の実写化の前には「D本K一さん」がビジュアル的に原作に近いとネットでは言われていたんですが、事務所的にもちょっと無理だよね~と思っていたところへ竜也での実写化でした。
当時はバッシングもすごかったな~と記憶しています。
これきっかけでその後の他作品も影響して「絶叫系俳優」と呼ばれるようになったのがなんとも不満で、窪田君もそうなってほしくないのが本音です。
ドラマはドラマ、映画は映画で別物と思うのが一番だと思うので、最近としては松山ケンイチさんの「聖の青春」も15年前に竜也でドラマ化されてました。
映画の方は見るかどうか迷うところですけど、作品の映像化というのは昔も今も繰り返していくのね、と思う感じです。
「十三人の刺客」もそうですもんね。

Posted by: 綺羅々 | November 22, 2016 at 03:26 PM

>蒼さん

デスノートは合わないんですね〜。話的には面白いと思うんですけど、今回のはちょっと設定にも無理があるような気がするし。詰め込みすぎて説明不足っていう…hulu前提ってのがちょっと卑怯な感じです(^-^;

>コロンさん

この映画が名作ですっごく面白かったらイヤだなと思っていたのですが、わりとそんなことはなかったので(←おい)安心しちゃいました。デスノートというブランドだけでそこそこヒットはしてるみたいだけど、わかりにくいんだもん。でも、ミサミサのシーンはすっごく切なくなったので、ぜひ見てていただきたいかな。

>*M*さん

映画観られたんですね〜。
ほんとになんで6冊??ですよね。その前にいろいろ説明不足だっつーの!!huluで予習されて行かれたんでしょうか。私はわかんないところがいろいろあったので不満です。池松くんはよかったですよね。アーマにも泣けた。菅田君、思ったより出番少なかったけど、ラストで一生懸命ノートの切れ端に名前書いてたところはよかったですね。笑ったけど、一番ちゃんとデスノート使ってた(笑)

淋しい狩人の窪田くんはビジュアルがよかったですよね〜。でも、放送時期のせいで、違和感満載だった記憶が(笑)残暑厳しいころに放送したんですよね、たしか。どうでもいい情報、失礼しました(^-^;

>にゃおすけさん

最終回の告知は、私も激おこでしたよ!!
全然見る気がなかったのですが…ついつい…いろいろ確かめたくて行ってしまいました(^-^;
デス◯◯◯-さんがそんなツイートされたんですねえ〜。詳しい感想知りたいなあ〜。

おっしゃるとおり、日テレばかりなのはなぜなのでしょうね。TBSかNHKあたりのしっかりした作品にも出てほしいですよね。

>ひろひろさん

原作というか、お話的にはデスノートはおもしろいと思うのですが、藤原さんの映画もダメでしたか?そうですか…。たしかに、傲慢な天才で、窪田くんの月のような切なさはなかったですもんね。
私も、あんなノートを拾わなければって思いましたよ。池松くんはとってもよかったので、地上波で放送されたら、見てみてはいかがでしょうか。

>真名さん

ぜひぜひぜひ!!!この頭の悪い私に、いろいろ解説してほしいです。近々お会いできたらうれしいな〜。
ラスコのせいで、huluに再加入しないといけなそうなので(笑)入ったらスピンオフドラマ??も見てみようと思います。

>綺羅々 さん

藤原先輩のファンでいらしたんでしたか?
好きな俳優さんが炎上必至のドラマ(or映画)に出るとわかったときの気持ち、窪田ファンもさんざん味わっていますから(^-^;ツライですよねえ〜。
絶叫系俳優かあ…。窪田くんもそうなってほしくない、同感です。デスノートで叫ぶ系の演技やイカれてる演技の印象がついてる方がいっぱいいるみたいだし、そっちより情感溢れる役のほうがうまいのにって、世界の中心で叫びたい気持ちです(←おおげさ)

13人の刺客は、賛否両論あったけど、オリジナルより三池監督のほうが好きかな。オリジナルのは退屈で寝そうになりました(←おいおい)


と、
ここまでがんばって書いてきたけど、今日はもう限界なので、続きのお返事はまた明日に…。もっとできると思っていたのに、意外とダメだった(笑)
ほとんど毎日蒼さん(とコロンさん)がコメントしてくれてることに気がつく今日この頃です。いや、ほんとうはずっと前から気付いてたけど、これほどとは(笑)ほんとうにいつもありがとうございます。

Posted by: たまぴよ | December 04, 2016 at 02:13 AM

はじめまして。少し前から読んでいます。窪田くんを知ったのは、デスノートです。遅いですよね。でも、その時凄く面白くて、原作や映画を見たりして、デスノートと窪田くんにハマっていきました。それで、デスノートと窪田くんのファンになりました。映画も面白かったので、今回見てみたら糞つまらなくて、映画の本編、ドラマを全てめちゃくちゃにされた気分になりました。怒りがどうしてもおさまらないんですよね。それで、たまぴよさんの感想を見て、確かに、よく分からなかったなって。今後とも、更新を楽しみに待ってますm(__)m

Posted by: 沙羅 | January 10, 2017 at 08:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/64502877

Listed below are links to weblogs that reference 映画「デスノート Light up the NEW world」:

« ラストコップ#6 その2 | Main | 足が長っっ!!!(笑) »