« JUNON2016年12月号 | Main | 11月のカレンダー作成しました »

October 27, 2016

映画「はさみ」特典映像(メイキング)

「はさみ」は窪田くんが21歳のころに撮ったらしい、地味だけど心温まる映画です。美容学校の先生と生徒たちのお話。WOWOWで放送されたのを録画できたので、特にDVDは買っていなかったのですが、このたびお友達にお借りすることができ、特典映像を見ることができました。スズちゃんありがとう〜!!(*´∀`*)

本編記事はだいぶ前に書いてます。よければそちらもご参照ください。これを書いたの、2013年3月ですねえ〜まだファン歴も浅く、過去作をいろいろ検索しては夢中で見ていたころ…懐かしいなあ〜。ここに遊びにきてくださってる方の中にも、今まさにそんな状態の方もいらっしゃると思います。いろんな意味で、ちょっとうらやましいです。ふふふ。

01
02

03「自分たちは学生なので、1ヶ月前くらいからブローとかカッティングの練習をしに来て、普段メイクさんたちにやってもらってるブローとか、自分がやってみてすごい手間がかかりました」

05洋平を演じてみて
「家庭に問題がある子というのを想像してやってみると、心を休める場所がなくて、小さいころから苦労してるんだなって、心が深い人だなと思いました」

06

07

08「幼いですよね。自分は21なんだけど、世間を知らないのがあからさまに出ちゃう19歳の気持ちがよくわかりました。バイトとかしてるときとか、上司にイヤなこと言われたりそっけなくされると顔に出ちゃうし。そういうの理解できたりしました。大変ですね(笑)」

09主演の池脇千鶴さんについて
「先生と生徒だけど、どこか友達のような、そのさらに向こうをいっているのを台本で読んで感じたので、ありのままにしゃべれたし、池脇さんと芝居させていただいて、勉強になることがたくさんありました」

池脇さんの窪田くんの印象は、「ご本人と役を重ねてみてしまうと失礼かもしれないけど、見た目とか、ぱっと見のその人の雰囲気とか、洋平に合っているなと思いました。なんか危なげで、大人なんだけど子供のあどけなさを持った顔をしていて、彼自身陽気なところもあるので、洋平がはしゃいでいるところが彼の素の部分だったりとか、合ってるなと思いました。」とのことです。

10

11このシーンを、25日にあそこにいたお友達のみんなに捧げます(笑)

13ご覧の方々にメッセージを
「自分が今何をしたいんだろうってわからない、ちょっと悩んでたりする人に見ていただけたら、たぶんその悩みとか、なんとなく答えが見えてきたりして、どこかプラスになるんじゃないかなと思ったりしますね」

この映画、撮ってから公開するまでに2〜3年かかったらしいですね。窪田正孝21歳、若くてぽよぽよしてる感じ。可愛いですね〜。あれからだいぶ大人になって、色気もシワも…(←おいおい
何気にロン毛のころの綾野剛氏もでてたりして、意味もなくお得な気持ちになりました(笑)

|

« JUNON2016年12月号 | Main | 11月のカレンダー作成しました »

Comments

たまぴよさん、こんばんは。
「はさみ」見てみたいです。
窪田君出演作を少しづつ集めているものの、見ている時間がないので、次が買えないと言う事態になっています。
窪田君制覇は楽しみながら少しづつです。
嬉しい事に、11月に「事件15」が再放送されます。数えながら待ってましたが、14が抜けた気が・・・。ま、どーでもよいんですが。
これで、次は「淋しい狩人」を再GETしたいです。
二サス宮部シリーズが抜けているのが、許せないのです。よりにもよって窪田君( ;∀;)
後、謎ディナも再放送して欲しい。全部DVDに焼いていたのに、やはりなくなりました

Posted by: 蒼 | October 28, 2016 at 12:49 AM

はい、「そんな状態の方」ですw
まさに過去作をぽつぽつ追っかけ中ですが…
どの作品を見ても役柄によって本当に全然違う雰囲気を纏っていて、でもやっぱりちゃんと窪田くんで…自分でも何言ってるんだかよく分かりませんがw、正にカメレオン俳優!演技力の高さ、役作りの深さに驚かされます。
個人的にはNやダコタのような、心の葛藤を抱えた重めの演技が好きですね〜。
「ハサミ」はまだ見ていないのですが、必ず見たい作品のひとつです!

そして更に驚かされるのが、どの作品でも、役の大小にかかわらず、たくさんの他の俳優さんたちの中にいても、必ずひときわ目を惹くというか…ひとりだけスポットライトが当たっているような、周りがピンボケなのにひとりだけしっかりピントが合っているような、全然上手く言えないんですが、見るたびにそんな感覚を覚えること。不思議です。
…ファンの欲目で盲目になっているだけでしょうか(´-`).。oO?
いや〜窪田沼、深いですねぇ〜ww

Posted by: *M* | October 28, 2016 at 06:07 AM

たまぴよさ~ん

洋平君の赤ちゃんじゃーなかったですよね~
小っちゃい弟君なんだよ
あの喪服の人、バーのママの石井まるみさん
「Xmasの~」と同じときなのかな~
そうそう綾野剛君も、絡みはなかったんよね

>家庭に問題がある子というのを想像してやってみると、心を休める場所がなくて、小さいころから苦労してるんだなって・・・
「ふが僕」の福田君も似てるところがなきにしも

映画でこんないい表情を引き出してくれてる監督さん
まさくんをつかってほしいでやんすね
「東京ぐ~る」が楽しみでありんす。。

Posted by: 森くま | October 28, 2016 at 06:33 PM

たまぴよさん、こんばんは〜。
「はさみ」は地味だけど、良い作品ですよね。
メイキングは見た事がないので、こんな感じなんだってわかって嬉しいです(*^_^*)ありがとうございます!
森くまさんがおっしゃってますが、「ふが僕」の福田くんも似てますね。
窪田くんのご家族はあったかくて素敵な感じだから、やっぱり想像する力がすごいんだろうなぁ〜。
この二人とはちょっと違うけど、問題があるっていったら、今huluで慌てて見返している翔ちゃんもそうかも。
窪田くんの泣きの演技はいつも心鷲掴みって感じだけど、久々の翔ちゃんの涙にもやられてしまってます〜。

Posted by: ミトン | October 28, 2016 at 08:46 PM

>蒼さん

はさみは地味だけどいい映画なので、いつか機会があったら、ぜひ見てくださいね。窪田くん制覇、がんばってください(*´∀`*)
いっぺんに見ちゃうと一つ一つの印象が薄くなるので、じっくりとね〜ヽ(´▽`)/

>*M*さん

うわ〜、ほんとうらやましいですよ(*´∀`*)
私も過去作を見れば見るほどもっと見たくなって、どんどんはまっていきました。なつかしい思い出だわ〜(*´∀`*)

役の大小に関わらず存在感を出してくるんですよね、窪田くんって。ファンのひいき目、盲目の極みかもしれませんが、ほんとにおっしゃることに同感です。窪田沼、深いです(笑)

>森くまさん

監督さん、どなたでしたっけ〜?
ほんとにまた窪田くんを使ってほしいですね。

綾野剛もこんなちょい役(←失礼)で出てた時期もあったんだなって、しみじみしちゃいます。
絡みがあれば面白かったのにね〜。

>ミトンさん

そうですね〜、役の環境とか想像して、役の人物そのものになりきっちゃうんだって、何かで読みました。あったかい家庭に育ちながら、不幸な役もめっちゃハマるとか、そういうカンみたいなのも、やはり才能なのでしょうね。←盲目(笑)

Posted by: たまぴよ | December 02, 2016 at 12:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/64363506

Listed below are links to weblogs that reference 映画「はさみ」特典映像(メイキング):

« JUNON2016年12月号 | Main | 11月のカレンダー作成しました »