« TVstation 6/17号 | Main | HiGH&LOW THE MOVIE前売り特典 »

June 06, 2016

ダヴィンチ7月号

01待ちに待ってたダヴィンチを早速ゲットしてまいりました。この表紙が本屋さんの新刊コーナーに面陳列と平積みになってるのを見ると、胸熱です。しばらくうっとり眺めちゃいました(*´∀`*)

プロデューサーさんとの対談、すっごく面白かったです。日テレに、窪田くんをひいきにしてくれる方がいたんですね〜。QPからのご縁とか。それで日テレ御用達俳優だったんですね〜(笑)ありがたいわ〜。

窪田くんのこと、誠実だから色気があるなんて言ってくださっています。色気を前面に出した役、窪田くん主演の恋愛ものをやってみたいなんて書いてあるので、もうめっちゃ期待しちゃうじゃないですか〜!!!(*´∀`*) たのしみです。
印象的だったのは、「飽きられることが怖い」と言う窪田くんに対して、「出る作品ごとに、いつも新しい色が出ている。作品に出続けている限り、窪田くんが飽きられることはないと思いますね」とおっしゃってること。面白いですよね。

ラブストーリーが苦手って言ってるけど、キスシーンがあんなにうまいって話題になってるのに…おかしいですね(*´∀`*) 太輔くんはほんとにすごいって言って、キラと零のラブシーンの説明を早口でする窪田くん、めっちゃおかしいですね!!その説明するところを見てみたかった(笑)

02_2
「普通にその役を生きる 唯一無二の俳優」ってコピーが、すっごくいいですね!!!
窪田くんに関してよく言われる「演じるのではなく、その役を生きる」
だから説得力や存在感やリアル感が生まれるのですね…。

ロングインタビューも一気に読んで大変興味深かったのですが、長くてとてもまとめることはできないんですけど、最後の言葉「求めていただけることがありがたくて。僕は芝居で、求められる以上のものを、倍にしてお返ししたい。」ここがめっちゃ印象的でした。
いろんなインタビューとか読むたびに、ほんとに俳優は彼の天職だったんだなって思います。整備士になってなくて、本当によかったです。裏方の仕事にも興味があって、俳優であることにこだわりはないって言ってるけど、いつまでも、おじいちゃんになるまで俳優でいてほしいですね。

03すごいいい表情なのに、裏のマンガが透けて変な線が見えちゃうのが悲しい…。もうちょっといい紙使ってくださいよ、ダヴィンチさん。窪田くんのページだけでいいから!!(笑)

とにかくガッツリ18ページ物特集、読み応えもバッチリで、窪田くんのお仕事年表とか、やってほしい役とか、読者が選ぶベストキャラクターTOP10とか、ロングインタビューとか、ほんと盛りだくさんで感動です。ファンの皆さんの意見も大変共感するものあり、ベストキャラクターでスモーキーの順位が意外に低いのが不満だったり、演じてほしい役もおもしろかったし、もう永久保存版にしたいですね。紙質がペラペラなのがちょっと…。熱心に読んでるとヨレヨレになっちゃうんですけど…(^-^;

写真がどれもめちゃくちゃよくて、全部貼りたいところなのですが…自粛。しつこいですが、このビジュアルでアリスをやってほしかった!!!(笑)しつこくてほんとにすみません。

|

« TVstation 6/17号 | Main | HiGH&LOW THE MOVIE前売り特典 »

Comments

たまぴよさん、こんばんは。
朝一仕事前に買いました!
なんかいつもより部数が少ない、まさかの窪田君ファンか!
私もアリスで特集欲しかったですが、今回のヴィジュアルもよいし、インタビューも楽しいのでよしです。
しかし窪田君、三池監督本当に好きですね。三池監督も可愛いだろうなぁ。
やはり、みなさん最近の窪田君の色気が気になるのですね。確かに色気がムンムン(笑)
でも私は可愛い方が好みです。俳優さんとしては色気は好きですが、可愛いのに色っぽさがあるのがヴィジュアル的にはツボ。
意外にデスノより窪田君ファンは成瀬君が熱い。
後、窪田君のスラダン好きは可愛い。ま、私はスラダンよりハレビですが。
窪田君の役は見ている人を本気にさせますよね。その世界に落とされる感じかな。
その役に此方が感情移入してしまう。けど、けして流れの中で浮かない、他にはいない役者さんですよね。
窪田君は飽きられるのが怖いみたいですが、下積みして、苦い経験した人はそう簡単に飽きられませんよ。心配性ですね。
とにかく、ダ・ヴィンチさん本気の特集ありがとうです。
あ、ダ・ヴィンチさんはあの程度の紙質は昔からです。捲り難いのです(笑)
因みに、今日のキスブサ工さん1位。小ネタ入り。予告の窪田君が可愛い。またネジにツボるのですね。

Posted by: 蒼 | June 07, 2016 at 12:06 AM

たまぴよさん、おはようございます!

ダヴィンチ、ポチってまだ届いてないのですが、楽しみで仕方ありません。そうですか、熱心に読むとヨレヨレに…。これは保存版と2冊買いでしょうか?
でも蜷川実花さんとのやつと、T何とかも欲しいんですよね。まだ大丈夫でしょうか。他にも絶対欲しいのが出てきそうですね。うーむ、どうしたものか。

ダヴィンチのアンケート、ちょうど忙しくて参加できなかったのですが、頑張って書けば良かったなあ。
私の中で好きな役柄の1位は文句なく成瀬くんなんですけど、そのあとは悩みます。重盛、光、柳川くん、夜神月、黒崎さん、翔ちゃん、倉さん、福田くん…。まだまだ見られてない作品が多い私でも、次々出てきます。

本当に俳優は窪田くんの天職ですよね!人見知りの普通の男の子の背中を、よくぞお母様、どーんと押して下さった。お顔や声やスタイルや身体能力は勿論、謙虚さや素直さ、ストイックなところ、人見知りなところも、役者としての味わいを深めているのだと思います。


Posted by: にゃおすけ | June 07, 2016 at 07:01 AM

たまぴよさん、おはようございます。

昨日、仕事帰りに買ってきました。
確かに、表紙も含めて紙質が・・・
なので、そっとめくらないといけないです。

日曜にTBSチャンネルで「Nのために」の後半の放送があって、成瀬くんを観たばかりです。
私も、1位は成瀬くんにしました。
「ただ、一緒におらん?」っていうの、切なくてたまりません。

「色気?ありませんよ」って言ったのもおかしかったです。
役が抜けなくて苦しくなったりしない?っていうのは、私もちょっと心配だったけど、それはないそうで安心しました。
まだ、ざっと読んだだけなので、仕事が終わったらゆっくり読もうと思っています。

Posted by: ひろひろ | June 07, 2016 at 07:35 AM

たまぴよさんこんばんは。

ダ・ヴィンチさんよくぞ特集してくれたという感じですね。
対談記事とか、とにかく内容が濃いですよね。
ラブシーンが苦手な説明の件とかなんか想像できてしまって微笑ましい。
その人に認められたいと思ったらコミュニケーションでなく芝居でというのもすごいなあ、と尊敬させられます。自分なんかつい小手先でなんとかしようと試みますからね。

手袋でさわったほうがいいかというくらい痛みやすそうな紙質なので残念ですね…。
最初の遠くをみつめる写真も素敵。

Posted by: まめ雪 | June 07, 2016 at 06:37 PM

たまぴよさん、こんばんは。

昨日、本屋で吸い寄せられるようにダビンチの前へ。
1番上の本で立ち読みして自分で買うものは下の方から引っ張りだしました!!

色気にも色々とあるなぁというのが私個人の感想で、齋藤工くんとは違った色気だと思ってます。プロデューサーのかたも言ってたけど、QPのエイジの色気は何とも言えない(ღ♡‿♡ღ)台本にはないことをたくさんしてたと言ってたけど、気になる~!!エイジ大好きなので見直したい!!

お腹いっぱいの記事でしたね~!!
ダビンチさん!ありがとう!!

Posted by: まんぼう | June 07, 2016 at 06:44 PM

たまぴよさん、こんばんはー
2冊買っちゃいました~本屋さんに取り置きしてたのを朝買って、仕事帰りにもう1冊。
窪田くんに嵌まるまでは、同じのを2個買うファン心理が理解できませんでしたが、保管用の意味が分かりました。今回のように紙がぺらぺらならなおのこと。。。
一番笑ったのは、成績良くなかったのところ、前にも書きましたが窪田くんを好きになるまでは高学歴芸能人が好きでしたしクイズ番組でアホな答えを言う人は好きになれなかったですが、窪田くんの過去映像見て、あまりかしこくない解答も「かわいい~」って思えるのは私も歳とったってことかな。。。
窪田くんの演技がそれを覆すほど、魅力的か。。。まっどちらでもありますね。。。正直ネプリーグとかには出てほしくないけど、、心配で心臓がもちません。。。英語なんて苦手そうだし、前に「フロント」が答えられたのも車好きだからのような気がするし。。。

Posted by: コロン | June 07, 2016 at 08:53 PM

>蒼さん

窪田くんの表紙だ〜って思うと、ほんとにニヤニヤ眺めちゃいましたよ。普段は見ないのに(笑)
また三池監督の作品に呼ばれてほしいですね。でも、ゴキブリ映画に呼ばれなくてほんとによかった(←おい…
かわいい中にも、ふとしたときにかいま見える色気っていうのがいいですよね。T.みたいにド直球の色気ももうたまりませんけど(笑)

私も、心配しなくても窪田くんはそう簡単には飽きられないと思っています。ほんとに謙虚すぎ。キスブサも楽しみですね〜(*´∀`*)

>にゃおすけさん

私も保存版としてもう1冊購入するべきか、悩んでます。ほんとに紙が薄くて…。
アンケート、みなさんの意見にうなづきっぱなしでした。窪田くんの役に順位をつけるのは難しいですよね〜どれもいいんだもん。
窪田ファンとしては、窪田くんママに感謝しないと、ですね(*´∀`*)
ポチったのが届いたら、じっくり読んで、感動してください(笑)読み応え、十分ですから!!

>ひろひろさん

そっとめくらないと、ヤバイくらいうっすい紙ですよね(笑)
めっちゃ大切に扱ってます(^-^;

私も一位はダントツ成瀬くんだけど、ほかのキャラも捨て難いですよね〜。選べない(笑)
私もざっと読んだだけなので、また読み返したいと思っています。大切に、そっとめくりながら…(笑)

>まめ雪さん

ほんとに内容が濃くて、読み応えあって、ビジュアルもいいし、サイコーですよね(*´∀`*)
ダヴィンチさん、本当にありがとう!!!
願わくはもっと丈夫な紙でお願いしたかった…。保存版をもう1冊買っちゃおうかなって勢いです。ブログ記事を書くために急いで読んだので、もうっちょっとじっくり読み直したいと思ってます〜。

>まんぼうさん

私も、自分が買うのは下のほうから引っ張り出します!!(笑)
でも、たまに、下から出したやつが端が折れてたりとかするんですよね〜、気をつけないと。

QPの斎藤さんも色気があったけど、窪田くんのエイジもなんとも言えませんでしたね〜!!エイジは、特にくちびるが色っぽくて印象的でした。自由な野良猫みたいな、人懐っこいところもありつつ、怪しいヤツでした。出番が少なかったのが残念。もっと見たかったですね。

>コロンさん

2冊買っちゃったんですね〜!!さすがです(笑)
強者のファンは、保管用と布教用と、3冊買うみたいですよ〜(*´∀`*)

知識があるのが頭がいいとは限らないと思ってます。窪田くんは監督が求めることを瞬時に理解してやってみせるというし、殺陣もすぐに覚えてしまうそうです。知識のあるなしではなく、そういうのも頭がいいんだと思います。天性のセンスかもしれないですね。

クイズ番組などでおバカな解答するのもご愛嬌で、ハラハラしますが、かわいいですよね(笑)できれば体力勝負なバラエティ番組のほうが、心配せずに見れていいかもしれないですね。

Posted by: たまぴよ | June 08, 2016 at 12:47 AM

たまぴよさん、皆様こんばんはー(^O^)/
ダ・ヴィンチなのでまた湧いて出ました。
他のも全部読ませていただいてるのですが。

なるほど紙質!
映画雑誌に慣れちゃうと確かにこのフライデーみたいな
紙質は頼りないですね。
珍しく前もって絶対欲しくて、でも表紙が素敵過ぎて
行きつけの本屋のレジに持って行ける気がしなくて、密林に注文してありました。
でも、日中読みたくなって結局本屋のレジも突破してしまいました。
結果的に二冊手もとにある形ですが、後から来た完全包装の方は、
「いつか出逢う今日より後にくぼたさんに嵌った誰かさん」に
あげようと思う、という素敵なお仲間の言葉に嬉しくなって
そのままにしてあります。
そのくらい内容が結構今んとこのくぼたさんペディアになってる気がして。
〇年前はこんなでした、って。

どの記事も読みごたえありました。
日テレ呪縛の主因はこれか!のプロデューサーさんとの対談も
くぼたさんの「普通でいる」の意味が業界内で持つ特異さがよくわかったし、
作る人から見ての魅力も伝わってきたし。

読者のアンケート!はもう言葉にならない迫力です。
この熱量を伴った質量の圧倒的な力。
それぞれの言葉たちのまだ奥にある物語を全部聞いて歩きたい。
そこに掲載されたたくさんの思いも誰にとっても氷山の一角でしかない訳で、
いったいどのくらいの熱い気持ちがくぼたさんを包んでいるのかと、
こちらの胸も熱くなるという素敵な読後感でした。

ロングインタビューに見える、よい意味での頑固さも、
ああやっとこの人はこれを言葉で語るようになったんだなあ、
みたいな親戚のおばちゃんみたいな気持になりました。
ゆっくりゆっくり時間をかけていい男になっていってね、
素晴らしい役者であり続けてね、ってしみじみ思いました・・。

こんな「一般的な」数のたくさん出る雑誌にこんなに熱心に
取り上げてもらって、どこを見てもお名前と賛辞とご自身の
言葉に溢れている、なんて贅沢なことでしょう!
モノをきちんととっておけない性分なのでいずれ見失って
しまうかもですが、
この雑誌はほんとに保存版ですねヽ(^o^)丿
ありがとう、ダ・ヴィンチさん!

長々失礼いたしました。
また参ります。

Posted by: 花草 | June 08, 2016 at 01:35 AM

たまぴよさん、こんばんは。
窪田くんの魅力がたくさんつまっていてダヴィンチさんに感謝感激です(*^_^*)
ファンの方のメッセージを読んで窪田くんのキュンとする仕草や笑顔のことや演技のことなど共感することばかりで嬉しかったです!!
窪田くんに出てほしい作品で「君の膵臓を食べたい」という作品を私も投稿していて上がっていたのでおおーと声をあげてしまいました(o^^o)
窪田くんが飽きられたくないということを色々な雑誌やテレビでも言われていたのでなんて謙虚な方なんだろうといつも思っていました。
まわりの方への感謝の気持ちを忘れない窪田くんのことをスタッフさんや監督の方、多くのファンの方々は飽きないと思います。
これからも窪田くんらしくお肉をいっぱい食べて
元気でいてほしいです(*^◯^*)

Posted by: プチトマト | June 09, 2016 at 09:27 PM

こんにちは、初めての書き込みで失礼します。
窪田君に関しては、「ケータイ捜査官7」から存じ上げてますが、ほんと着実に前進している素敵な人ですね。
普段はしないんですが、この雑誌に関しては気が付いたら3冊も・・・sweat02
さて、ページの裏うつりの件ですが、スキャンするときに裏側に黒画用紙などをあてるとほぼ裏うつりしないと思います。
昔のスキャナーなどはその原理からはさむ面が白ではなく黒でしたので。
勿論裏側が濃すぎてダメな場合もあるかもしれませんが・・・。
綺麗にできると嬉しいですね。

Posted by: 綺羅々 | June 20, 2016 at 04:36 PM

あらっ…今日綺羅々さんのコメントがついたので見に来たら…随分前にもコメントがついてた!!花草さん、プチトマトさん、見落としてて本当にすみません( ̄Д ̄;;無視していたわけではありませんので!!!
大変失礼いたしました。

>花草さん

六本木でお会いできて、もうめっちゃうれしかったです。時間なくてちゃんと話せなかったのが心残りです…。

花草さんのコメントの熱量がハンパないので、どうお返事していいのか、ただ読ませてもらって、ああそうだなとか、その通りだなとか、うなづくばかりですよ。
おっしゃるように、「一般的な」雑誌に取り上げてもらって、本当にうれしいですね。時間をかけて、いい男になって、素晴らしい役者になってほしい、まったく同感です。彼のこれからを、見守っていきたいですね。

>プチトマトさん

窪田ファンはみな同じようなことを思ってるんだなって、同じファンとしてほんとにうれしくなりますよね。っていうか、私なんて皆さんの愛に全然かなわないやって思っちゃいます(笑)
対談相手のディレクターさんが「作品に出続けている限り、飽きられることはない」っておっしゃってくれたのがすごくうれしくて、そうあってほしいと心から願ってしまいますね。

>綺羅々さん

初めまして!!コメントありがとうございます(*´∀`*)

ケータイ捜査官7からの彼をご存知でいらっしゃるとは!!大先輩ですね。
なにかの折には、またいろいろ教えていただけたらうれしいです。

ページの裏写りについて、ありがとうございます!!!!!
そうなんですね〜(*´∀`*) 今度試してみます。
本当にありがとうございます。こんな思いがけない豆知識??を教えていただけるなんて、ブログやっててよかった〜ヽ(´▽`)/
また遊びにきてくださいね(*´∀`*)

Posted by: たまぴよ | June 20, 2016 at 10:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/63741666

Listed below are links to weblogs that reference ダヴィンチ7月号:

« TVstation 6/17号 | Main | HiGH&LOW THE MOVIE前売り特典 »