« 映画「ROAD TO HiGH&LOW」 | Main | FIGARO japon7月号 »

May 21, 2016

映画「ロクヨン」

ようやく「ロクヨン」を観ました。重たい映画でした…。主演級の人たちがわらわら出てくる豪華なキャスティング、その中でもパンフレットにちゃんと窪田くんのコメントも載っている!!というところに、喜びを感じます。プロフィールだけの人もいたのに…。

02パンフレットは、新聞記事のようなデザインになっていて、すっごく凝ってて面白かったです。

ちょっとネタバレ含みます。ご注意ください。

窪田くんの出番は少ないと聞いていたけど、少ないながらも、なぜかけっこう満足!!ビジュアルもまた新鮮な感じだったし、三上の手紙を握りしめて泣くところは、胸を打たれました。彼はあれで救われたんだろうか…。ずっと、誰かにそう言ってほしかったんだね。
幸田さんもそうだけど、人生台無しになっちゃって、ほんとに気の毒すぎる…(T^T)
日吉くんママが「人の役に立ちたいと言って転職したのに」みたいなことを言っていましたが、あの事件さえなければと思うと、ほんとにやりきれないですよね。

泣いてるシーン、ヒゲと顔の角度と表情で、重盛をちょっと思い出してしまいました。
ミーハーですみません。14年間も引きこもっていたら、もっとすごい姿になっているかと思ったのですが、わりと思ったほどではありませんでした。

窪田くんの出番は少なかったけど、冒頭から出てくるし、自宅班の皆さんが隠蔽を相談するシーンで窪田くんのアップがありましたが、妙に美しかった…。気のせいかもしれないですが(笑)

しかし、主役の三上さん、上(上司)からも下(部下たち)からも横(記者クラブ)からもガンガン言われて、ほんとにお気の毒。家庭でも娘が家出してたり、妻が不安定だったり、ほんとに大変。日吉くんママにおもわず嘘ついちゃう三上さんの心情もよくわかったし…記者クラブの連中はにくたらしいし(笑)

01
アカデミーナイトだったかな?窪田くんと吉岡さんが対談した番組、もう一度見直してみたいと思います。泣いてるシーンで、幸田さんの優しい声に癒されたって言ってましたよね。

後編を観ないとまだなんとも言えないですが、とても面白かったです。引き込まれました。退屈だなって感じるところはあまりなかったです。ただ、警察組織内の対立的な構図を理解するのが大変でした。予習が必要だったかもしれないですね。
しかし、窪田くん、後編の出番はあるのかな?と、ちょっと心配になるんですが…。大丈夫ですよね??
前編は、誘拐事件がメインではなく、警察や記者たちとの人間関係が描かれて、最後に模倣事件が起こって、後編への前振りって感じでしたね。後編で、現在の事件も14年前の事件も一挙に解決するのでしょうか。後編ももちろん観に行きます!!

|

« 映画「ROAD TO HiGH&LOW」 | Main | FIGARO japon7月号 »

Comments

たまぴよさん、こんばんは。
今日は深夜で64と窪田君の番宣してきたアホです。
たまぴよさんも64見られたんですね。
私は個人的に窪田君演技で一番好きかもです。
最初の日吉の硬い表情は、泣きシーン後だったからだとか後から分かると、なるほどねとも思いました。
日吉の最後のシーンは、三上の気持ちと同化して、日吉日吉、三上の気持ち分かるのよ!とハンカチ握りしめ、手紙と僅かに光が日吉を照らした涙みたら、込み上げてくるものが、あり泣いちゃいました。見終わってホッとして小田さんの歌が流れたら、シーンを総てフラッシュバックさせてまた涙。
後編予告で、ちらっと日吉がいたから、たぶん葛藤とか色々でるのかなとちょっと推測しました。
64みたら、窪田君が学芸会に出ると窪田君の演技しかみられませんが、重厚なものに出るとお互いの役者さんが凄く引き立てられ、魅了されます。
ヒロマニはヒロマニの良さがあり、窪田君が可愛いとか言えますが、64はそんなの抜きで見られるまた違った良さですね。
そして、バッフさん届きました。
可愛い!猫と窪田君笑顔!癒し系ですね。
メロメロな私です。

Posted by: 蒼 | May 21, 2016 at 10:23 PM

たまぴよさん、こんばんは
64は後編の公開1週間前に見る予定です。
完成披露試写会に行った窪田くんファンの方が映画の関係者の人に後編の方が出るみたいなことを言われたとか、その情報を信じて後編を楽しみにしてます。
たまぴよさんの感想聞いて行くの楽しみになりました。
今日はJUNON とFから始まる雑誌買いました。JUNON は結構衝撃でした。

Posted by: コロン | May 21, 2016 at 10:50 PM

たまぴよさん、こんばんは。

ロクヨン、とってもよかったです。
出番はとっても少なかったけど、しっかりと足跡は残してますよね。予告犯の時のように。

三上からの手紙をもらった時の涙は泣けましたぁ( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
そうそう、誰かに君だけのせいじゃないって言って欲しかったんですよね。あの言葉が三上からだったのもよかった。。

あれだけ主役級の役者さんが出ていたのに、それぞれのキャラがたっていて存在感がしっかりあって。ストーリーも色々と伏線貼りながらも筋が通っていてよかったなぁと。
私は原作もNHKでやっていたドラマも見てないけど、とってもよかったです٩(ˊᗜˋ*)و”
後半も絶対見に行きます!後半の公開前にもう一回見ちゃうかも。。

Posted by: まんぼう | May 21, 2016 at 11:31 PM

たまぴよさんの毎日の更新ほんとに楽しみです、ありがとうございます(^-^)
日吉君は、少ない出番でもほんとに重要な役ですよね!

14年後は、ドラマ日吉の方が、1か月半かけて7キロ落として、髪の毛を抜いて薄くして、髭を生やして…だったので、忙しすぎる窪田君もほんとはそういう丁寧な役作りがしたいだろうな~と、ちょっと頭をよぎってしまいましたが、64年のほうは、すごくグッときました(T_T)

たまぴよさんは原作は映画後のお楽しみなんですよね(^-^) 原作で警察組織が整理できてから観たら、またグッと面白くなりますよ! 抜けられません(笑)  心理描写がほんとに細かくて、「犯人は誰だ?」より、「犯人はどうしてそんなことをするに至ったか」の過程の描写に引き込まれました(T_T) 登場人物が多く、組織や人間関係も複雑なのに、とても読みやすいのは、“このとき人物がどう思ったか”の描写が丁寧だからかなと。 

前編を観たかぎりでは、全体的に抑えたドラマのほうが原作に近くて、私は好みかなと思いましたけれど、『クライマーズハイ』の映画とドラマもそんな感じで、ドラマの主役は佐藤浩市さんだったので、役者さんというより、演出なのでしょう。
「零は誰なら?」みたいに配役を考えるのは妄想でもとても楽しいのですが(笑)、「この役はどっちがはまってる?」を、実力十分な役者さんばかりの中で比べて考えられるわけですから、もう贅沢で楽しくてしょうがないです☆☆  後編を観たら、私の中で、1番役がはまってた俳優さん大賞を決めて、マニアックに楽しもうと思っております(笑)  映画もドラマも両方が面白かった、横溝正史シリーズや森村誠一シリーズを思い出してわくわくします(←古過ぎる~w) 

後編は、おそらくドラマでもあった、三上とのやりとりでさらにいいシーンがあると思います。原作のラストにも三上と日吉のやりとりがあって、スタバで読んでるのも忘れて(笑)号泣してしまったのですが(T_T)、ドラマはカットでしたが、映画はどうかなあ~。 後編もめちゃくちゃ楽しみです(^-^) 長くなってみませんm(__)m

Posted by: まみ | May 22, 2016 at 12:00 AM

たまぴよさん、2回もすみません。
噂の話をここでしていいのかと思いましたが、、どうしても気になって、
以前から窪田くんWOWOWのドラマを撮影しているとの情報が、WOWOWがアメリカの刑事ドラマ「コールドケース」の放送権を購入、設定を神奈川に変更するそうです。
WOWOW25周年特別記念企画らしくて10月から放送予定。
脚本は映画版64を担当した人とのことで、、、もしかして窪田くん!!!主役は女性刑事らしですが、、、
その他のスタッフも公表されていてキャストは未発表。
監督いわく最高のキャストが揃ったと、、、、久しぶりに重厚なドラマに出演するんじゃないの~もし実現したら今まで、事務所さん仕事選んでって思ってた事を誤りたいです。

興奮のあまりすみません。

Posted by: コロン | May 22, 2016 at 03:33 PM

たまぴよさん!こんにちは(^^)
64観て来ました。
窪田君の泣きの演技にやられてしまいました。
やられてしまうのはいつもの事ですが(^^ゞ
前半と後半のあれだけ感情が違う泣きの演技
素晴らしかったです。
ロビンウィリアムスとマットディモンの
グットウィルハンティングでも「君は悪くない」
と抱きしめる所が圧巻でしたがそのシ-ンを
思い出しました。
ダ・ヴィンチのアンケ-トにグットウィルハンティング
のマットデ-モンのような役をやってほしいと書いたので
それが頭にあって余計ジ-ンときました。

どなたかが言っていた様にどの映画にもドラマにも
窪田正孝が感じられない役でしかいない
窪田君と言う役者さんを見つけられた
事本当に幸せを感じています。

Posted by: ぴろあに | May 22, 2016 at 04:17 PM

>蒼さん

ああ、そっか、最初のシーンは泣いちゃった後だったんですね。もう一度観たら、いろいろ発見することもありそうですねえ。後編の前にまた観ておきたくなっちゃいますね。

予告に日吉くんがいたのかどうかもわからなかったんですが、出番はちゃんとあるんですね。楽しみです。
ほんとに出番は少なかったけど、強烈に印象に残りました。日吉くんの人生を思うとやりきれない気持ちになるけど…後編で救いがあるといいな…。
ロクヨンは豪華な俳優さんたちの競演が見られて、見応えがあってよかったです。

そして、バアフ、ほんとに癒されますよね(*´∀`*)

>コロンさん

後編のほうが出番があるんですか?それは楽しみですね。がんばって見に行こう!!

ジュノンをもうゲットされたんですね!!こっちではまだ売ってない模様。すごい話題になってますよね(*´∀`*)
楽しみです!!!!

それと、後のほうに書かれているWOWOWドラマ情報、ほんとだったらすごいですね!!詳しくありがとうございます。めっちゃ面白そうです。見応えあるドラマにやっと出てくれるのかって、ほんとうれしいですね。
発表を待ちたいと思います(*´∀`*)

>まんぼうさん

ロクヨン、よかったですよね(*´∀`*)
窪田くんの出番は少なかったけど、映画自体が面白くて引き込まれました。三上の手紙のシーン、あのたった一言が強烈なインパクトですよね。日吉くんのヒゲも(笑)

私はドラマは観ていないのですが、原作は購入済みなので…読みたい衝動に駆られています!!!去年、この映画に出るって聞いて買ったのですが、存在を忘れてました(^-^;←おい!!

私ももう一回観てもいいかなって感じです(*´∀`*)

>まみさん

重要な役でしたね。ほんとに切なくてやりきれない感がすごくて…。ドラマ日吉のほうはどなたがやったのでしょうか。ドラマのほうは見ていないのでアレですが…。

いつもは原作を読まない主義なのですが、今回は読んでおけばよかったかなと思いました。警察内部の人間関係を理解するのが大変だったので…。刑事部長とか警務部とか、なんかいろいろわかりずらかったです。後編の前に読んでしまおうか、悩み中です。

ドラマのほうが好みでしたか?私は観てないので比べることはできないけど、映画とドラマでは構成とかも変わってくるし、比較してみるのも面白そうですね。ドラマの日吉くん役はあっていましたか?
はまってた俳優さん大賞、楽しみにしてます(笑)

後編もいいシーンがあるんですね!!楽しみです。私は予告で日吉くんの姿を見つけられなかったので、出番があるか心配しちゃいましたが、すっごく楽しみにしたいと思います(*´∀`*)

>ぴろあにさん

そうですね〜私もやられました。
たしかに前半と後半は意味が違う泣きだったですね…。
出番は少なかったのに、満足感があったのは、全体的に見応えあったからでしょうか。

窪田くんは、その役ごとに魂ごとなりきってしまうとどなたかが言っていました。同じメガネ男子でも光とも心也とも違う、同時期に撮ったデスノやヒーローマニアのどの役もまったく違う、ほんとにすごいですよね。
これでまた牧生ちゃんも全然違うんだから、なんかむしろ呆れちゃいますね(笑)

Posted by: たまぴよ | May 22, 2016 at 09:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/63664565

Listed below are links to weblogs that reference 映画「ロクヨン」:

« 映画「ROAD TO HiGH&LOW」 | Main | FIGARO japon7月号 »