« 装苑7月号 | Main | 6月カレンダーをいっぱい作りました(笑) »

May 29, 2016

世にも奇妙な物語 ’16春の特別編

待ちに待った「世にも奇妙な物語」窪田くん主演のお話は「夢見る機械」

待ちに待ちすぎて、期待が高すぎたせいか、見終わったあとは「う〜ん…」って感じでしたが、1970年代に発表されたマンガ作品をけっこう忠実にドラマ化したものらしいとわかり、コンピューターが古くさいデザインでチープっぽかったのも納得。しかし、ツッコミどころ満載のドラマでしたが、窪田くんは熱演しておりました。

06
主人公の野間崎健二は漫画家志望。部屋でなんか書いてるところとか…この感じ、まさしく夜神月を思い出して、しかもチェックのシャツにななめがけバッグで歩いてるとか…デジャヴュ感がすごい…(笑)

07お母さんを突き飛ばしたら、壊れてしまって…「なにこれ」って言い方が妙に可愛くてツボです

08バイトの作業着姿もいいですね

11お母さんが復活してた…「あんた誰?」って言うこの顔もツボ
前髪の一部分がちょっと長いこの髪型、このドラマのための仕様でしょうか。火曜サプライズでも、一部分が長いなってちょっと気になってました。同時期の撮影なのかな。

14緑、黄色、赤と、どんだけチェックのシャツ持ってんだよってところもツッコミどころ(笑)ななめがけバッグといい、某夜神月くんを思いっきり思い出しますね。彼女は朝市の嫁さんだし(笑)

12ユートピア株式会社に乗り込んで、大暴れ。いつのまにかおためしサービスさせられてたときの「なんてことすんだよ」って言い方がまたツボ(笑)
親も彼女もいつのまにかロボットに。もうほんとびっくりですね。っていうか、気づかないか?普通(笑)

13え、ここで終わり?って感じだったのですが、自分以外はすべてロボットだったということでしょうか。これは怖い。抜けた部分をロボットで補うって言ってたけど、全員ロボットになっちゃったらどうなるの??

子供をほっといて両親が夢の世界に逃亡とかありえないでしょとか、あの新宿地下にどんだけの人が収容されてんのかとか、生命維持はどうしてるのかとか、一生ああいう感じで管理してもらうにはお金をどれだけ払えばいいのとか、ちょっと突き飛ばしたぐらいで簡単に壊れるロボットってどうなのとか、ツッコむのはヤボだとはわかっていても…どうしてもツッコミたくなっちゃうところが満載でした(笑)
でもまあ、なかなかシュールで怖い感じは出ていました。チープ感が残念だったけど。同じセリフを繰り返すお父さんロボとか、工場長ロボも怖かった(笑)

01そして、エンドロールに仕込まれていたお遊びにはちょっとびっくりしましたね。

02目玉がポーンと飛び出しちゃって、落ちた目玉を拾ってふーふーしてるところは可愛かったですが、よく見ると顔が怖かったです(笑)怖くないところをキャプってみました。

窪田くんは熱演し、いろいろ萌えどころもあったわけですが、なんか妙に面白くなかったのはなぜ?
全体にただようチープ感のせいでしょうか。もっとダークなのを期待していたので、肩透かし感もあったかな。今回、どの短編もオチが弱かったような気がしていましたが、エンドロールが最終的なオチだったということでしょうか。(←まさかw)
他の話も、世にも奇妙な物語としてはちょっと物足りなかったかなって感じでした。面白くないわけじゃないけど、すごく面白かったわけでもない、というところでしょうか。でも、今回のは保存することにします(*´∀`*)

|

« 装苑7月号 | Main | 6月カレンダーをいっぱい作りました(笑) »

Comments

たまぴよさん、こんばんは。
「なんてことするんだよ」は私もツボです。そうよ何してくれてんのよ!
全体的には予測は出来る話でしたが、けんちゃんとお母さんロボの件が一番怖かったかな。
私はあーゆうちゃっちい装置意外に好きですが、あのクオリティで自動再生ウケました。
結構現実的な私は、幾ら払うのか、トイレどうするのか、食事は点滴?経菅?そんな事が気になりました。
窪田君は相変わらず引き込まれる演技で素敵でした。現実から逃げないけんちゃんも素敵です。
むしろシェルターの中の人に共感できず、けんちゃんが、壊しに入る時にはヤレヤレ状態でした。
エンディングは可愛らしいけど、窪田君はロボットが人間の演技をしていたと言う役ですよね。
それふまえると、なんかシュールだけど凄いなと思っています。
窪田君の希望的な笑みが絶望に変わっていく瞬間は、やはり誰にも代わりが出来ない役者さんだなと感じざるを得ないですが、これが大人の男性の役ならどうなるか、たのしみでもあります。

Posted by: 蒼 | May 30, 2016 at 12:32 AM

たまぴよさん、こんばんは~
私も「なんてことすんだよ」が可愛かったです。こんな可愛い子を置いて両親さんはなんて事を。。。彼女さんの気持ちは分かるような気がしますが、、、窪田くんの役の彼氏さんは自分の事はすぐ相談するけど彼女のお母さんの話とかあんまり聞いてあげてなさそうな感じが、、、
それにしても、作業着の時もチェックのシャツの時も中に着てる白いシャツは全部一緒?一日で撮影したのかな?フジテレビさん予算無いのかしらと心配になりました。。。
期待してた以上とは申せませんがエンドロールといい今回の4話の中では一番力をいれてくれてたのかなって思いました。
それにしても、工場から出てきたときの遠くからのワンショットは窪田くんのスタイルの良さに驚きました。本当に8頭身、かっこよかったです。服装に関しては作業服がナンバー1でした。成瀬くんを彷彿とさせたし、後窪田くんは座高が低い、喫茶店のシーンや彼女さん家でソファに座っててもこじんまりとしてて、土志田や火曜サプライズでも思いましたが足が長いんだなーって。内容的にはうーんな所もありましたが私的には窪田くんもロボットだったみたいなオチにならなくて良かったなと思いました。

Posted by: コロン | May 30, 2016 at 01:34 AM

たまぴよさま。引き続き、、、
youpaperシネマは直接注文しないといけないみたいで、窪田くん表紙の7ページ?A3サイズかな?
折り曲げての発送は無料配達で、折り曲げないでの発送は送料500円で、もちろん折り曲げないほうで注文しました。1404円でした。

Posted by: コロン | May 30, 2016 at 01:42 AM

たまぴよさん、こんにちは!

世にもですが、あのチープさも救いがない感じも私は嫌いではなかったです。ただ、設定のとんでもなさと主人公の悲惨な状況…。どうしたって、某キャラを思い出しちゃいますよね。
私はフジが話題作りに余計に寄せてきたのでは、と思ってますが(笑)。

どちらかといえば、機械の世界に誘い込む側をやって欲しかったような。クールで計算高い人間を。
ただ、彼女に非難されてからの絶望は、やはり見応えがありましたね。 流石です。

エンドロールは窪田正孝を演じる窪田正孝!しかも実はロボット!なんて自然。ホントのNGと間違えそうなくらいですよね。一番満足した場面でした(笑)。今回の世にも全体の軸に窪田くん主演作があるようなまとめ方で、それも嬉しかったです。

でも感想を見てたら「藤原竜也を意識してる」とか 未だに言われるんですね〜。デスノートのイメージが強いのは仕方ないけど、いろんな芝居ができるのをもっと沢山の人に知って欲しいです。そういう作品に出てほしいですね。

Posted by: にゃおすけ | May 30, 2016 at 05:28 PM

たまぴよさん
こんばんは

私は、あまり怖いのは苦手なので、あれなら大丈夫でよかったです(笑)
まあ夫や恋人はともかく、子どもを置いて夢の世界へっていうのは理解できないけど。
エンドロールも含めてシュールで、窪田くんは可愛いかったし(重要なとこ)まあよかったかな。

Posted by: ひろひろ | May 30, 2016 at 08:19 PM

>蒼さん

私もいろいろと気になりました。生命維持ができてんのかとか、払うお金の額とか…(笑)そんなのはヤボだとはわかっているのですが…。
エンディングはびっくりしましたね。かわいいけど、いろいろ考えるとアレ?ってなるし(笑)
窪田くんもこれから大人の男性の役になっていくんですね。まだまだ学生の役とかが多いけど、今後楽しみです。

>コロンさん

まさか1日の撮影ではないとは思うのですが…短期間で撮ったのかもしれないですね。
エンドロールのお遊びが窪田くんの回にちなんだものだったのは、ちょっとうれしいような感じでしたね。
窪田くん、頭がちっちゃくて、細くて、足が長くて、2次元のキャラみたいって言われてるらしいですね(笑)すごいです。

youpaperって、通販オンリーなのですか?めっちゃ高いですね…。折り曲げないほうを選んでしまいますよね…。中身が見たいけど、どんな感じなのでしょう。

>にゃおすけさん

某キャラに寄せてきてたのでしょうか(笑)
一部の悪意ある人は、窪田はあんな演技しかできないなんて言ってるみたい。ほんとにプンプン ( *`ω´) です!!

エンドロールが流れたときは、NG集だとばかり思って、あれはびっくりしましたね!!
「藤原竜也を意識してる」なんて、失礼しちゃいますよね、どっちに対しても。ボキャブラリーが少ない人なんだと思ってスルーです。

>ひろひろさん

私はもっと怖いほうがよかったな〜(笑)すみません(^-^;
窪田くんのいろんな表情が見られてよかったですし、文句は言いましたが、まあよかったと思いますね。←えらそう…すみません(^-^;

Posted by: たまぴよ | May 31, 2016 at 11:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/63702829

Listed below are links to weblogs that reference 世にも奇妙な物語 ’16春の特別編:

« 装苑7月号 | Main | 6月カレンダーをいっぱい作りました(笑) »