« 京都ミーハー旅行記(ほぼ火村ロケ地めぐりツアー) | Main | 窪田くんお仕事情報 »

April 09, 2016

京都ミーハー旅行記(ほぼ火村ロケ地めぐりツアー)後半戦

022日目午後は、嵐山に来たからには嵐電(らんでん)に乗りたい、せっかくだから太秦映画村ものぞこうということで、乗り放題フリーチケットを買い、嵐電に乗車。
嵐山から四条大宮までの嵐電(京福電車)は、江ノ電によく似たかわいい電車です。一両だけで、改札もないので、思わずほんとにここから乗ってもいいのか、キョロキョロしちゃいます。住宅のすぐそばを通る区間があるのも、江ノ電と同じです。駅もめっちゃかわいいし(*´∀`*)

Photo_2
途中にこのような駅を発見し、わざわざ途中下車して写真を撮ったこのあたりから、連れの目がだんだん冷たくなってきまして…(笑)
フリーきっぷをせっかく買ったんだからいいじゃんって言いたかったのですが…そこはぐっとこらえて太秦映画村へ。人が少なすぎて、寂しいのでびっくりですよ。連休前なので当然かな。池田屋のセットとか、日本橋とか、けっこうチープで(すみません)こういうのがあんな感じになるんだなって、おもしろかったです。よく時代劇で見る廻船問屋がずらっと並ぶセットの池??には、怪獣が出現するアトラクションを15分おきくらいにやっていて(誰も見てなくて、怪獣がかわいそうでした。ってか、なんで怪獣がいるのか??)、カオスな空間でした。このころから、ちょっとポツポツ雨模様になってきました。


Photo_7平安神宮は中には入らず外から写真撮っただけ。
入りたかったけど、時間が…。
鳥居は本当にでかかったです。鳥居の写真も撮ればよかったな〜。

Photo_6三条大橋の橋の上から撮りました。2話で、火村とアリスが犯人君に話をしたのはあの河川敷のほうっぽくない??って感じで…ほんとは河原におりて歩いてみたかったのですが、雨もちらほら降ってきてたし、連れに言い出せず…断念しました。くっ…orz

このあたりから雨がけっこう降り出しまして、茶店で休憩。連れが疲れて不機嫌になってきましたので、夜の祇園にも行きたかったけど断念して、ごはんを食べて終了。2万歩以上歩き、夜は死んだように寝ました(笑)


Photo_4最終日は、朝から東寺で五重塔を見て、ダラダラしてたらお昼になり、お茶フレンチのランチのあと、連れがエステ(マッサージ)に行きたいと言い出したので、『京都に来てまでエステ??』と思ったのですが、大人の対応で口には出さず、私はやはりどうしても祇園に行きたかったので、お互いフリータイムに。
爆走…じゃなくて爆歩で河原町から祇園へ。ちんたら歩く観光客が本当に邪魔で、よけながらガンガン歩いたら、10分くらいで到着。意外に近いんですね。祇園花見小路は観光客がいっぱいで、写真撮るのも恥ずかしく、たくさん歩き回ったのですが、火村先生の下宿っぽい建物は見つけられず。それっぽい建物はいっぱいあったのですが…。やはり祇園じゃなかったのかな。

Photo_5
そして、昼間の南座はなんか地味な感じでした(笑)

できれば知恩院まで行きたかったのですが、そこまでの時間はなく断念。
河原町の高島屋で、並ぶこともなくマールブランシュとクラブハリエのスイーツをゲット。京都駅の伊勢丹では並んでいたので、すごくラッキーでした(*´∀`*)
ほんとに美味しかったです。教えていただいてありがとうございました(*゚▽゚)ノ

3日間、毎日2万歩近く歩き、連れは帰宅してから三日ぐらい寝たきりだったそうです。ほんとにひ弱なんだから〜!!…じゃなくて(^-^;…めいっぱい付き合わせて申し訳なかったです…反省ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

三連休の前だったので、人もそんなに多くなく、快適に観光&ロケ地巡りができ、ちょうどよかったかな。嵐山には桜の季節に行きたかったけど…。
皆様にいろいろと情報をいただいたおかげで、本当に充実した旅ができたと思ってます。もうちょっとドラマもよく見返して、予習?しておけばよかったかなと…その点はちょっぴり後悔でしたが(笑)
そして、読破するつもりで京都まで持参した「菩提樹荘の殺人」を途中までしか読めず…「雛人形を笑え」まで読み終わったのですが、その次の短編が「探偵 青の時代」だったので、そこまで読んどけばアナザーストーリーももっと興味深く見れたのにって、残念でした。
また行きたいな〜。一週間ぐらいなら、京都に住んでみたい(* ̄ー ̄*)

|

« 京都ミーハー旅行記(ほぼ火村ロケ地めぐりツアー) | Main | 窪田くんお仕事情報 »

Comments

夏に家族で京都に行くことになってますが、夏だし、暑いし、あたし活動的じゃないし。ってことで、ロケ地巡りはできなそうです・・・。

まあ、年老いた親を連れて行きますので、なかなか難しいです。

やはりこーゆーのは!同じモノにおお!と言ってくれる人で無いと難しいのかなあ(^◇^;)

ロケ地巡りとかしたことないんですけど、楽しそうだなあ。いーなあ。

ショーウインドウの回ででてきた喫茶店なんかは、ファンの方がかなり行かれているようですよねー。←行きたいのか

Posted by: 真名 | April 09, 2016 at 11:58 PM

記事、久々にゆっくり読ませてもらいました!
やっぱりたまぴよサン凄いですヾ(≧∇≦)
京都巡りの旅、羨ましいです☆☆

なんかTwitterとかで窪田くんと工さんのロケ情報とか写真とか載ってて、一度でイイから窪田くんを遠くで見たいと思ってたのに…京都巡りをしてしまう たまぴよサンは素晴らしいですね!!

なんか火村英生が終わってから、窪田くんロスがヤバいです。Huluには登録を断念なのでDVDに載せて欲しいと思ってます( ̄。 ̄;)

Posted by: ラテ丸 | April 10, 2016 at 01:12 AM

たまぴよさん、こんばんは〜
祇園花見小路、私もお昼にいきました!
たまぴよさんの写真に海老蔵さんのポスターが写っていて、もしかしたらと思って自分の画像を探すと何だか同じ場所のような…∑(゚Д゚)。
父が歌舞伎好きの海老蔵さんファンなので、何の気なしに撮った写真だったのですが、ちょっとビックリしました\(//∇//)\。
鴨川は多分たまぴよさんの渡られた橋の隣の橋を渡って駅に向かいました。家族に「ここ、火村英生で出てたところじゃないの」って言われて、私は当然気がついていたのですが「あ!ホントだ〜!!!」などと驚いたふりをして動揺したのでした(⌒-⌒; )。

Posted by: Nホリック | April 10, 2016 at 02:10 AM

たまぴよさん、おはようございます(*^-^)
後半戦もとっても楽しかったです♪ ドラマを見返して、記事と照らし合わせてみますね! 
そうそう、映画村、しょぼいんですよ~。京都タワーも、東京タワー&スカイツリーに比べたら地味なんですよね(^-^;
桜は、もうちょっと後なら、円山公園のしだれ桜がきれいだったんです~。京都のベストシーズンは、なんといっても秋かな。嵐山・大原・比叡山・・・etc 古都ならではの絶景は、日光にも負けておりません(笑)ので、いつかぜひ!

ロケ地巡りといえば、年に数回東京に行きますが、東京こそ、ロケ地巡りだらけだといつも思います。年末に日本橋に行って「麒麟の翼」を見た時は、映画で阿部寛さん、桃李君、ガッキーが話してたとこだ!と、ミーハー丸出しでした(笑)

ラインのお声かけ、ありがとうございます^^ 買って2ヶ月、未だに「初めてのipad」「世界一やさしいWi-fi」の本が手放せません(笑)が、お勉強頑張ります! 今のところ、高校生娘の「新しいクラスのグルに招待されたけど、一応入っとこかな。ホームも変えよっかなー」が、何のことかさっぱりわかりません(笑)  私も「MARSを観る会の待ち合わせを見る会」に入りたいです(^-^) 

「バトロワ」三村くんも若くてかっこよかったですね! 山本太郎さん、絶対中3に見えないでしょ!と思いました(笑)

※昨日はダブル送信、すみませんでしたm(__)m 小樽の女さんのコメント読んだ後でしたので、てっきり消えた!と思って、プチパニックに(^-^; ちょっと考えたら分かることでしたのに、お恥ずかしいです(/。\)

Posted by: まみ | April 10, 2016 at 10:12 AM

たまぴよさん、こんにちはです。
京都に行く時は、神社仏閣・歴史好きで、行くときは一人なんですが、職場の先輩さん?と行くときは、甘味です。後、パワースポット的な感じ(私は興味ないですが)
太秦、修学旅行でトラブルがありおちついて、見回れなかったとこです。
後に修学旅行行けなかった友人と回りなおしました。
山崎さん安定のツンデレですか。窪田君とやるときはdeepなキャラにして欲しいのに。
しかし、今月は雑誌が窪田君祭りですね。
文芸、歴史系以外の雑誌に弱いので、名前検索が必要です。
もう、ティーンズ誌は勘弁ですね。
バッフアウト此方は売っていないので、毎回諦めですが、(本は足で買うがモットー)雑誌だから、Amazon使うか悩み中。

Posted by: 蒼 | April 10, 2016 at 12:00 PM

>真名さん

京都は夏は暑く、冬は寒いそうなので、ロケ地巡りは大変そうですね。どこか一箇所くらい行かれてはいかがでしょうか。嵐山の渡月橋か、八坂の塔がオススメです。これなら普通の観光で行きますもんね(*´∀`*)

ショーウインドー回の喫茶店、どこにあったのでしょうか。ショーウインドーの外の景色、代官山のあそこに似てるんだけどな〜って思ってたんですけど、京都かな。

LINEのグループがいきなりくっそ盛り上がってるのは、真名さんのおかげですね(笑)いろいろありがとうございます!!

>ラテ丸さん

お忙しかったのですね。新学期シーズンですもんね。
撮影を見れるわけでもないのにロケ地に行ってしまうのは、我ながらちょっとアホだなと思いましたが、楽しかったです(笑)

hulu、お試しで一ヶ月だけ入ったらよろしいのでは?
私はそのままずるずる入りっぱなしなんですけど(^-^;

>Nホリックさん

ええ、同じ場所を写真撮ってたってことですか?きゃ〜偶然ですね!!
いろいろ探して、ついに「ここだ!!」っていうところが見つからなくて、とりあえず撮ったところだったのですよ。

Nホリックさんは隠れ窪田ファンなのですね。カミングアウトすると楽になれますよ(笑)うちの家族Aは半分バカにしてくれちゃってますけど、何かと協力してくれます。何かにつけ「窪田きゅん」呼ばわりしてくるのでイラッとしますが(笑)

そういえば…削除予定の記事に書いてくださったコメント、お気遣いとてもうれしかったです(*´∀`*) これからもよろしくお願いします。

>まみさん

いや〜、たしかこんな風景だったよねっていうざっくりした写真なので、違っているかも。でも、前半戦の八坂の塔は、たしかにドラマで使われてた景色です。ほんとにあれを見られてよかったです(*´∀`*)

秋の京都、ぜひ行ってみたいですね。でも、人が多いんだろうな(^-^;
私も日本橋のあの像を見るたびに、麒麟の翼を思い出しちゃいます。かわいそうな話でしたね。あれの菅田くんの演技がすごかったのを覚えています。

バトロワ、たしかに山本太郎は老けすぎだろうと思いましたが、桐山役の安藤さんと山本さん、当時25歳だったんですって!!なんかすごいですね。昔の人のほうが大人っぽい??
相馬光子役の柴咲コウさんの怪演もすごかったしな〜。問題作ですが、印象的な作品でした。窪田くんも、代表作になるようなものが早くできるといいですよね。デスノートはちょっと…(^-^;

>蒼さん

京都へ一人で行かれるんですね。素敵です。私は祇園花見小路を1人で歩き回ったのですが、一人ではなかなか写真を撮る勇気が出ませんでした(^-^;
誰かいてくれたら!!と思いました。情けない。

今月の雑誌、聞いたことないようなのもありますね。若い女子に人気がでてきたのかな。
蒼さん、本屋さんでちゃんと買うのですね。えらいなあ〜。私もできるだけ本屋で買っていますが、ネットも便利ですよね。特にアイドル誌とか、恥ずかしい系は(笑)

Posted by: たまぴよ | April 10, 2016 at 11:05 PM

>たまぴよさん
私は本屋の申し子ですから、昔あった本屋さんなら言わなくてもバッフアウトとか入れてくれたとおもいます。
私専用としか思えない雑誌を、入荷してくれていました。
未だファッション誌探す時は、人が去ってから怪しい人の様にです。
行き付けじゃなきゃヤバイ人扱いされますね。
ティーンズの時は本気で、店員さんの顔みれませんでした。
見本誌見るときも、辺りを伺いながら。記事がカワイイから、恥をシノンデレジにいきました。
若い子にも人気だから仕方ないのかな。

Posted by: 蒼 | April 11, 2016 at 02:22 AM

今更こっちにごめんなさい。
京都レポ読ませていただきましたー。
私も嵐山行きたくなってきました。京都は若いころちょいちょい一人で行っていたので、懐かしく拝見させていただきました。
ロケ地めぐりとかは一人だと寂しいし、興味がない人とだと申し訳ないし…ってなりますよね…
窪田ファン案外周りにおらず、結局一人でこっそりソラマチにいったりしました涙
私の前後ふたりの方がポスター当てていてシールほしくて行ったのに、ちょっと落ち込むという…よくばりになってしまいました。
でも俄然ヒーローマニアみたくなりました~

Posted by: まめ雪 | April 16, 2016 at 12:47 AM

>まめ雪さん

昔、京都へ行かれていたんですね〜。いいな〜。もっとじっくりいろいろ見たかったんですけど、今回はほんとにロケ地巡りに必死になって、連れには申し訳なかったと思ってます(笑)
一応連れもドラマは見てたんですけどね(^-^;

ソラマチのJ:COM、行かれたんですか!!!
前後の人が当たって、自分だけステッカーってのも悲しいですよね。ってか、当たってる人いたんだ(笑)
人が少なくて、しかも誰も当たってないみたいだったので。安心しました(笑)ヒーローマニア、楽しみですね(*´∀`*)

Posted by: たまぴよ | April 16, 2016 at 11:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/63458065

Listed below are links to weblogs that reference 京都ミーハー旅行記(ほぼ火村ロケ地めぐりツアー)後半戦:

« 京都ミーハー旅行記(ほぼ火村ロケ地めぐりツアー) | Main | 窪田くんお仕事情報 »