« HiGH&LOW#2 | Main | 「バイクが、好きだ」きっかけは真夜中篇 »

October 30, 2015

ザテレビジョンドラマアカデミー賞

1031_2ザテレビジョン第86回ドラマアカデミー賞主演男優賞に窪田くんが選ばれました。めでたいです。いい顔していますね。
私ももちろん窪田くんに1票入れましたが、主演男優賞以外に誰に投票しようか、すっごい迷いました。Nのためにのときには思いっきり関係者に入れたんですけど(笑)

窪田くんの受賞の言葉では、現場はとても楽しくて、そういう現場の雰囲気があったからこそ月とキラの差がつくれたと。「怖い」と言ってくださるのがうれしかったと。
いろいろと賛否両論で炎上しまくったデスノートですが、それを暗ににおわせつつ、これがドラマ版のデスノートだって胸を張って言える作品になったと思うとのことでした。
本当に窪田くんは大変だったと思うけど、主演男優賞で報われてよかったです。福士蒼汰くんあたりに持っていかれちゃうんじゃ?と心配していましたが、取り越し苦労でした。でも、主演男優賞以外、他の賞にはデスノートは全然かすっていないところがちょっと悲しいですね。


|

« HiGH&LOW#2 | Main | 「バイクが、好きだ」きっかけは真夜中篇 »

Comments

たまぴよさん、こんばんは!

主演男優賞、本当に良かったですね。
窪田くん、おめでとう!

おめでとう記念に、わずかな時間ですが、久しぶりにデスノートの最終回を見ました。改めて見ると顔立ちが全然違いますね。目も違う。もう完全に、窪田くんではないです。本当に心を削るような演技でしたね。

賞なんて関係なく良いものは良い。でも、今回だけは何としても、はっきりした形で窪田くんの演技が評価されて欲しかった。何らかの結果で、きちんと報われて欲しかったです。

人気作品ゆえの様々な意見に真摯に向き合い、その上で仲間を信じ、自分の演技をまっとうした窪田くん。演技で無責任な批判を覆した窪田くん。
本当に男前でしたよね!

Posted by: にゃおすけ | October 30, 2015 at 11:28 PM

たまぴよさん、こんばんは!
この窪田くん、ホントにすっきりしたいい顔してますよね~。よく頑張ったね。偉かったよ。おばちゃん心から嬉しいよ。そう言ってあげたくなりました。(笑)
賞って大人の事情とかもありそうでそんなにこだわってなかったですが、デスノに関してはにゃおすけさんおっしゃる通り報われてほしかったので素直に喜びました!原作ファンだからこそ窪田くんが一番色んな違和感なんかも感じてたと思うのですが、それを全部飲み込んで自分達のデスノートを作り上げたと思えたのはホントに素晴らしいと思います。
おめでとうございます!

Posted by: ぷち | October 31, 2015 at 06:25 PM

>にゃおすけさん

ほんとに、報われてよかったと思います。心身ともに大変だったと思うけど、我々の期待どおり、演技でいろんなものをぶっとばしてくれたような気がします。これが終わったら強くなれる気がすると何かのインタビューで言っていたけど、きっといろいろな糧になったと思いますよね。

>ぷちさん

「新しいデスノート」っていうコンセプトが従来ファンの方々の顰蹙をかった部分もあったと思うんですけど、脚本的にへっぽこな部分もあったと認めざるを得ないけど、自分たちの「ドラマ版デスノート」を作り上げたと胸を張って言えるというのは素晴らしいことですよね。
本当にめでたいです。次の同じ枠での作品はどんなものになるんでしょうね、楽しみですね。

Posted by: たまぴよ | November 01, 2015 at 12:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/62581313

Listed below are links to weblogs that reference ザテレビジョンドラマアカデミー賞:

« HiGH&LOW#2 | Main | 「バイクが、好きだ」きっかけは真夜中篇 »