« 10月のカレンダーお好きなほうをどうぞw | Main | 薄桜鬼より沖田君その2 »

September 30, 2015

JUNON 2009年8月号

200982ちょっと古い雑誌をいろいろと見ていたら…なんとJUNONの2009年8月号(古い!!!)にちっちゃい窪田くんを発見しました。年齢ではなく、記事の大きさですね(笑)
これ、ミーハーな私が当時は佐藤健くん目当てに買ったんだと思われますけど、こんなところにちっちゃく載っていたとは…。
なんかこういう発見って、得した気分ですね(゚▽゚*)

「作ってほしい 彼ごはん」という特集で、掲載面積は1Pの8分の1ですね(笑)
紹介のところに、「僕の初恋を君に捧ぐ」とか「ママは昔パパだった」に出演などと書いてあります。
けっこう初期ですよね。岡田将生くんはピンで3ページくらい載っているのに。
まあ仕方がないとはいえ…(^-^;この違いが切ない。そういえば、同じページに花アンの村岡印刷さんも載っていて面白いです。今と全然変わってない(笑)
ついでに、隣のページには佐野和真くんも載っていました。

200981

20098_2そして、変わってないといえば…同じ号にやっぱり花アンとNため共演者の賀来賢人くんが載っていまして…こちらはあまりの違いに笑っちゃいました。ごくせんの映画に出てたんですね。
ごくせんって、若手俳優の登竜門的な感じで、水嶋ヒロ先生とか松山ケンイチ氏とか、のちに有名になった人たちがたくさん出てたんですよね〜。あとから知って驚きました。そういえば、鈴之助よっちゃん先輩も第2シリーズに、そしてデスノやアルジャーノンで共演してた前田公輝くんも第3シリーズに出てたっていうのをこの記事で知りました!!なんかびっくりです。

窪田くんもこういう若手わらわらのドラマに出てくれてたら、もっと早くファンになってたかも??なんて思ったりもしますが、やはり何に出てても気づかないときは気づかないんですよね(笑)
平清盛が、私にとっての運命の出会いだったわけです。窪田ファンの皆さんも、サマヌとかSTとかNのためにとか、それぞれ運命の出会いがあったわけですよね(*≧m≦*)
それにつけても、もっと早く出会いたかったな〜。

|

« 10月のカレンダーお好きなほうをどうぞw | Main | 薄桜鬼より沖田君その2 »

Comments

たまぴよさ~ん  おはよ

過去記事ありがとサン
わたいも、クリキ後半からFANで(すいませんしつこいです)
その前のケータイ7は、ケータイ普及番組とゆうか
まさくんの演技よりも、仮面ライダー系アイドルにお目目が行ってましたから・・・

ケータイの番宣でこちらにも来ててそん時はかわいい子だな~としか思えへなんよ←不覚でした

でもまさブログをやっててくれたんでついてこられたように思います。今やブログを終わらせたけど
雑誌等のお仕事が増えて、
まさくん成り切りクンまで出る始末
役者ミヨウリに・・・

こんなに、はまってしまう子だなんて思ってなかったです
実は
クリキのケンコジがホンマ、ケンちゃんになって
直さんを愛しちゃったんじゃないのと思えてたあと
浩司さんが月に帰ったら、直さんを知らないケンちゃんに戻って、やっぱこの子すごいわァとおもてん

それに、浪速の~もへたれの章君
時代にいるかのように立ち振る舞い
おおお~とゆう間でもないですね

ハイローで、どんな演技するのかすごく楽しみ
また三池監督の、インチキがうまくなったと言わせるでしょう。ね! きっと

Posted by: 森くま | October 01, 2015 at 08:53 AM

たまぴよさん、マメにお邪魔しとります~

過去雑誌の発掘現場は意外にご自宅にもあったのですね(^O^)/

私なんてほんとまったく全然これっぽっちも何一つ知りませんでしたよ、
若手俳優。
くぼたさんにはまるまで役者目当てで見た最後の連ドラが「ドク」ですもん!
その前はOL時代の「白鳥麗子でございます!」の松雪さん目当てでした。
それから15年くらい日本の映画もドラマもおおよそ見てませんでした!
バケモノ視聴率のドラマ名を聞くたび「・・・知らない!」ってなってます。
だから、朝ドラカーネーションでTVをつけるようになって、
のだめのドラマをレンタルで見て千秋先輩が素敵じゃんと思って、
NHK大河に出るんだ千秋先輩~って平清盛の視聴に結びついていなかったら!!
怖ろしい~~(*^^)v
めぐりあわせに感謝ですね。

このオムライスのくぼたさんはきれいなお顔をされてますねーヽ(^o^)丿
お若い頃のこういう素のお写真見ると、すでに目の力、意志の力を感じます。
比べちゃいけないし、安藤は最高に理想の男性だと思ってますけど
ごくせん?(って何、美味しいの?状態)の賀来さんには感じないものだと思います。
今はもう知る由もないですけど、ケータイの特典映像や周囲のインタビューなど見てると、
お若い頃のくぼたさんは、きっとちょっと変わった少年だと思われてたのでしょうねー
そして10月のカレンダー(すぐ下に見えてます)の成瀬くんへと成長されて。
年月とそして人間が意志と努力によって成し遂げられるものの大きさに
深い深い感慨をおぼえさせられちゃってますー、すごい人だなあ・・・

ハイローでも生活まんがでも結構なので、何か出てきませんかねー
心が渇いてきちゃって、でもたまぴよさんの記事に触れるとほっこりできるので、
また明日もお邪魔します~(^O^)/

Posted by: 花草 | October 01, 2015 at 10:44 AM

>森くまさん

そーいえば、クリ奇でも、中の人がコージさんのときと素の健ちゃんに戻ったときと全然別人でしたよね〜!!!あのころから演技上手だったのですね。なんかクリ奇見直したくなっちゃった〜。でも、見なくちゃいけないものもたくさんあって、そんなんばっかりですね(^-^;

浪速の華もよかったですね。初々しくって。
緒方洪庵になった章くんも見たいな〜。

ハイロー楽しみですね。キラとはまた違うベクトルの悪い??人なんだろうな〜(*´∀`*)

>花草さん

ほんとマジで、自宅から発掘されるとは思いもよりませんでしたよ(笑)

何かにハマっちゃうときって、いろんな要因が絡み合って、そうなるようになっていたっていうか、不思議ですよね。
どうしてもっと前に気づけなかったのかと思うんですけど、それが運命ってやつだったのですね。

窪田くんはバラエティなど見ても、天然の不思議ちゃんなのか、それともバラエティ番組ではああいうキャラを演技しているのだとしたら、それはそれですごいと思いますが…いろいろ見聞きしていると、やはりちょっと変わったお人なのではと思います(笑)
しかし、俳優さんって職業は天職だったのではないかと思います。整備士にならないで俳優さんになってくれて、我々としても、窪田君のお母さんに感謝しなくちゃ!!ですね(笑)

ほんっとーに窪田ロスで、困りますよね。早く何か新しい情報がほしい〜!!!やっぱり深夜ドラマじゃあまり番宣もなさげですよね、しかもメインじゃないし。
しかし…映画…ほんとにそのタイトルなんでしょうか…そんなタイトルの映画、普通だったら見に行こうなんて1ミリも思わないですけど(^-^;
早く発表にならないかな〜。
とりあえず、窪田ロスを埋めるために私もがんばりますので(笑)
いつもご訪問ありがとうございます(*´∀`*)

Posted by: たまぴよ | October 01, 2015 at 11:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/62385731

Listed below are links to weblogs that reference JUNON 2009年8月号:

« 10月のカレンダーお好きなほうをどうぞw | Main | 薄桜鬼より沖田君その2 »