« デスノートおさらい その2 | Main | ホンダ FITナレーション »

September 18, 2015

サンデー毎日9/6特大号

しつこくデスノート関連を引っ張ってしまってアレですが、人伝てでようやくサンデー毎日9月6日号を入手しました。立ち読みに行かなきゃと思いながらダラダラしていたら、もう次の号が出ていたというていたらくで、今ごろですみません。窪田ファンならとっくにチェックされていると思いますが、うれしい記事ですので後々のために(笑)記録しておきたいと思います。

Photo_2『デスノート視聴率回復 急増中!窪田正孝 ギャップ萌えって何?』という記事。

テレビ局関係者の話として、「視聴率が初回から半減していたデスノートがまさかのV字回復で二桁台になった、その救世主が主演の窪田正孝だと評判で、窪田の演技力がやばいという反応が広がっている。役者の演技が話題になって、ドラマに注目が集まるうれしい流れ」と書いてあります。ファンにとってもうれしいですね。
オネエ映画ライターさんのお話で「カワイイとカッコイイの狭間の儚さが素敵すぎるの。超絶イケメンというわけじゃないけど、役によってまったく違う顔をみせる俳優らしさがそなわっていて期待大」←もう〜その通りですよね!!!窪田くんの魅力を端的に言ってくれてると思います〜(*´∀`*)
そして、その他にも、ギャップ萌えとして細マッチョっぷりとか、キスシーンのうまさも取り上げられております。そうそう、そうなのよ〜!!!って、ファンをめっちゃ気持ちよくさせてくれる記事ですね(笑)

しかし、写真が古いですぅ〜!!どう見ても僕せかのころ(あるいは下流の宴??)の窪田くんじゃないっすか。最新とまではいかなくとも、もうちょっと新しいのを使ってほしかったですね。
ってなわけで、今ごろで本当に失礼しました(笑)

|

« デスノートおさらい その2 | Main | ホンダ FITナレーション »

Comments

たまぴよさーん、また御無沙汰しました。

またなんでこの記事で、っていうのはですね、
このサンデー毎日をだらだらしてたら次の号が!というあたりが全くデジャブだったものでー(^^ゞ

デスノート記事、皆さんのコメントまでガッツリ読ませていただいておりました。
書きたいことも感じたこともあり過ぎて今更なので割愛しますけど、
実はまだ最終回を一遍もリピ出来ておりません(^^ゞ
家庭環境もありますけど、重盛公の「そこからの眺め」も長いこと録画を見返せませんでした。
怖いんですよ、くぼたさんの「最期」はどれもその人生が確かにあったのに終わってしまったという喪失感が凄くて。
あの短い清里でさえ、しばらくはたけるんを心底恨んでましたからー(^_^;)
月くんの一話からの振り返り、感慨深かったです。
くぼたさんが連ドラ(長いほどいい)に向いているのは、
本当に人物の人生を生きて成長していく様子が素晴らしいから。
月くん→キラは望ましい成長じゃなかったですけど、
でも、ここまで極端に変化し悲劇的に終わる役はそうそうないでしょうし、
くぼたさんの力を広く発信し最後にはその魅力として定着させた
この作品に配役していただいて、感謝ですね。

あ、また長くなりました。
HONDAのナレーションはもう遭遇されましたか?
ロス状態・・そうですね、見てない過去作と見返したい過去作に埋もれて、
秋の夜長を静かに過ごすのもまたいいかもしれませんね!

またお邪魔します(^O^)/

Posted by: 花草 | September 18, 2015 at 10:51 AM

こんにちは!
うれしい記事の紹介、ありがとうございます。
本当にうれしくなっちゃう記事ですね。見たかったなぁ。
カワイイとカッコイイの狭間の儚さ・・・すごい的を得た表現です。
超絶イケメンというわけじゃないけど、役によってまったく違う顔を見せる俳優らしさ・・・そのおかげで、私はこの方に注目するのがめっちゃ遅れたのです。Nの安藤君はどこかで見たことあるなと思ったのに、成瀬君はまったくわからなかった。ネットで調べてびっくりしましたもん!
捨蔵くんと重盛さんがイコールにも超絶驚きました。私があまりにも迂闊すぎたんですけど、違いすぎる!
評判のキスシーン、サマーヌードも見なくちゃ!
窪田さんの写真集ってまだないんですか?ほしいなぁ!

Posted by: sachi | September 18, 2015 at 12:21 PM

たまぴよさん、嬉しい記事のご紹介ありがとうございます。視聴率は、本当に窪田くんの演技がなかったら、きっと下降したままだったと思います。最終回の14%超えはかなり凄いですよね!

最近窪田くんの記事も多くて、ライターさん、絶対ファンでしょ!好きでしょ!ってものもチラホラ(笑)。嬉しいですけどね。

でも本当に、なんでこの写真なのでしょうね(笑)。昔のにしても、他にあるでしょうに…。差し替えたいですね。

Posted by: にゃおすけ | September 18, 2015 at 01:08 PM

たまぴよさん、連日UPしてくださってありがとうございます。お陰で窪田くんロスを埋めていただいてます。

その記事私も読みました!立ち読みですが…。ファンはみんな頷きながら読んじゃう記事したね~。記事の最後に「世の男性は窪田くんの男子力を見習え」みたいなこと書いてありませんでしたっけ?私、窪田くんにあるのは女子力か?と思ってたのですが、その女子力含め男子力なのだな、とややこしいですがうんうんと頷いちゃいました。ただ、見習えと言われて簡単に見習えるようなもんじゃないところが窪田くんですよね!

ホンダのCM、昨夜zeroで、今朝zipで遭遇しました。最後の「作ろう」ってところがめちゃイイです。マニアックですみません(^-^)

Posted by: ぷち | September 18, 2015 at 07:49 PM

>花草さん

お久しぶりですね!!
ダラダラしてたら…っていうのが同じだなんてウケますね〜(笑)
ほんと、週刊誌はできるだけ早く見ないとダメですね。今回もゲットするのに苦労しちゃいました。でもどうしても見たかったので(^-^;

窪田くんって、その役の人物になりきって、その役を生きているから(魂ごとなりきってしまうって言ってる人がいましたっけ…)だからそういう喪失感がすごいのかなって思います。架空のキャラなのに、幸せになってほしいなっていつも思っちゃうんですよね(笑)

今回も月の成長っていうか変化がすごくて、そこらへんがだんだん評価されて視聴率なども上がったのかなって思います。
次のお仕事、楽しみですね(*´∀`*)

>sachiさん

窪田くんが役ごとに全然違うので、ファンになってみなさん驚くようです。ほんとにびっくりしますよね、あの役も彼だったんだ!!って…。

サマーヌードのキスシーンもヤバイですよお〜(*´∀`*)
最初ビジュアルみたときは、ダサい系の当て馬男子なのねって思ったのですが、最終的には実に美味しかったですね〜。光と波奈江がもってっちゃいました。駅のホームでのシーンとか、もうキュンキュンですって〜!!!(笑)
ぜひ、ごらんになってくださいね〜。

>にゃおすけさん

たしかに〜、力のない演者だったら、一桁に落ちたら回復できませんよね。ほんとによくぞ持ち直してくれたって感じです。まあ、アンチさんは有名原作の力だっておっしゃいますけどね(笑)

ほんっとに、写真差し替えたいですね(笑)適当すぎですって〜(^-^;

>ぷちさん

たしかに最後に「この男子力、お父さんたちも見習うべき?」って書いてありましたね(笑)簡単に見習えるものではないです、たしかに(笑)
なんかいろいろ、仕草とかも含めてギャップ萌えってことなので、まさに可愛さとかっこよさの狭間って、うまいことおっしゃってくれてますよね。
あの顔であの肉体ですもんね〜(*´∀`*)

私もホンダのCMに遭遇することができました。けっこう流れていますね。胸熱です!!!

Posted by: たまぴよ | September 19, 2015 at 01:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/62300302

Listed below are links to weblogs that reference サンデー毎日9/6特大号:

« デスノートおさらい その2 | Main | ホンダ FITナレーション »