« 日本郵政CM捕獲 | Main | TVstation18号 »

August 29, 2015

映画「進撃の巨人」

進撃の巨人を観てきました。すごい酷評されてるみたいですが、こういう話題作はやはり観ておかないとと思い…シネマイレージポイントがたまっていたので、それで観ました。
1円も払っていないのに悪口いうのもナニですが…

う〜ん…CGの迫力はそれなりなんだけど、いかにも合成してます感がわかっちゃって萎える部分がときおりありまして…ちょっとイマイチ。
しかも、ドラマ部分があまり面白くない。
登場人物をきちんと紹介してくれないので、個々の名前がよくわからず、死んでもなんの思い入れもわきません。特に、主人公に好感が持てず、ケンカっぱやいニートで怒りっぽくていつもギャーギャー叫んでるだけっていう印象しか残らず…。やはり主人公が好きになれないとツライです。エレンが巨人に対する憎悪を強く持つきっかけになる、お母さんが目の前で巨人に食われて、自分の無力を思い知るっていうシーンがないので、エレンのモチベーションがよくわからず、それでうるさいだけの人になっているのかなと思います。三浦春馬くんのファンだったら楽しめたのかな。でも、あの脚本だったら、窪田くんがエレンだったとしても愛せたかどうか微妙ですね。

巨人が…みんなお笑い芸人に似てて、そっちに気を取られて笑いそうになってしまいました。
アンガールズの田中、渡辺直美、又吉っぽいのもいたし、ハライチ澤部やらハイキングウィーキングのQちゃんとか…エレンを食べたのカンニング竹山???
原作の漫画は読んでいませんが、アニメはほぼ全部見ました。巨人って、もっともっと人間っぽくなくて、不気味な感じだったのに。なんか違和感。
それと、アニメのミカサのイメージがあったので、全然違う設定のミカサにも違和感がありました。エレンを守るためなら周りが全然見えなくなってしまうミカサ、一途でけなげ??で好きだったのに…なんで変えたかな〜。あの世界で唯一の生き残りの東洋人なのに、周りはみんな東洋人(見た目)で彼女だけバタくさいっていうのも、真逆すぎてなんだかな、ですね。

鈴木先生…じゃなくてシキシマって、かっこいいんだかそうじゃないんだかわからないギリギリラインだったような…すっごいスカしてるんだけど、たまにおマヌケに見えたり…。まあ、リヴァイ曹長は誰がやっても文句出ただろうし、しょうがないですよね。

しかし…映画を見ている最中に、何やらプ〜ンとえもいわれぬ臭いがただよってきて…くさい足の臭いっぽいものが…あれ、4DXじゃなかったはずと思い、気になって集中できなくなってしまいました。どうも、近所の席の誰かが、靴を脱いでリラックスしていたのではと推察されるんですけど、忘れたころに再びただよってくるし、もう最悪でした(*`ε´*)ノ

せっかく観に行ったのに、一番印象的なのが足の臭いってどうなんでしょうね。たぶん後編は行かないかな。そういえば、寄生獣も後編は結局行かなかったな。

次はロマンスを観に行かなくては。必死こいて初日舞台挨拶のチケット争奪戦に参戦することもなくてよかったです。出番めっちゃ少ないらしいのですが、どんなものなのでしょう。窪田くんが出てなければ絶対行かない系統の映画(主演含め)ですが、テアトル系ですからこれもタダで行けるので、出番が少なくても、時間返せって内容じゃなければ…まあまあオッケーかな。
ホストやフリーターはやったことあるけど、ヒモは初めてですよね(笑)しかも、某所の記事によると、かわいいヒモらしいので、楽しみです(゚▽゚*)

|

« 日本郵政CM捕獲 | Main | TVstation18号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/62130811

Listed below are links to weblogs that reference 映画「進撃の巨人」:

« 日本郵政CM捕獲 | Main | TVstation18号 »