« デスノート#3 | Main | 情熱大陸0719 »

July 21, 2015

デスノート#3 その2

すでに昨日の記事にみなさまからのコメントをいただいてるみたいですが…デスノートの3話視聴率がやはり下がってしまったようです。8.7%で初回から半分になってしまったと…。残念ですね。関係ない自分のモチベーションまで下がっちゃいました(笑)

いやまあ、ぶっちゃけ初回が高く出過ぎなのですが(デスノートのブランド力はやはりすごいですね…)そこで興味を持って見てくれたお客様をごっそり逃がしてしまったということですよね。キャラ設定を変えるのなら、原作よりもっとおもしろい展開にしてくれれば文句はなかったのに、設定を変えたのに原作どおりの進行をしていくので矛盾がいっぱい出てしまい、ストーリーのアラがどうしようもなく目立ってしまっているみたいです。窪田ファンとして精いっぱいひいき目で視聴していても、ストーリー展開についてはちょっとどうかなって思うところあるし…。

3154話予告のこの画像、窪田くんじゃないみたい。原作の月(キラ)に似てます!!


「新しいデスノート」を標榜するなら、夜神月やLではなくて別のキャラで別の話にすべきだった。でなければ原作どおりにやればよかったと思います。下手に改変して改悪になってしまって…誰が月を凡人設定にしようと言い出したのか、ほんとに腹が立ちます。そして、何よりもLの改変が致命傷だったような…。あの魅力的な変人キャラを、ただのイヤなやつにしてしまい、全然天才にも見えないし…。設定を改悪したばっかりにムダに叩かれて、俳優さんたちがかわいそう。
まあ、どんなふうに着地するのか見届けたいので、もちろん視聴は継続しますし、キラ化した月はまたすごい顔芸??見せてくれそうですし、その辺は楽しみなのですが、いろいろと心配が絶えませんね。

デスノートの主演をやるって発表があったとき、ここでもみなさんが一斉に不安を訴えていましたよね。みんなの心配どおりになってしまってショボーン(´・ω・`)ですね。
今後、面白くなって、ちょっとでも浮上してくれますように!!!(=人=)

313眼球の可動範囲いっぱいを使用して睨む月くん。
怖いです(笑)
ホラーなので、ちっちゃく貼っておきます(^-^;
ほんと、これだったら目が充血するわと思いました(笑)


|

« デスノート#3 | Main | 情熱大陸0719 »

Comments

たまぴよさ~ん  おはよ

>夜神月やLではなくて別のキャラで別の話にすべきだった。でなければ原作どおりにやればよかったと思います

そうだなーと思う反面、デスノFAN並びに
そうじゃない一般に見てる人
人それぞれやと思う

わたいはオカルト系のドラマは好きじゃないので
竜にいのライトを観ようとしたけど
リュークのマジ顔にひいてしまって
内容までたどり着けてまへん

TVだからアニメにしても
実像化されたら、良くも悪くも
竜にいの映画、まさライトのTV版ってくくりになっちゃんよね

この大きな作品を、演じるまさくんをすごくええわい

わたいは、ジョーカー椎名の演技がめちゃ好きでんねん
この子こんな演技して
こののち、役者やってケルのって心配したものです

視聴率は、大事やけど
内容は水物だよね

たまぴよさんの
>設定を改悪したばっかりにムダに叩かれて、俳優さんたちがかわいそう

ホンマそうやね
でもまさライト独自のデスノで
まさカラ―、だせれたら本望でやんす(イケイケくま)

好き勝手な事ゆうて済みません

Posted by: 森くま | July 22, 2015 at 11:09 AM

>森くまさん

原作ファンにはもう見限られているみたいです…。
設定を大胆に変えたくせに中途半端に原作どおりなので、みなさん怒っているんだと思います。我々はまだ窪田くんの演技に期待するっていう楽しみが残されていますが、そうでない人は仕方ないですよね。原作知らない人はけっこう面白く見ているみたいですね。

私もジョーカー椎名くん、すごく好きです。よくあそこまでやったなと思いますし。
ドラマ版デスノートも、月がこれからどんどん狂気におちいっていく、そこをどう演じてくれるのか、ほんとに楽しみです。

ストーリー的には、『だいじょうぶかいな、これ』って心配していますが、窪田くんの演技にはおおいに期待してます。ほんとに盲目なファンで恥ずかしいですけど〜(^-^;

Posted by: たまぴよ | July 22, 2015 at 09:30 PM

たまぴよさん、こんばんは!大丈夫、盲目的なんかじゃないですよ。原作ファンの中にも、窪田くんの演技を楽しみに見続けている人が絶対います!

1日たって冷静になり、数字はまあ、こんなものよね、と思ってます(笑)。初回が高すぎたんですよね。

考えてみれば、人気の原作、アニメ、映画があり、圧倒的に不利なスタート。イメージはできあがってるし、筋も知られている。
予算も映画とは比べ物にならないだろうし、そもそも連ドラには向かない素材だと思うんですよね。アニメや映画といった、非日常的な感じの方が、合うと思うんです。

そんな中で、窪田月は原作ファンにも一定の評価を受けていて、中には藤原月よりも良いと言ってくれる人もいる。これってすごいことだと思うんです。まさに窪田くんの演技への評価ですから。

設定は原作通りだとしても「やる意味ある?」とか言われてたと思うし、ラストには月の人間臭さ、優しさが効いてくるのではないかと期待しています。

ちゃんと見てくれている人には、きっと愛されるデスノートになる。数字の呪縛も解けたことだし(笑)、そう信じて、純粋に楽しみたいと思います。

そのためにも、最低限の筋は通して、粗や矛盾を減らしてほしいですよね。集中して見られないですから。脚本頑張ってほしい。

自分に言い聞かせながら書いてたら、またまた長くなっちゃいました(笑)。すみません。

Posted by: にゃおすけ | July 22, 2015 at 10:55 PM

>にゃおすけさん

そうですよね!!
ついついネガティブなことを書いちゃいましたが、窪田くんがいい演技してくれさえすれば満足ですね。
原作どおりやってたとしたら、よけい藤原さんと比べられたと思うし。カリスマ度ではちょっとかなわないですしね(笑)
どっちにしてもいろいろ言われたとは思うけど、ファンの目から見てもストーリーがお粗末なんで、どうにかせんかい!!って思っちゃって…。役者さんに罪はないし。
アラや矛盾を減らしてほしいです、ほんとに同感!!!ツッコミながら見るのも疲れますし(笑)

自分に言い聞かせながら…なんて、にゃおすけさんってば(笑)
私も見習って、ポジティブに楽しみたいと思いますヽ(´▽`)/

Posted by: たまぴよ | July 23, 2015 at 12:20 AM

たまぴよさん、たくさんのキャプありがとうございます。キラになってきた月の目、いいですね〜。

娘が原作持ってたのでL編だけですが読んでみました。なるほど〜。原作のLは魅力的ですね。こっちが主役か?って思う程でした。1回読んだだけでそれ程思い入れもないせいか、ドラマはドラマとして楽しめています。きっとこれからふせんは回収してくれるはず、と信じてます。
しかし、どうやって終わるんだろう?良い子も見てるテレビだから、きちんと月を裁くのかな?まさか自首とかしないですよね?楽しみなような怖いような…。
それも含めてドラマを楽しむことにしま〜す。長文失礼しました。

Posted by: ぷち | July 23, 2015 at 10:59 AM

たまぴよさん!ご無沙汰(ってほどでもないですが)しております!
3連休に有給使ってちょっと長めの休みを満喫したあげく、3話を見るのも遅れてしまって、その3話の内容も「期待してたんと違う・・・( ´・ω・)」
となってしまい、感想をまとめるのにいろいろ考えてしまったもので遅くなりました(笑)

そんなこと言ってる間になんと200万PV!おめでとうございます!!
私、ブログも日記もSNSも全く向いていない人間なもので毎日記事を更新されているたまぴよさん凄いなぁと思いますし、いつも楽しみにしてます(*≧ω≦)

3話の感想まとめたのはいいんですが、というかモヤモヤをスッキリさせようと、良い所も悪い所もつらつらと書いてたら文章が止まらなくなってしまい、
人様のブログに投下するのも厚かましいのでは、というほど長くなってしまいました(||゚Д゚)ひぃぃッ!
なので今回は久々のごあいさつ程度に留めておきます(笑)

なんというか日テレドラマは基本的に番組作りがお得意のバラエティ路線に引っ張られすぎて、重厚だったりストーリラインがしっかりした作品作れる人材いないんじゃないかと思っています・・・。
もう今夏は窪田くんを日テレに人質に取られてしまってるも同然なのでホント無事に返してほしいです(笑)
でも脚本も演出も映像も音楽まで秀逸だったNのためにも視聴率が伸びなかったので、それが全てではないと分かっていますが、N~は「原作を超えた」とも言われていますし、オリジナルキャラも見事に溶け込んでいました。超人気原作を使っているわけですから、見ている人を納得させるクオリティを保って欲しいですよね。

Posted by: マリン | July 23, 2015 at 02:35 PM

たまぴよさん、いつも記事をありがとうございます(^^) この先も視聴率で役者さんたちやファンがショボーン(´・ω・`)とならないよう、願うばかりですね(>_<)

やはりLの改変は大きいですよね。先日発売の山崎豊子さんの本を読んで、『白い巨塔』はリメイクで大成功してますが、人物の魅力や、原作の持つ面白さの根本は変えてない気がします。これもフジですね。日テレ~!!!(笑)

ただ、まだ中盤。序盤が素晴らしかった『料理番』も、後半少し失速して、最終回で感想欄が大荒れ、と信じられないことに←これも役者さんは悪くないです(苦笑)。 まだまだ大どんでん返し??があるかも、と期待してます。 原作の後半の月の顔、すごいことになっていきますけど(汗)窪田君がどう演じるのか(顔芸?笑)、私もほんとに楽しみです☆ あっと言わせてほしいな!! 何より、魂を込めて演じてる役者さんたちの想いを、脚本は無駄にはしてほしくないですよね~(>_<)

バァフアウト、ご覧になりましたか? 窪田君の苦悩してる気持ちにジーンでした。 「日帰りで温泉に行きたいけど行けない…」って、こんなに頑張ってるんだから、温泉くらい、行かせてあげて!!!って思いました~^^;

Posted by: まみ | July 23, 2015 at 04:03 PM

>ぷちさん

原作読まれたんですね!!
原作のこと気にせずドラマはドラマとして楽しむべきなんですけど、どうしても比べちゃうんですよね〜。ダメだわ〜。
そして、原作と微妙にいろいろ違うので、どう終わるのかはほんとに気になりますね。どうせなら、まったく違う結末でって期待しちゃうんですけど、どうかな。かっこ悪く死んじゃう月を窪田くんがどう演じてくれるのかも見たいかも。


>マリンさん

マリンさんの感想、投下してくださってもよかったのに〜。見たかったです(笑)ぜひお願いします。みなさんいろいろで、ぼろくそにいう人もいれば、面白いっていう人もいるので、それぞれの反応がおもしろいですよね。私は、こんなことやるなら、もっと突き抜けてネタドラマにしてくれれば一周回って許せるのにって感じです。中途半端なんですよね。真面目にやってる窪田くんがかわいそう。

>もう今夏は窪田くんを日テレに人質に取られてしまってるも同然なのでホント無事に返してほしいです(笑)
↑この部分は笑ってしまいました。ほんとに同感です(笑)

Nのためには、視聴率は残念でしたけど名作でしたよね。デスノートは今のところ色物扱いなのがなんだかなあって感じですけど、最後まで見たら「おおお!!!」ってなれるといいなと期待してますが…どうなるかな。


>まみさん

そうですよ、Lが魅力的だったら原作ファンの方々の反応も全然違っていたと思いますよ。月を凡人にしたのはまだいいとして、Lを違う意味で変な人にしたのは、まったくアホじゃないのって言いたいですね。

最後まで見たら、窪田くんがこれに出たのはよかったなって思えるのでしょうか。そうあってほしいのですが…。

そういえばバァフアウトはちらっと写真をチェックしただけで、ちゃんと読んでなかったです。購入するかどうか迷っております。デスノのビジュアルは個人的にはイマイチかなって感じなので…。前髪重たすぎるからもうちょっとなんとかしてほしいな(^-^;ライトっぽくはあるんですけどね。

Posted by: たまぴよ | July 23, 2015 at 11:50 PM

たまぴよさんから有難くも投下OKとのお言葉を頂き、PCのゴミ箱からメモ書きをサルベージして来ました(笑)セーフセーフ(;^_^A
冗談抜きで本当に長いので分けて書きますね。

その①
さてさて3話の感想ですが、、うーん、前にもちょろっと言いましたが私は学生時代に原作読んで、アニメも映画も見て、結構このデスノートという作品は好きだったんです。
ジャンプ作品なのにゲスなダークヒーローが主人公だったのも異色で笑え・・・いや、楽しめました。
当初ドラマ化が発表されたとき「窪田くんがLだったらな~」なんてぼんやり考えていたものがまさかの月役で
「それはそれでイイ!狂気な月っぷりが見られる」と期待半分、内容に不安半分。
でも傑作や名作と言われてるものって「ああ~記憶をなくしてまた最初から読み直したい」って感じになったりしませんか?
そういう感じでキャラや各種設定引き継ぎつつも、違った展開でまたハラハラドキドキできるなら、と期待していました。

ここまで見てやっぱり月の凡人設定はいい改変じゃないかと思っています。
まぁそれは窪田くんの熱演があってのことでもあるんですけど。
普通の青年がノートを拾ったことで歪んだ正義感に支配されて堕ちていくというのは
原作では天才っぷりが目立っていましたが、それよりも月という人物の葛藤や内面をクローズアップさせるという意味や
上昇志向のない無難な人生を望む若者という現代的な性格付けは自然だし、まぁ筋が通ってると思うからです。
ただ、やっぱりそれは脚本がよく出来ていることが前提なんですよね。
Lの改変にしてもそうです。いまいち好きになれない設定ですけど(むしろ私はL派でした。笑)、それでもストーリーが破綻なく、ツッコミ所なく進行していけば納得もできるんです。
いいところもあると思っていますが、それにしても大筋と演出のギャップがドラマを突っ込まずには入られない出来にしている原因じゃないかと感じます。
月としてはあくまでも周囲にバレることなくLの包囲網から逃れなければならないのに、人の多い場所でリュークと会話しまくる、
りんごが勝手に宙に浮いて消える、教室内で怒鳴る、etc...いわゆるクスっとできるシーンを狙っているんでしょうけど、
不審すぎてLならすぐに「月=キラ」って断定されてしまうような、誰がいつどこでスマホのカメラ向けてるか分からないご時世に、迂闊すぎる、不用意な演出が多すぎます。
普通バレたらマズイことをわざわざ外で喋る犯罪者いませんし(笑)
レイがLに拳銃向けたり、素人でも気付くバレバレの尾行してたり、要はドラマとして「撮りたい画、分かりやすい画」を優先させてる結果、見てる側に「これで何故バレないのか」という違和感やチープさを感じさせているんじゃないかと思います。
原作はコナンばりに文字数が多いですが、大筋の展開は早く、フォローが足りてない状況でこういったシーンをぶっ込むので浅薄な印象を与えますよね。
コメディにもシリアスにも徹しきれていない、非常に中途半端な状態です。

Posted by: マリン | July 25, 2015 at 12:53 AM

その②
それでも2話までは原作既読組をミスリードで釣って最後に唸らせてくれるんだろうと、多少の雑さには目を瞑って期待感を持っていたんですが、
レイペンバーにFBIを始末させる方法が原作まんまで、いろいろと綻びまくってるじゃないですか!!
あのノートにFBIの名前を書かせるのはレイペンバーの本名を知っていて初めて成立するというか、強制力?があるものだと思うんです。
現に言われた通り自分の名前書いてないし、ノートの中を見られてます。あんなものLに写メ1枚送ってしまえば一発アウトですけど、月が倉庫に来るまで大人しく待ってるの不自然ですよね。
そしてミサが都合よく月の後を尾行していてレイを始末します。
まさか半日尾行してたんでしょうか、あんな目立つ格好で。誰にも見られずに?
百歩譲ってたまたまその日はオフだったとして、ミサがいなきゃもう月は絶体絶命だったわけです。もう超幸運の連続でなんとかなっているようなもんです。
とても隠れた天才性で切り抜けてる感じがしません。詰めが甘すぎる。デスノートってこんなご都合展開でいいんでしょうか。
それなのに!今までの根拠のない自信が嘘のようなLの完全敗北宣言。。いやいやいや・・・キラがレイに接触してることも、FBI殺させようとしていることも、
月が婚約者の名前知ってることも、あまつさえ「ノートに名前を書いてください」という指示も聞いているのに?
これで月=キラだと断定できてなきゃおかしいでしょう。

脚本の粗さを月が凡人だから〜で誤魔化しているというか、免罪符にしているように見えます。
別にベースは凡人なんで計画ミスってもいいんですけど、展開に矛盾が生じるような致命的なミスにならないようシナリオ上は綿密な構成が必要なのにそれが出来ていません。
デスノートの脚本を書かせるならせめて推理モノや、サスペンスに定評ある人にやってもらいたかった。
脚本家の方の過去作ザッと見ましたが、なぜ敢えてこの人?という感じです。

映画ほどの制作費は到底もらえないですし、そのままやればただスケールダウンするだけになってしまう。
だから、設定を変えて新しいデスノートをっていう意図は分かりますし、方向性としては悪くない。
ただただプロデューサー筆頭に制作陣の力不足です。役者さんが可哀想です。これは一体構想にどれくらいの期間かけているんでしょうか。
これほど緻密なストーリーを変えるには相当練りこまないと矛盾が積み重なってめちゃくちゃになります。
土下座でも何でもして原作者にプロットだけでも書いて貰えば良かったのに。
ここから挽回してくれるんでしょうか・・・不安すぎますが、窪田くんの頑張りだけが唯一の希望です。そしてテニス、シャワーシーンは楽しみです(おい)

3話の感想というより、今までの総括のようで、自分でも引くほどの長文乱文になってしまいました。。申し訳ないです。思ってた以上にデスノ愛があったのかしら(^_^;)
ちょっと叱咤激励の意味を込めてダメ出ししましたが、4話はこんなに熱くはならないと思います。笑
たまぴよさんの海より広いお心に感謝です〜ヽ(;▽;)ノ

Posted by: マリン | July 25, 2015 at 12:56 AM

マリンさん、リクエストにお応えいただきありがとうございます!!
めっちゃ読み応えある〜!!しかも、言いたいけどうまく言葉にできなかった部分までちゃんと文章にしていただき、目からうろこな気持ちです。
いや〜、ほんとにまるっと同館です。

凡人設定が、最終的にはいい改変だったなって思えるならいいんですが。そうあってほしいですね。
3話を見て思ったのですが、原作既読の読者をミスリードでだまそうとするあまり、穴だらけのストーリーになっているんじゃないかって感じ。つじつまがちゃんと合っていれば、視聴者に突っ込まれることもないのに(笑)しっかりしてほしいですよね。

いや〜、ほんとにありがとうございました。ちょっとスッキリしちゃいました(笑)

Posted by: たまぴよ | July 25, 2015 at 09:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/61930285

Listed below are links to weblogs that reference デスノート#3 その2:

« デスノート#3 | Main | 情熱大陸0719 »