« 永遠のぼくら sea side blue | Main | Zip!0626 »

June 26, 2015

永遠のぼくら sea side blue その2

13いや〜もう、昨日の記事に皆さんすごい反応してくださって、ちょっと安心したっていうか…。青春キュンキュンストーリーだと思っていたのに、ペラくてありきたりなお話だったのでよけいがっかりしちゃったんだと思います(´・ω・`)

11イルカのストラップをつけてあげるところは可愛かったですが、なんかセリフがいちいち変なところがあって…そっちが気になって…(´・ω・`)
この場面じゃないけど、いきなり「まぶしいよ、君は」とか言っちゃったり、「俺が嫉妬する」「耐えてよ」とか…なんか不自然で…むずむずします(笑)
窪田くんがけっこう気持ち込めて言ってるだけに…それだけによけいに…変です!!!

15脚本と演出のせいか、元カノは未練タラタラなのに、あっさり次の子に乗り換えるって感じに見えたので、航汰さんにもヒロインちゃんにも共感できなかったのかも。夢花にももちろん共感はできませんが…(´・ω・`)
でも、気持ちがなくなってるのに、「1人ぼっちにするな」とか「なんで守ってやれないんだ」とか言われるのも気の毒な感じで…亮にも共感できないし、夢花は迷惑な女だし、誰にも共感できないで、何やってんだこいつらなんて思っちゃうんじゃ、キュンキュンなんてできませんよね。

17おまえに何がわかるんだよ!!!
相変わらず殴られ方がうまい窪田くんでした(*^-^)

19短い間に窪田くんのキスシーンを2回も見ることになるとは…珍しい現象ですね(笑)さすがにラストコップではなかったけど(笑)
サマヌでもそうだったけど、キスシーン、ちょっとゴーインめにガバッといくところが男らしくていいですよね。
でもまさか、てっきり航汰先輩は当て馬で、最後は幼なじみくんとじゃないかなって思っていたのに、なんのひねりもなかったのも驚きでした。このキスシーンはラストじゃなくて途中経過だと思っていたのですが(笑)幼なじみくん、いいところ一つもなし!!!見返りも求めず尽くして、ありえないですよね。あっさりしすぎ。

20最後のシーンは成瀬くんを思い出した人が多かったみたいですね。

希美ちゃんと成瀬くんのあのラストシーンが胸に迫ったのは、それまでのいろいろな積み重ねがあったからで、今回のドラマはそこらへんがペラッペラで、群像劇を2時間で、しかもあの人数でやろうなんて、ちょっと無理だったのでは…。レイコの不倫エピは無人島で2人きりの伏線になるものだったかもしれないけど、余分だったと思いますね。無人島でもうちょっと惹かれ合うきっかけが濃く描かれていたらよかったのに、一緒の毛布にくるまって過去の話をしただけなのに、それで気持ちが接近したとか言われましても、って感じです。すぐに好きだよとか言っちゃう航汰さんってば…唐突なんですって!!!もうちょっと惹かれ合う過程を丁寧に描いてくれないと、説得力がありませんが、やはり2時間では無理があるのかな。不倫とか夢花の母親のエピとかいらなかったんじゃ…。

今思えば、キュンキュンする予定で観たのでがっかり感が半端なかったと思うのですが、予告を見た時点でこんな感じなのを予想して、冷静な気持ちで見るべきでした(笑)まだまだ修行が足りないですね(^-^;
それにつけても、これだけ若手俳優を集めて、もったいなかったですよね…(´・ω・`)

|

« 永遠のぼくら sea side blue | Main | Zip!0626 »

Comments

こんばんは
すてきな写真をたくさんありがとうございます。
こうして写真だけ見てるとすてきなのに、胸キュンキュンできなくてホントに残念でしたよね。
私は、もっとチョイ役だとばかり思ってたので、主役級の扱いでたくさん出番があったのが嬉しかったです。窪田さんが出てなかったら、早い段階で見るのやめてただろうな・・・
ツッコミ入れながら、脳内補完しながら、頑張って見ました!
でも、「俺が嫉妬する」のせりふはうまく理解できてません。どういう意味だったんでしょうか?

Posted by: sachi | June 27, 2015 at 01:28 AM

脚本が本当に残念でしたね。あの内容で俳優さん達はよく頑張ったのではないでしょうか。

私はあのキスシーンは最後の方で、葵と航汰のために幼なじみくんが動くのではと思っていたので、見事に予想通り(笑)。
でもあんなに幼なじみくんの(名前すら出てこない…)存在感が薄いとは思いませんでした。彼のファンは怒っていいレベルですよね。

この作品に限らず「うーん」ってドラマは沢山あって、俳優さん達はどんな作品も仕事として頑張らなきゃいけなくて、窪田くんにとってもそんなひとつだと思います。ただ、せっかくの主役級だったから、残念でしたね。

少し前に「予告犯」を見ました。出番は本当に少しですよね。見ごたえのある作品で大事な役だけど出番がちょっとと、作品自体はあれれでも主役級と、どっちがいいかな(笑)。

で、これは本当に勝手なイメージなんですけど、予告犯の恵梨香ちゃんが格好良かったからか、ドラマを見て「光、あんた今頃何やってんのよ!」って言ってる気がしました(笑)。

Posted by: にゃおすけ | June 27, 2015 at 06:40 AM

たまぴよさん、はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいています。初コメントさせていただきます。
連ドラで、もっと心理描写を丁寧にしてくれたら楽しめたのかなぁ…と思いました。展開がはやすぎてついていけませんでした。
コウタの登場シーンの怖い感じは、友人を亡くした海の怖さを知っていたからだったのかなと後から思いましたが、それもあの展開の早さだと正解なのかもわからない…。
地元神奈川での撮影だったので、あそこで撮ったんだな~とか違ったことで楽しんでました(^_^;)ラストコップも横浜でしたので、二週連続で嬉しいです。

Posted by: ひまる | June 27, 2015 at 06:58 AM

たまぴよさんの画像にはキュンキュンしまくりです♪ 昨日はたまぴよさんと皆様のおかげで、疲れがとれました(^^)

予告で航汰とキス+「最後にキスするのは誰」副題=それは拓、の図式でいて、空港のキスのときもまだ、「時間ないよ!」って思ってたので^^;、ラストはた~~く~~~(完) 可哀想やらモヤモヤするやら(苦笑)

嵐で島に2人きり王道シーンで、ヒロインから毛布かけてくっつかれては、ドキドキできません(by昭和のおばさん)

序盤からヒロインが鼻についたけど、航汰にはあちこちウットリ(//∇//)してしまったので、みなさんの「航汰もキャラがブレブレ」になるほど!私もまだまだ修行が足りませんでした(笑)

三重人格(笑)の航汰と、情緒不安定な夢花でしたが、航汰と拓、夢花とあおい、のシーンでは、お2人とも若手との格の違いがかっこよかったです。

私もあおいは拓のほうが似合ってると思いましたが、見た目というより中身が幼く感じたのは、脚本なのかな。。。

「俺が嫉妬する」は、大学院で勉強するあおいに嫉妬する、かな?違うかな? てっきり最後に拓の元にいくからだと思ってましたが…

『ラストコップ』3話がシリアスで面白いんですね!! たまぴよさんの記事がすっごく楽しみですので、来週も怒涛のデスノ番宣、どうぞ体調崩されませんように(>_<)

Posted by: まみ | June 27, 2015 at 10:15 AM

たまぴよさん、こんにちはー
怒涛の賑わいですね、いやー、皆さんのお気持ちにいちいち頷いて
首が痛くなりそう。

こういうPVみたいな作品が世に出るようになる、
これもメジャー化の過程だとは思いますが、
かなり変な台詞満載で、それを言いこなして話を進めんとする
くぼたさんがお気の毒。

若手二人に対するくぼた・鳴海の先輩の風格も感じましたね。
ほぼ若い子だけでシリアスな話を描くのはほんと難しいんだとわかりました。
どうしても「その俳優さん」止まりの人物に見えちゃう。
近すぎて等身大にしかなれないというか。
真面目な顔して怒った声で涙が流れれば、
それで感情が表せてるとは思わないです。
そういう一瞬一瞬の技術みたいなものが達者な
若手さんは多いですが、
人物のその時の感情以外の人格まで
表情やしぐさの下に感じさせる人物造型、
これが普段くぼたさんを特別な役者だと感じる
大きな要因だと思うのです。
でも今回の航汰先輩には苦戦してる様子が見えたと思います。
だって、もともと人格とか性格とかあらすじに書いてあるだけでしたもんね(爆)
アルジャーノンも10回連続で性格が一貫しない人物ばかりで疲れましたが、
二時間でも8人もブレブレでは、見てる方の「二時間返せ」コールも仕方ない。

あ、すごい辛口なことを・・(^^ゞ
不適切でしたら削除して下さいねー。

そんなこんなでも、たまぴよさんのキャプ画像の美しさに、
こういうのも有り?なんて思ってしまいますね!
あ、でもラストコップの第三話、亮太くんものすごっく美人さんでした!
お話しもいきなりよい深まり具合で、犯人にも感情移入できたし。
ぜひぜひ、そちらのほうもお願いしたいですー。
地上波でやらないの、勿体ないです(^_-)

長々失礼しました。
またお邪魔します。


Posted by: 花草 | June 27, 2015 at 10:43 AM

>sachiさん

いいシーンもあったと思うのに、どうしてこんな残念感がただようんでしょうね。本当に残念。

「俺が嫉妬する」っていうのは、遠距離恋愛だとあおいちゃんが他の男にとられるとか、そういう感じなのかなって思ったんですけど、何も言わずに去る理由にはなってないかなって思いますね〜。ほんと脚本の意図がよくわかんない部分がありますよね。


>にゃおすけさん

もっと面白くなったはず…と思うと本当に残念でなりません。
大事な役だけど出番がちょっとかあ…ミーハーファンとしてはやっぱりたくさん見られたほうがいいかな〜って思いますが、難しいですよね〜(笑)
今回は出番は多かったけど、あんまり楽しくなかったですからね…。

戸田恵梨香ちゃんのセリフ、脳内で彼女の声で再生されました(笑)


>ひまるさん

初めまして!!コメントありがとうございます(*´∀`*)

そうですね〜、連ドラだったらもう少し人物の関係とか背景とかをしっかり描けたかもしれないけど、こういう群像劇は難しいですからね。サマーヌードの悲劇再びってなりそうな予感が…(笑)

航汰の登場シーン、私は夢花とケンカしてて機嫌が悪かったのかなって思っていたのですが、そういうことだったのかもしれませんね!!それは気がつかなかったな〜。


>まみさん

拓ちゃんかわいそうでしたよね。本人は本当にそれでいいのかって、好きな人が他の人を好きになる葛藤などが全然感じられなくて…人物の奥行きが感じられなかったっていうか。他のキャラもそうですけど。

無料期間をめいっぱい使いたいと思って見送っていましたが、そろそろHuluに入会するしおどきかなと思っております(笑)
ラストコップも楽しみです!!


>花草さん

皆さん何か言いたくなってしまったんでしょうね、あまりのアレな感じに…(笑)自分だけじゃないんだ!!って思うとほんとに安心します。

セリフ変でしたよね。ここでキュンキュンさせるぜ!!って狙ってのアレだったのなら…お門違いだぜと言いたいですね。単に変なだけ(´・ω・`)
さすがの窪田くんも苦戦してたのかな…。あらすじに書いてあったことがちゃんと物語上で表現されてたとはイマイチ思えない感じでした。我々は人物紹介を読んでいるからなんとかついていけたんだと思いますね。
やっぱり2時間では無理だったのしょう。
窪田くんのビジュアルがよかっただけに、ほんとにもったいない。

永遠のぼくらが終わるまでと思っていたので、そろそろHuluに入会いたします。もう6月も終わりですね。あっという間だったような気がします。

Posted by: たまぴよ | June 28, 2015 at 12:51 AM

初めまして!
いつも楽しみに拝見しております^ ^
初コメせずにおれずに至りまして💦
Nからのファンと新参者ですが、完全窪田PVな感じで、内容はさて置きニヤニヤしてました。
おばちゃんには臭いセリフもギャグのように楽しんでました(笑)
ラストコップは色んな表情が見れてリピしてまーす。

Posted by: kazumisa | June 28, 2015 at 08:35 AM

たまぴよさん、先日は返信ありがとうございました。(≧∇≦)

そうなんです。つい一言言いたくなってしまうほど、アレでした。モヤモヤむかむかしてたので、ちょっと言い過ぎたかなと、反省しとります。
昨日旦那が101回目のプロポーズ見てたのですが、「どうかしてるぜ」というセリフがあり、懐かし〜と笑ってしまいました。永遠のぼくらは、それに近い感じだったかなと。

おかげさまでスッキリしてきたので、デスノートに気持ちを切り替えます!

Posted by: ぷち | June 28, 2015 at 02:57 PM

>kazumisa さん

初めまして!!コメントありがとうございます(*´∀`*)

Nからのファンでいらっしゃるのですね〜。過去作もご覧になられたでしょうか。
今回のドラマは、ストーリーがアレなことをちょっと我慢すれば、たしかに出番が多くてビジュアルもよく、窪田くんを楽しむにはよかったですね(^-^; セリフが楽しめれば最強ですね(笑)


>ぷちさん

永遠のぼくら、ドラマとしては古臭かったということなのでしょうか(笑)
「どうかしてるぜ」っていうセリフは、お笑い好きの私にとってはブラマヨのギャグという認識なのですが、101回めのプロポーズのセリフだったのですねΣ( ̄ロ ̄lll)

デスノート、炎上したりしてどうなることかと思ってましたが、最新のビジュアルなどを見るとなかなか期待できそうで楽しみですね。

Posted by: たまぴよ | June 28, 2015 at 10:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/61798850

Listed below are links to weblogs that reference 永遠のぼくら sea side blue その2:

« 永遠のぼくら sea side blue | Main | Zip!0626 »