« Nのためにサントラ | Main | ラジオな2人0313 »

March 17, 2015

Trifle(トライフル)~reorder~

ひさびさの、窪田正孝出演作追っかけ第43回は「Trifle(トライフル)~reorder~」
2010年1月に新宿で上演された舞台です。DVDはAmazonとかには売ってないらしいということで、オクで落としました。2010年で、まだまだ初々しい窪田くんが見られます。実はとっくの昔に入手していたのですが、途中まで見てなぜか放置していたっていう…(^-^;
何をやってたんでしょうか、私…。

01軽いけど暑苦しいコメディで、とってもおもしろかったです。レストラン・ラティシニエに招聘された天才パティシエの皆川優吾(お菓子づくりは天才だけど、一般常識に欠けるおバカ)が、間違って隣りの喫茶店ラナソエイユに行ってしまったことから起こるドタバタ騒動の話です。天才パティシエとして優遇されるはずが、バイトと間違われてひどい扱いを受ける皆川くん。普通はおかしいってすぐわかりそうなのに、おバカなので店を間違えていることがわからなくて、推理作家、編集者、ケータイ小説作家、ラティシニエのパティシエ、オーナー、従業員などが入り乱れて、勘違いとか誤解で繰り広げられる騒動がめっちゃおかしいです。

03窪田くんの役は、推理作家の小山田さん(つぶやきシロー)担当編集者の堺貴博。作家はスランプでへそをまげ、編集長には怒られてストレスがたまってます。

07途中でいきなり作家さんにキレるところがあるんですけど、そこのセリフがめっちゃおかしかったです。
けっこうな長ゼリフをよどみなくまくしたて、最後に勢い余ってか「うっひゃっ」とか言ってて、もうバカウケ(笑)←ちょっと何言ってるかわかんないかもしれませんが、すみません(^-^;
ここでつぶやきシローに「バカバカバカ!!!」って連呼するんですけど、回数をこなすたびに「バカ」の数が増えていったとつぶやきシローがアフタートークで言ってておかしかったです。

09編集者と作家もコーヒーとケーキであるべきだと諭される2人(←これだとなんのことやらわからないですね(^-^;

最後は騒動も終息し、みんなハッピーになって、なかなか心温まる話でした。
舞台で、脇役なので、窪田くん的にはアップになる場面もなく、ちょっと残念でしたけど、お話的にはすごく面白かったです。

10舞台後のアフタートークが収録されていて、そこでめっちゃいじられる窪田くん。KYだとかB型だとかマイペースだとか、みんなにめちゃくちゃ言われていました(笑)

11この笑い方とか、今でも変わっていないなって思いますね。

こういうの見ると、シリアスなのもいいけど、コメディではじける窪田くんも見てみたいな〜と思います。ウレロの西園寺翔みたいなの、また見たいですね。あれはほんとにめっちゃ楽しかったし〜(^-^;


|

« Nのためにサントラ | Main | ラジオな2人0313 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/61297415

Listed below are links to weblogs that reference Trifle(トライフル)~reorder~:

« Nのためにサントラ | Main | ラジオな2人0313 »