« アルジャーノンキャスト発表 | Main | TVライフ2015・6号 »

February 25, 2015

JUNON 2015・4月号

「窪田正孝にQ100」
大変興味深かったですね〜!!! ファンとしては保存版です。今までのインタビューなどで知ってる情報もあったけど、初耳なものも多くてとっても面白かったです。

04ちょっと失敗してはしっこが切れちゃってますけどすみません(^-^;

体重であるとかコンタクトであるとか(目はいいのかと思ってました。意外!)50m走のタイムとか、手汗がハンパないとか、マニア心を満足させてくれる情報がいっぱいあってよかったです(笑)
体重62キロって、あれだけ筋肉あるのに(筋肉は重い)それって、よっぽど脂肪が少ないんだなってびっくりです。体脂肪率も知りたい。アスリート並みなのでは??

『自分が女だったら窪田正孝とつきあいたい?』って質問に「絶対イヤです」って答えてておかしかったです。そうなんだ〜(゚▽゚*)
結婚願望は今はないって答えだけど、LOVEに関する質問にはどうしても特定の人を連想してしまって、ちょっとイヤかも(笑)

海外に行く仕事してみたいって書いてありましたが、何かの紀行ものとか、楽しそうですね。そういうのやってほしいです。ナレーションももちろんご本人で(*´∀`*)
そして、三池監督とも再びお仕事してほしいな。いろいろとこの先が楽しみですね。


|

« アルジャーノンキャスト発表 | Main | TVライフ2015・6号 »

Comments

たまぴよさん、こんにちわ~^^
Q100興味深かったですね!こういう雑誌ってほとんど見たことがなかったんですが、小道具にお花(それも一輪だけ)ってよくあるんでしょうか?この演出の意図が分からない(この時点で世代差ってことですね)^^;
私もコンタクトレンズのことが一番意外でした!なぜか視力のいい人だと思い込んでましたw テレビでアップになったときとか、思わずレンズのラインを探してしまいそう。。。笑 早く動く窪田くんを見たいですーー!!

Posted by: ゆっきーの | February 26, 2015 at 10:51 AM

たまぴよさんこんばんは。
私もアイドル誌ほとんど読まずに生きてきたので、初JUNON購入で本屋のレジ行くのがちょっと恥ずかしかったです…(笑)。
でも勇気出して買ってよかったです。私はファンになって日が浅いのでたまぴよさんよりも知らなかった事が多く、窪田くんのいろんな事知ることが出来て嬉しかったです。
手汗…私も実は悩みだった(もう気にする年齢ではなくなった 笑)ので、凄く共感しちゃって、異性の好みと言いながら度々の窪田くん自ら萌え袖なのは手汗気にしてるからかも?とか妄想しちゃいました(笑)。
年度末でちょっと忙しい毎日でまだ4月とか来てもらいたくないんだけど、ドラマは早く見たい〜!と矛盾してしまう今日この頃です。

Posted by: ピカダ | February 26, 2015 at 09:55 PM

>ゆっきーのさん

演出はさておき、ビジュアルはけっこうよかったですね〜(*´∀`*)
少女マンガちっくでよろしいのではないでしょうか(笑)

そうなんですよ、勝手に視力はいいと思い込んでたのが我ながら不思議。サマヌのときに、光が目を細めて物を見るシーンがあり、細かいところまで演技がすごいなって思ったのですが、本当に目が悪かったのですね(笑)

それにしても、早く動く窪田くん、見たいですね!今のところ、TV誌で飢えを凌いでいますが(笑)
番宣も楽しみです。出てくれるかな?


>ピカダさん

おお、初JUNONでしたか!!おめでとうございます。恥ずかしいですよね〜(笑)
このQ100は、ファンとしてうれしい情報が盛りだくさんで大満足。ほんとに買ってよかったですね。窪田くんも、このインタビューに答えることで知らなかった自分を知ったみたいなことを最後に言っていて、おもしろかったです。

お仕事忙しくて大変ですが(私もこれからちょっと忙しくなるシーズンなんです〜)いろいろチェックしつつ4月を楽しみに待ちましょう(*´∀`*)

Posted by: たまぴよ | February 27, 2015 at 12:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/61195353

Listed below are links to weblogs that reference JUNON 2015・4月号:

« アルジャーノンキャスト発表 | Main | TVライフ2015・6号 »