« 花子とアンメモリアルブック | Main | ネリさま〜ず0921 »

September 27, 2014

花子とアン0927 最終回

092701花子とアンがついに最終回。すっかり苦行と化していた朝ドラ視聴、ようやく解放されると思うと、喜びがあふれます。最終回はまあまあ、ツッコミどころは醍醐さんが化け物みたいに歳とってないところぐらいで、普通に落ち着いてみられてよかったです(笑)
今までの出演者の皆々様がリレーのように赤毛のアンを読むシーンは、なかなかいい感じでした。これまでのストーリーが走馬灯のように…雑なストーリーに腹が立ったことも含めて思い出されました。そこだけちょっとしんみりしました。花子のスピーチは二倍速で見るとちょうどよかったです。

092702朝市、おかあとじゃなくて嫁さんとだったらよかったのに〜。朝市の嫁さんはスピンオフドラマまでお預けってことなんですね。リンド夫人が口うるさくてどうのこうのと言うおかあに、何ともいえない顔をしてたのがおかしかったです。何が言いたいのか、よくわかるよ、朝市(笑)

松本明子さんだか窪田くんだかのインタビューで、安東家のとなりにあるらしい木場家は、セットがない(笑)ということでしたので、今回の縁側は安東家のをお借りしてってことなんでしょうね。

092704なんともいえない顔の朝市(笑)
すっかりおじいちゃんになっちゃって…微妙に違和感のある爺ですが、まあ、全然年取ってないモモやカヨ、醍醐さんは美魔女すぎ!!な人たちに比べたら、まあがんばって役作り??してるって感じですよね。蓮子さん夫婦がいい感じになっていました。そういえば宇田川先生も年取ってないよね。見た目が若い人多すぎ!ちょっと白髪にするだけじゃ、違和感バリバリなんですけど〜!

自分のこれまで書いた花アンの記事をざっと読み返してみたんですけど、最初は『意外と面白そう。吉高さんでもいけそう。農民が可愛い』なんて書いていて、だんだんと『なんじゃこりゃ』ってなっていっているのが、我ながらおかしいです。朝市のイベントの節目節目で、もう朝市は出ないかも、朝市が出ないならもう見ないですむなんて何回も書いてて、まったくお門違いにもほどがありました(笑)

脚本に関しては、もの申したことがたくさんあるけど、うまく言葉にできないっていうか…なんといったらいいのでしょうか。STの黒崎さんで我がブログのPVが激増したけど朝市ではまったくそういう現象はなかったということから、朝市というキャラはあまりおいしくなかったのかなと思うし、ただ、便利に動かせるからってことかもしれないけど、わりと脚本家さんに愛してもらってたんじゃないかなとも思います。

「面白くない」と言いながらもがんばって1回も欠かさず録画しましたが、一応ブルーレイにダビングして保存するけど、果たして見返すことがあるのか…なんともいえないですね(苦笑)


|

« 花子とアンメモリアルブック | Main | ネリさま〜ず0921 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/60382074

Listed below are links to weblogs that reference 花子とアン0927 最終回:

« 花子とアンメモリアルブック | Main | ネリさま〜ず0921 »