« VS嵐1212 | Main | 笑っていいとも増刊号1215 »

December 15, 2013

カノジョは嘘を愛しすぎてる

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」女子中高生にまぎれて観てきました(笑)映画の初日に行くなんて、個人的にはかつてないことであります。ほんとに若い女子ばっかり。渋谷のヒューマントラストシネマで観たのですが、カノ嘘冬フェスでキャストたちが点灯式をやったツリーが飾られていまして、みんなが写真を撮っていました。いつまで飾ってあるのかわかんないけど、見たい方はお早めに。8階ですよ。

Photo2時間ぐらいの映画で、ちょっと長めだけど飽きずに観られました。少女マンガ原作だからどうかなって思っていましたが、なかなかよかったです。しかし…ウワサには聞いていましたが、心也の出番が少ない!!むしろ瞬のほうが多くないですか?気のせいかな。
でも、少ない出番ながら、ビジュアルはサイコーによくて、まあホントにかっこよかったですね。
特に冒頭のヘリのシーン、うっとりしちゃいました(←バカ?(^-^;
心也は秋のこと天才だと認めてて、リスペクトしつつもライバル心を抱いている、ツンデレちゃんなのですね。先日放送されたサイドストーリー4話、あれはほんとに心から心也に同情しました。かわいそうすぎる。本人の意志に関係なく無理矢理知らない人たちのバンドに入れられて、メンバーからもファンからも歓迎されてなくて…。特にデビューイベントのエピ。つらいよね…。あれを見たから心也の心情も理解できるけど、見てないと秋と理子の邪魔する悪役ちゃん風味に見えるかも?もうちょっとだけ心也の背景を描いてほしかったなあ〜。
映画とサイドストーリーで視点が違っていたのがおもしろかったです。秋と出会ったときのちょっと不安そうな心也に、あのナレーションを重ねてしまった(笑)

そして、理子ちゃんが予想以上に可愛くてよかったです。セリフはあちこちぎこちないんだけど、表情がとってもいいですね。

ネタバレになるからあんまり書けないけど、音楽業界の裏側の描写がけっこう面白かったです。クリプレのみんなもあんな感じで売れてもつらいよね。

映画が終わったあと、周りの女子高生らしき子たちが、「秋のイメージ原作と違うよね」「心也が一番あってたよね。」「瞬もあってたね」とか言っていました。私は原作知らないからよくわからないんだけど…。とりあえず窪田くんの役作りは成功してるってことですね(笑)
しかしまあ…ヘタレ役はめっちゃヘタレで、カッコいい役はちゃんとカッコよくなれる窪田くんってやっぱりハンパないと思いますね。ファンのひいき目と言いたければ言ってくださってけっこうって感じです(笑)
水田くんと浅香くんのファンだったらがっくりだったかも。出番少なすぎ。目立たなさすぎ。イベントでは浅香くんあんなに目立っていたのに(笑)

なんかとっちらかって、うまくまとまらないですけど、あと1回は見る予定なので、また何か書くかも。サイドストーリーについても別に書きたいと思っています。


|

« VS嵐1212 | Main | 笑っていいとも増刊号1215 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/58757279

Listed below are links to weblogs that reference カノジョは嘘を愛しすぎてる:

« VS嵐1212 | Main | 笑っていいとも増刊号1215 »