« 芸人報道0416 | Main | 海外行くならこーでねーと0415 »

April 17, 2013

僕たちは世界を変えることができない

窪田正孝くん出演作追っかけ第16回は2011年公開の映画「僕たちは世界を変えることができない」

07公開時期には窪田くんにこれっぽっちの興味もなかったのですが、タイトルが変わってるのと番宣けっこうやってたので覚えてます。たしかネプリーグにも出てたような。このころファンだったら楽しかっただろうな。

04僕せか関連の画像とか見て、矢野くんのビジュアルはあまり好みじゃないなって思って観るのを後回しにしてたんですけど、見たらそれなりにやっぱりよかったです。ちゃんと矢野っちのエピソードもあったし。ただ、ドキュメンタリー風で淡々としてて(特にカンボジアスタディツアーのあたり)、それが監督の意図なのかもしれないけど、もっと感動させてくれるあざとい演出があってもよかったかなって思いました。

これって、ぶっちゃけ本田君がいなかったらできなかったんじゃ?って思うし、こころざしは立派だけど、お金集めをサークルつくってイベントでやろうってところに共感できないっていうか…ちょっとチャラいと思ってしまいました。そんなところも感動できなかった理由かも。
向井くんのファンだったら感動できたのかな。パンツいっちょで演説するところも、はあ?って感じだったし…。4人そろってパンイチのシーンは別の意味で楽しかったけどcoldsweats01画像貼りたかったけど自粛しました(笑)
一番よかったのはRAM WIREのエンディングの歌でしたcoldsweats01

12ここ、いいシーンで好きなんだけど、歌がへたくそすぎて(笑)ちょっとつらかったです。フルコーラス歌わんでも…って思ってしまったcoldsweats01
窪田君の見せ場なのに、ファン失格です。窪田君もっとうまいはずなのに…わざとへたに歌っていたのでしょうか。

しかし、どこぞの動画サイトでメイキングを見たのですが、窪田君インタビューで(この歌のシーンは)役に入り込んでいたのであまり覚えていないって言ってて、ほお〜ってなっちゃいました。さすが憑依型俳優ですねhappy02

03ちょっぴりかわいこちゃんな矢野っち。→→

カンボジアツアー、演技じゃなくて素だったような感じですけど、ガイドの人も「向井さん」とか呼んでたし。ガイドの人はどこまで演技だったのかな。
しかし、なんだかんだいって、これによって本田君と矢野君はちょっぴり人生が変わったわけで、そこんとこを考えるとちょっとしみじみしますね。


|

« 芸人報道0416 | Main | 海外行くならこーでねーと0415 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/57188642

Listed below are links to weblogs that reference 僕たちは世界を変えることができない:

« 芸人報道0416 | Main | 海外行くならこーでねーと0415 »