« ガストCM | Main | ハッピーMusic0316 »

March 16, 2013

はさみ hasami

Hasami08
窪田正孝追っかけ第14回は「はさみ hasami」

公開は2012年ですが、撮影はもっとかなり前だったらしいです。中野の理容専門学校の先生と問題児生徒たちのストーリー。窪田君演じる葉山洋平は人との関わりがうまくできなくて悩んでる生徒。悩み、いらだちながら、それでもなんとかしようと努力しています。おばあちゃんのお葬式で帰った実家で、継母が生んだ自分の弟である赤ちゃんを抱いて、それがきっかけで洋平はちょっぴり変わります。見ているこちらもはっきりわかるくらい、雰囲気がやわらかくなった洋平君。窪田くんの繊細な演技はさすがです。まあ、ちょっと声がちっちゃくて台詞が聞き取りづらいのがイマイチなんですけど、引きこもりがちな暗い子がはきはきしゃべってたらおかしいんで、それはそれでいいんですよね(笑)
窪田君の、髪をさわる手つきとか、ほんとの美容師さんみたいでした。キツいなって思った先輩が実はすごくいい人だったり、おばさんもいいキャラだったし。
「まだ人が怖い」って言ってたけど、洋平君はたぶんきっといい美容師になれると思います。

Hasami07        変身後の洋平くん

Hasami02        変身前

もう一人のメイン生徒のエピソードはイマイチだったけど、彼女の彼氏役の綾野剛がだんだん壊れていく様子はちょっとこわかったですね〜。あと、いちこちゃんとの友情はよかったです。いちこは癒しキャラだったな〜。あんなふかふかなボディにハグされたら気持ちいいだろうなあ〜。

生徒のために一生懸命がんばる久沙江先生、こんな先生ばっかりだったらみんな幸せなのにね…。生徒の1人が説得むなしくやめちゃって挫折感いっぱいな先生のところに、昔の生徒がお礼を言いに現れるシーンもよかった。後味のいい、心温まるお話でした。

|

« ガストCM | Main | ハッピーMusic0316 »

Comments

たまぴよさん、こんにちは~^^

先日初めてhasamiをレンタルで観て、地味ながらいい映画だなーと思って、またまた今頃今更なところにコメントしてます(笑) 窪田くんのところ以外を早送りで観る少々悪い癖がついてしまってますが^^; しかし過去作だからと言って窪田くんの演技を「この頃はまだまだだったんだね」と思うどころか、この頃から凄かったんだなーーって改めて思ってしまいますね。


オープニングで窪田くんの手のアップが結構使われていたので、こりゃまた相当練習したんだろうなとか色々思っちゃって。あとバイクで転ぶシーンも画面が切り替わる途中から本人がやってる気がするんです。昔はスタントなしでやることにこだわってたって言ってたし、顔はヘルメットでほとんど見えないけど、転んだときの手の親指が反ってたのでもしかしてと思ってます。

窪田くんにあんな風に髪を触られたい!先生役の西脇千鶴の首筋にも結構手が当たってるじゃん(>_<)とか内容とは全く関係ないところにジトっとしましたが(笑)

Posted by: ゆっきーの | July 17, 2016 at 10:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/56962847

Listed below are links to weblogs that reference はさみ hasami:

« ガストCM | Main | ハッピーMusic0316 »