« ピカルの定理0116 | Main | 笑っていいとも0117 »

January 18, 2013

映画 鈴木先生

Suzukit映画・鈴木先生を見てきました。

年末年始のドラマ再放送もバッチリ見て予習は万全(笑)
おもしろかったです。生徒たちが若干成長してた。びっくり。

窪田くんの出番が少ないことも承知の上でしたが、ほんとに少なかったcoldsweats01
(画像は先行特別映像から拝借)
学校を訪ねてくる元不良の卒業生・白井。鈴木先生に「自分たち落ちこぼれにはあまりかまってくれなかったけど、先生がひいきしてたいい子たちは先生を訪ねても来ないだろ」みたいなイヤミを言って去っていきます。(台詞はちょっとうろ覚えなんだけど)
え〜、こんなこと言うんだ〜って、かなりびっくり。鈴木先生も言われたことけっこう気にしてたし。窪田…じゃなくて白井君ったら…かまってほしかったのね(笑)でも、この台詞が後の展開にも関連するものだったりするわけで。
鈴木先生は、過去のある出来事(ドラマの7話)から、手のかかる問題児よりも手のかからない普通の子をより気にかけてあげているんだけど…。
一方で、先生に面倒をかけることもない普通のいい子だった風間俊介演じるユウジやミツルたちは社会に出たらうまくやっていけずに、居場所もなくなって、不真面目にやってた奴らはうまいことやってるのにって、だんだん追いつめられていきます。気持ちはわかるけど、ユウジくんのやり方はおかしいと思いますcoldsweats01なんでそれが小川さんレイプに結びつくのか。ぶっとんでます。でも、風間さんの演技はなかなかよかったです。クサイ芝居になりがちな風間さんだけど、今回はほどよく演じられてたと思います。熱烈な風間ヲタだった何年か前の自分が見たら狂喜乱舞しただろうなあ、あのころの自分に見せてあげたかったなあと思うと、我ながらちょっと切ない(なんのこっちゃcoldsweats01
まあ、屋上からの展開が冗長で、小川さんジャンプはちょっとありえなくて失笑でした。それまでなかなかよかったのにな〜。立てこもり関連はもうちょっと短くてもよかったかな。それより文化祭とかを見たかったかも。

ドラマを見てたので、生徒たちにも愛着があり、足子先生にはめっちゃ笑わせてもらったし、喫煙室や職員室のシーンもおもしろかったし、窪田くん抜きにしても見てよかったかな。でも、映画で見なくてもドラマSPで十分だったかも。るろうに剣心などは音響やアクションの迫力とか、絶対映画館で見たほうがいいと思いましたけど、これはそれほどでもなかったかな。

|

« ピカルの定理0116 | Main | 笑っていいとも0117 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/56562437

Listed below are links to weblogs that reference 映画 鈴木先生:

« ピカルの定理0116 | Main | 笑っていいとも0117 »