« 芸人報道0906 | Main | ドロップ »

September 07, 2011

漫才ギャング

何回かに分けて、ピース(主に綾部)が出た映画その他について、いろいろと感想を書いていこうと思います。
まず1回目は、3月に公開された品川さんの映画「漫才ギャング」。
最初に申し上げておきますが、私は綾部のファンなので、感想はとっても偏ったものになると思いますので、よろしくお願いします。

Mgyang01
芸歴10年の売れない漫才師黒沢飛夫が、相方の石井保に借金を理由にいきなり解散をつげられ、借金取りにからまれてお世話になった留置場で不良の鬼塚龍平と知り合い、彼にツッコミの才能を見いだして新しいコンビを組む。元カノともヨリを戻し、うまくいきそうになった矢先に、龍平と対立する不良グループとまたなにやらいろいろあって…というのがおおまかなあらすじです。


Mgyang16 綾部は主人公の相方・石井保の役で、お酒とギャンブルで借金をつくっちゃってコンビ解散を言いだすダメ〜な人。この設定だと、冒頭でコンビ解散したらもう出番はないのかなと思っていたのですが、意外にそのあともけっこう出番があり、けっしてチョイ役ではありませんでした。借金取りの金井(宮川大輔)に拉致されて、借金を返すためボロアパートにほうりこまれて強制労働をさせられることに。相方にはお笑いを続けてほしいから、相方の飛夫が金井にゲロをかけた慰謝料も自分が肩代わりすると言うけなげな子です(笑)
この借金取りの金井さんがまた…おもしろいヒトで、すんごい怖いんだけどすんごいおもしろいっていうか、いきなり変なことを言いだしたりするめちゃくちゃヘンな人。実は面倒見のよい、とってもいい人。宮川大輔がいい味をだしていました。金井と保のやりとりがなごむっていうか、おかしかったです。

Mgyang14「おしるこ」のシーンはちょっと下品でしたが笑っちゃいましたbleah

金井さんを初め、脇に個性的な面々がたくさん出ていて、特にデブタクのミサイルマン西代、元芸人で借金取りの先輩河原の長原成樹、千鳥の大悟、ロバート秋山など、それぞれキャラがたってました。まあ、ネクラで友達もいないって主人公の設定、ちょっとなんか違うなあって感じでしたけど、佐藤隆太はどうしてもルーキーズとか熱血のイメージがついちゃってますし。上地くんはまあ好きでも嫌いでもないので、ただ21歳って設定はどうなんだろうと思いました。

以後、ちょっとネタバレ含みますのでご注意ください。




Mgyang09映画の設定を聞いたときには、売れない芸人が新しい相方を得て成功するサクセスストーリーだとばかり思っていたので、結末はちょっと意外でした。飛夫が変わるための龍平との出会いだったのですかね。ちょっと龍平がかわいそうっていうか。綾部のファンだけど、正直な気持ちは龍平と一緒に成功してほしかったです。そのほうがすっきりするんじゃないでしょうか。保は飛夫の才能をすごいって言って、龍平は保にあんたはすごいって言っていたけど、飛夫は龍平でも保でもどっちでもいいんだって感じがしたから。なんかもやもやするんですよね〜。まあ、保もあのままじゃかわいそうだったから、よかったかな(笑)

冒頭の漫才シーンと喧嘩のシーン、台詞がシンクロしていくところとか、かっこいい演出でした。恋愛パートはちょっと長すぎw
売れない芸人の苦労とか、成功するまでの努力とか葛藤とか、無駄に長い恋愛パートを削って描写してほしかったです。なんか、お笑い芸人ってあんな簡単になれるの?って思っちゃうし。龍平とコンビ組んですぐ売れたみたいな感じに見えたから、前の相方がよっぽどダメだったみたいじゃないですか?(笑)
あと、下品で汚いシーンとか下ネタとか満載で、笑っていいのやらなにやら…。困ります。

個人的にけっこう気に入っているのは、養成所で龍平たちと話しながら、飛夫が新旧の相方をニコニコしながら交互に見るシーン。わけもなくほのぼのしました。あと、龍平と保が同時に「もういいよ」って飛夫にツッコむラストです。「うまい!」って思っちゃいました。

品川さんはインタビューで次回作も撮りたいって言ってましたが、今度は不良とか乱闘とかないものにぜひ挑戦してほしいですね。また綾部も使ってください(笑)


Mgyang20_2おまけで、メイキングの綾部。監督に「NG出したらコロス」と言われておびえてますw 写真をクリックすると大きいサイズで見られます。

|

« 芸人報道0906 | Main | ドロップ »

Comments

DVDの購入検討中ですが、メイキングの綾部さんって何分ぐらいあるんでしょうか?

Posted by: | March 13, 2012 at 09:23 AM

え〜と、特典ディスクを見直してみましたが、メイキングで5〜6分、キャストインタビューで3〜4分、キャンペーン映像にはどちらも出ていました。
メイキングのナレーションは綾部さんですが、ファンとしてはちょっと物足りない感じですかね。

Posted by: たまぴよ | March 13, 2012 at 06:51 PM

わざわざ見直してくれてありがとうございます。
このブログ見て、やりすぎ芸人都市伝説、ラ★ゴリスターズDVD’09、花坂荘の人々を買おうかなと思ってるんですけど、特典映像のためだけにドロップと漫才ギャングのDVDまで買うかどうかすごく悩みますね~

Posted by: | March 14, 2012 at 11:35 AM

そうですね、ドロップはけっこうおすすめかな。
ショートストーリーのルパンはマジ可愛いです。短いけど。
メイキングでもいろいろいじられる綾部さんも見られます。
どっちかをおすすめするとしたら、漫才ギャングよりもドロップのほうかな。

Posted by: たまぴよ | March 14, 2012 at 10:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/52670869

Listed below are links to weblogs that reference 漫才ギャング:

« 芸人報道0906 | Main | ドロップ »