« 漫才ギャング | Main | ドロップ ショートストーリー »

September 08, 2011

ドロップ

ピース出演映画その他について 2回目は
またまた品川監督の映画「ドロップ」です。

Drop23水嶋、成宮のWヒロくんの出演で、公開当時話題になりました。品川カントクの自伝ということで、「えっ、品川の役を成宮君がやるの?ずうずうしいんじゃ…」と正直思いましたが、主人公のヒロシは全然カッコよくなく、けっこうヘタレで単に不良に憧れてるだけのお子ちゃまで、まあまあそれらしかったです(笑)水嶋ヒロも、今までのイメージをくつがえすような熱演っていうか、ほんとにコワくて危なくてかっこよかったです。友達にはなりたくない…。

Drop06綾部が演じたのが不良グループの一人ルパンで、盗みが得意で、盗み以外の悪いこと(ケンカ)はしないというポリシーを持っています。容姿も行動もとにかく可愛い!(←ファンなので目が曇っています)


個人的に気に入っているシーンは、赤城と加藤のところに殴り込みに行ったとき、ヒロシに「お前も参加するのかよ?盗み以外の悪いことはしないんじゃなかったのか?」と言われて「友達の仕返しは悪いことじゃないだろ」と言うところです。そのあと、乱闘に巻き込まれてまったく役にたたず、おびえて見てるだけというところも笑えました。

Drop19

ストーリー的には普通のベタな不良物語なのですが、キャラクターがちゃんとたっていて、それぞれ魅力的です。こうやって仲間が集まっていろいろおバカなことをやれるのも若さの特権だよな〜と、ちょっと甘酸っぱい気持ちにもなります。
とはいえ、普通にタバコ吸ったりビール飲んだりしてるんで、しばしばこの子たちが中学生だってことを忘れてしまいます。確かにこのメンバーで中学生は無理がありすぎる(笑)ルパンはちっちゃいので、遠目に見れば中学生に見えないこともないかな。でも声がオッサンですね(笑)

Drop07←かわいいので気に入っているツーショット。せっかく高校に入学したのに、1日で退学になってしまうまさかの展開に(笑)


笑ったのが、赤城と加藤と和解するとき、ヒロシが薩長同盟の話をして自分を坂本龍馬に例えたのですが、全員ぽか〜んとなって「???」だったけど、ドラゴンボールのピッコロと悟空に例えて話すとみな納得していたシーン。意外に礼儀正しい赤城もいいキャラです。そういえば加藤がレイザーラモンHGだって、全然わかんなかったな〜。

街を出て行くヒロシに、お餞別だよと言ってビールを渡し、「また盗んだのかよ」と言われて「買ったんだよ」と言ったルパン、印象的なシーンでした。泣き虫のテル、ひょうひょうとした森木、いつもニコニコしてるワン公、ツンデレな達也、赤城に加藤、ストーリー的にはたいして目新しいものではないのですが、キャラクターを楽しむ映画じゃないかなと思います。

偏りすぎた感想ですみませんbleah

Dropmちょっぴりだけ出演している又吉。老けすぎてる中学生。反則です(笑)


|

« 漫才ギャング | Main | ドロップ ショートストーリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/52679176

Listed below are links to weblogs that reference ドロップ:

« 漫才ギャング | Main | ドロップ ショートストーリー »