« 日清製粉株主優待 | Main | ピカルの定理0813 »

August 13, 2011

それでも、生きてゆく#6

文哉が健次郎に見える〜。ヤバイって。

ストーリー展開に関しては自分の予想がことごとく外れて悔しいのですが、ぶっちゃけこれサスペンスドラマじゃなくてヒューマンドラマなんですよね。忘れていました。2サスを見すぎな私。
それにしても、あの新人女サイテーですねannoy文哉が少年Aだって知ったときの、佐藤江梨子の豹変ぶりも見事だったし、あの女の笑い顔がめっちゃむかつく!!取り乱すわけでもなく淡々としてる文哉が何を考えているのか、さっぱりわからないところがまた怖いです。

双葉と話してる文哉がまた何を考えているのかわからなくて怖いです。なんでお兄ちゃんが反省しなくちゃいけないんだっていうのを聞いて、うわ〜と思いました。やっぱり悪いことしたと思ってなかったんですね。生まれてこなければよかったってアキちゃんが言ったから天国へ送ってあげたって感覚だった?越えちゃいけない一線を越えてもうあっちの世界へ行ってしまった感じ?元看護師さんは何を語ってくれるんでしょうか。楽しみです。

っていうかもう、文哉まわりのことばっかり気になって、主人公関連は比較的どうでもいい感じ。ごめんなさい〜。健次郎を思い出して、金八第5シリーズをみたくなっちゃいましたhappy01
いつまでも健次郎、健次郎言われるのは風間にとってもイヤなんじゃないかとは思うのですが、他の役もいろいろ見ましたけど、今回のはほんとにビジュアル的に健次郎を思い出しちゃうんですよ。更生できなかったバージョンの健次郎。なんちゃって。たとえ金八先生がいても、文哉を更生させることはできなかったんじゃと思いますね。

|

« 日清製粉株主優待 | Main | ピカルの定理0813 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/52466768

Listed below are links to weblogs that reference それでも、生きてゆく#6:

« 日清製粉株主優待 | Main | ピカルの定理0813 »