« 三菱UFJフィナンシャルグループ株主総会 | Main | それでも生きてゆく#1 »

July 11, 2011

漫才ギャング

今頃ですが…三軒茶屋の映画館で漫才ギャングを見てきました。
ちょっと恥ずかしいのですが、ピース綾部目当てで(笑)

ピースについてはまたいろいろ書いちゃいたいと思いますが、とりあえず映画の感想。
思いっきりネタばれ含みます。


前半はテンポよくて楽しかったけど、中盤から後半、少し中だるみな感じ?
しかし、冒頭の漫才とケンカのシーンをカットバックしつつシンクロさせていく演出はとってもよかったのですが、いきなりう○ことかゲロとか、下品な展開になってちょっとドン引きでした。お目当てだった綾部に関しては、思ったより出番も多く、なんだか可愛かったので(いや、可哀想?)なかなか満足です。そういえば、ドロップの信濃川ヒロシくんがお笑い芸人になって出ていましたね(笑)

やはり、印象的だったのは宮川大輔の取り立て屋。怖い人なのに実はいい人。とってもいい味を出していました。あと、元芸人の取り立て屋の人とデブタク君。よかったです。基本的に、人望のないナンバー2の人以外はみんないい人ばっかりですよね。「何年がんばっても売れないヤツは何か足りないんだ。運じゃないんだ」(←うろ覚えだけど)みたいな言葉が印象的でした。いや〜…でも運も大きいと思いますけどね…。

ただ、お笑いってこんな簡単なものなの?という疑問も。新しいコンビで苦労したり、努力したり、一応そういうシーンはありましたが、もっと丁寧に描写してほしかったかな。綾部ファンなので、保がああいうラストになったのはよかったかなとも思いますが、ほんとは龍平とコンビを全うして売れたほうが爽快だったと思うのですが…。龍平がなんだかかわいそう。っていうか馬鹿!仕返しなんてしなくてもいいじゃんね。ちゃんとケリをつけておかないといつまでもつきまとわれて飛夫にも迷惑かかると思ったのかな。(まあ最後に新しい相方と組んだようですが。)
それと、漫才をもっとじっくり見たかった。「手紙」という映画で山田孝之と相方がお笑いコンビで漫才をしているシーンがありましたが、なんか全然笑えない漫才だった記憶があります。でもこの映画の漫才はけっこう面白かった。さすが本職の芸人さんが作った映画だなって感じですね。

迷っていたけど、スペシャルエディションのDVDを予約しようかなと決意しました(笑)WOWOWで放送してくれるかもだけど、メイキングも見たいし。キティちゃん目当てじゃないですw

|

« 三菱UFJフィナンシャルグループ株主総会 | Main | それでも生きてゆく#1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/52182651

Listed below are links to weblogs that reference 漫才ギャング:

« 三菱UFJフィナンシャルグループ株主総会 | Main | それでも生きてゆく#1 »