« Lethal Angels(魔鬼天使) | Main | おすすめランキング(笑) »

April 29, 2010

Bad Blood/滅門

アンディ・オンが出演した映画を、見た順番に感想など書いてます17回目。

Calf01_3
DVDを買うか迷っていましたが、うっかりyou tubeで見つけてしまい、我慢できずに見ちゃいました。アンディの役柄的には、角刈りは個人的にはあまりイケてないかな〜。でもアクションはたっぷり楽しめますね。
 しかし、救いのない話で、人物関係がよくわからず、公式サイトで何回も確認しなければなりませんでした。だれが何番目の奥さんの子どもで誰が誰のいとこで、誰が兄さんで…もうわけわからん。もう少しちゃんと説明してくれないと、アンディの…じゃなかったカーフが抱いていた不満とか悲しみとかがわかりづらい。アザがなきゃ普通にイケメンなのにね。(←ファンのひいき目?)
一番かわいそうなのはあの口のきけない女の子でしたよね。最初見たときは、何このおばさん顔の女子は〜!とか思ったんですが、見ていくうちに、けなげでいい子でした…。カーフが妙な野心を起こさなければ彼女だってあんなことにならなかったのにね。かわいそう…。

これ以降はちょっとネタばれになっちゃうかも…。ご注意ください。
Calf03
 それにしてもオードリー、悪魔のような女。登場人物が一人残らず死んでしまうなんて、魔王というドラマを見たとき以来かも。魔王だって、あの超能力少女は生き残ったもんね。誰が主人公だったんだろう。オードリーかな?でも彼女には感情移入ができなかった。きっとカーフは、自分にやさしく接してくれるオードリーに好意を持っていたんじゃないかな。だから彼女を助けることにした。なのにあの仕打ち!利用するだけ利用してひどいです!!しかもその後、怒濤の関係者皆殺し。正直、ラストはちょっと溜飲が下がりました。あの女の子がきっとカーフの敵討ちに来てくれることを期待して見てたから。期待どおりだったけど、まさかあんな最後になるとは。後味が悪かったです。見終わってちょっと暗い気持ちになりました。救いがなさすぎ。
 でもアンディはけっこういい役をもらったんじゃないかと思います。アクションも十分堪能させてもらったし。


 これまで3月から4月にかけて、アンディ・オンの映画の感想など書いてきましたが、一応これですべてです。もう一つNothing Is Impossibleっていうのがあるんだけど、トレイラーを見たらなんかゲロとか吐きまくってて、見る気がしないんで購入してないんです。これ以外は(2010年公開のもの以外は)みんな見たので、ファンとしてコンプリートしないのはしゃくなのですが、とりあえず一応終わりってことで。今後何かのついでにその気になったら購入して見ちゃうかもです。そのときはまた感想アップします。

|

« Lethal Angels(魔鬼天使) | Main | おすすめランキング(笑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41111/48219801

Listed below are links to weblogs that reference Bad Blood/滅門:

« Lethal Angels(魔鬼天使) | Main | おすすめランキング(笑) »